3月下旬から4月上旬にかけて、例年引っ越しが特に混み合う時期です。

引っ越し業者を使う方も多くいるかと思います。

混雑するだけに、引っ越し代も通常期より高くなります。

閑散期に引っ越しができれば予算も少なく済みますが、転勤や子供の進学などでそうもいきません。

実際に私が引っ越し業者選びでの体験談と減額できたポイントをお伝えしていきます。

これから表示する価格は全て税込み価格です。

引っ越し業者への「値引き術」

一括見積もりサービス

私が引っ越したのは、まさに繁盛期の3月下旬で価格が1番高い時期でした。

引っ越し業者を使うのは初めてでどこの業者がいいのか分からなかったので、ネットで「引っ越し業者 一括見積もり」と検索しました。

すると、複数社を一括見積もりできる無料サービスが出てきました。

個人情報を入力すると、すぐにメールや電話が複数の業者から寄せられました。

このサービスを使って良かった点は「どの会社が自分の地域の対象かわかったこと」でした。

電話対応

一括見積もりサービスで連絡がきた3社から、さらに電話での対応がよかった2社に絞りました

相談した内容は「3人家族・アパートの2階からの引っ越し・大きい家具5点(冷蔵庫・洗濯機・pcデスク・リビングテーブル・ソファ)」以上の条件で見積もりをお願いしました。

2社で見積もり

A社は直接訪問見積もりはなく、上記の条件と、玄関から全て運べるか(窓釣り作業は必要ないか)どうか、日時希望の質問で見積もりを出してくれました。

第一希望の日が埋まってしまい、もし希望日翌日の時間フリー便でよければ5万円で対応させていただきますとのことでした。

返事は3日以内であれば、このまま仮予約で日時を押さえる事ができるという事で、返事を待ってもらうことにしました。

電話での見積もりは、手軽で良かったです。

B社は直接訪問で見積もりを出してもらいました。

実際に運んで欲しいもののをみてもらい、トラックの選定をしました。

トラックのサイズは4段階中1番小さいサイズとなり、お願いした家具以外にもトラックがいっぱいになるまで搬送可能(料金変動なし)とのことで、収納棚とレンジ棚を追加しました。

割引前に見積もりを1度出してもらい、値段は10万8,000円でした。

他に見積もりをとっているか聞かれ、A社の料金を伝えると「他の業者さんに近づけます」とのことで割引をしてもらいました。

・ 公式サイトからの申し込みで20%OFF(たまたま公式サイトからも問い合わせていました)

・ 新規申し込みで20%OFF

・ 時間フリー便を選択で1万円引

結果10万8,000円から5万9,120円となり、約5万円の値引きとなりました。

最低限確認するべきポイント

最低限確認するべきポイント

最終的に値段だけでみるとA社が安いですが、サービスなど総合的に考えてB社を選択しました。

家具や建物内の破損が生じては元も子もないので、安さだけでなくサービス内容の確認も重要だと感じました。

・ 当日派遣される従業員の数(その内正社員は何名か)

・ 家具の梱包や搬送経路の養生方法

・ 事故時の保証サービスの確認

は最低限必要です。

ポイントを押さえてお得に

(1) 一括見積もりサービスを使い、対象地域かどうか一括選別する

(2) 公式ホームページからの申し込みだと〇〇%OFFキャンペーンもあるのでチェックする

(3) 時間フリー便を選択する(午前指定は混み合うため高い)

(4) 複数社の見積もりを出す

見積もりを出す上で引っ越し距離はもちろんですが、引っ越し先付近の道路幅も関係するようです。

引っ越しが決まってから、あまり時間がない状態でしたがポイントを抑えれば誰でも値下げが可能だと感じました。

引っ越しまでに余裕がある人は、さらに複数社の見積もりを出せばさらなる値下げの期待ができると思います。

ポイントをおさえて、お得に引っ越しをしてください。(執筆者:今井 ゆうき)