2021年4月から、楽天ゴールドカードを楽天市場で利用した際のメリットが、大きく減少します。

年会費とポイントを天秤にかけて、「楽天カード」へのダウングレードを検討している人もいるでしょう。

今回は、「楽天ゴールドカード → 楽天カード」への切り替えについて、徹底解説します。

【4/1より】SPUにおける楽天ゴールドカードの倍率がダウン

≪画像元:楽天カード

2021年4月1日より、SPU(スーパーポイントアッププログラム)における楽天ゴールドカードの倍率がダウンします。

SPUとは、楽天サービスの利用状況に応じて、楽天市場を利用時のポイント倍率が最大16倍になるプログラムです。

SPUの倍率がダウンしちゃうって
≪画像元:楽天カード

楽天ゴールドカードを利用して楽天市場で買物をすると、これまではポイント+4倍と、上位カードの「楽天プレミアムカード」と同倍率でした。

しかし、2021年4月1日からはポイント+2倍と、下位カードの「楽天カード」と同倍率となります

SPU重視なら、楽天プレミアムカードにアップグレードしてもいいのですが、楽天のヘビーユーザーでない限りは楽天カードにダウングレードした方がいいでしょう。

楽天ゴールドカードの年会費を返金してもらえる

驚きの決定がありました
≪画像元:楽天カード

SPU目当てで楽天ゴールドカードを持っている人にとって、今回の決定はまさに寝耳に水でしょう。

急な発表だっただけに、楽天側も特例的な対応を発表しています。

2021年1月14日までに楽天ゴールドカードに入会した会員は、年会費の返金・請求停止を受けられます。

家族カード(年会費550円)も返金してもらえます。

ただし、自動的に年会費の返金・請求停止を受けられるわけではなく、申込が必要です。

申込や問い合わせは電話では不可で、全てオンラインですので、流れを以下で解説しましょう。

楽天ゴールドカードの年会費返金・請求停止の流れ

「楽天ゴールドカード サービス改定のご案内」ページ中段にある、「年会費の返金お申し込み等のお手続き」をクリックしてください。

楽天e-NAVIにログインすると、メッセージボックス(重要なお知らせ)内に「楽天ゴールドカード サービス改定のご案内」というお知らせがあります。

こちらをクリックすると、「年会費返金のお手続き」というボタンが出てきます。

さらにクリックすると、申込フォームが出てきますので、必要事項(メールアドレス、フルネームなど)を入力してから送信しましょう。

これで年会費返金・請求停止の手続きは完了です。

年会費返金・請求停止の注意点

2021年3月31日23時59分までに年会費返金・請求停止の手続きをしないと、返金を受けられません。

手続きした年会費は、2021年4月以降、引き落とし口座に返金されます。

年会費が満額返金されない場合もある

ただし、全員が満額の2,200円を受け取れるわけではありません。

キャンペーンなどで年会費無料だった楽天ゴールドカード会員は、返金対象外です。

初年度から年会費を支払った楽天ゴールドカード会員も、満額返金されるわけではありません。

返金額は、「2021年4月~契約月の月割金額」となります。

楽天カードへの切り替えの流れ

おそらく、今回の対応で最も多いのが「楽天ゴールドカード→楽天カード」への切り替えでしょう。

ここからは、楽天カードへの切り替えの流れを解説します。

まず、年会費返金・請求停止の流れと同様に、楽天e-NAVIにログインしましょう。

メッセージボックス(重要なお知らせ)内に「楽天ゴールドカード サービス改定のご案内」というお知らせがあります。

お知らせ内に、「楽天カードのお申し込み」というボタンがありますので、クリックしてください。

情報入力フォームが出てきますから、必要事項(メールアドレス、フルネームなど)を入力します。

返金請求時よりチェックボックスが多いですが、しっかり確認しましょう。

送信すれば、楽天カードへの切り替え手続きは完了です。

カード情報変更に伴う注意点

情報変更に伴う注意点もあります
≪画像元:楽天カード

切り替え後の楽天カード券面は、以下の5点で変更があります。

・ カード番号
・ 有効期限
・ セキュリティコード
・ 楽天ポイント番号
・ 楽天Edy番号

ここからは、それぞれの変更点について注意点を紹介しましょう。

【カード番号・有効期限・セキュリティコード】ネットショッピング、継続的な支払いは自分で変更手続きが必要

「楽天ゴールドカード→楽天カード」への切り替えで最大のネックとなるのが、カード番号・有効期限・セキュリティコードが変わる点です。

ネットショッピング、毎月の水道光熱費など継続的な支払いに楽天ゴールドカードを使っていた方も多いでしょう。

地域電力会社や地域都市ガス会社、大手携帯会社や大手保険会社では、自動的に新しいカード情報へ変更されますが、大半は自動で変更されません

また、Apple PayやGoogle Pay、スマホ決済サービスなどに旧カードを紐づけていた場合も、自動更新されませんので、面倒でも手動で1つ1つ変更手続きをしてください。

ただし、楽天グループ内の支払い情報は、新しいカードに自動で引き継がれます。

【楽天ポイントカード番号】特に影響はなし

楽天カード裏面の楽天ポイントカード番号が変更になっても、大きな影響はありません。

実際にポイントを管理しているのは、楽天ポイントカード番号とは別物の「楽天ポイント口座番号」だからです。

1つの楽天ポイント口座番号には、楽天ポイントカード番号を15枚まで登録できます。

新たな楽天カードに記載の楽天ポイントカード番号を、楽天ポイント口座番号に登録すればOKです。

【楽天Edy番号】残高の移行手続き、チャージ設定の手続きが必要

残高の移行手続き、チャージ設定の手続きが必要だから忘れないでね
≪画像元:楽天Edy

楽天ゴールドカード搭載の楽天Edy残高は、切り替え後の楽天カードには自動で引き継がれません

2021年4月以降も、解約した楽天ゴールドカードにチャージ済みの楽天Edy残高は使えますが、利用ポイントの対象外となります。

使い切るか、専用機器(パソリ、楽天Edyアプリ、Famiポートなど)を使って切り替え後の楽天カードの楽天Edyに残高を移行するといいでしょう。

楽天Edyアプリを使った残高移行は、楽天カードと楽天ゴールドカードを準備して、以下の流れで行ってください。

1. アプリ左上のメニューより「楽天カード残高移行の手続き」をタップ

2. 「用意できたので進む」ボタンをタップ

3. 新カード(楽天カード)をスマホにかざす

4. 旧カード(楽天ゴールドカード)をスマホにかざす

5. 「旧カードの残高をお預かり」処理を行う

6. 新カードをスマホにかざす

7. 新カードへ残高が移行される

8. 移行手続き完了

Edyオートチャージ、いつでもEdyチャージは自動解除

楽天ゴールドカードで設定したEdyオートチャージ、いつでもEdyチャージは、カード切り替えに伴い自動解除されます。

新しいカードが届いたら、再度設定してください。

楽天カードへの切り替えに伴うその他の注意点

カード券面の情報変更に伴う注意点以外にも、楽天カードへの切り替えにはいくつか注意点があります。

申込期限は2021年3月31日23時59分まで

楽天カードへの切り替えで年会費の返金を受けたい場合、

申込期限は2021年3月31日23時59分まで

です。

手元の楽天ゴールドカードは、2021年3月までは利用可能ですが、2021年4月以降はクレジット利用できません。

移行手続き完了前に、メールで連絡があります。

審査がある

カード切り替えに際し、審査があります。

楽天ゴールドカードで延滞を繰り返しているようですと、カード切り替えの際に利用限度額が減らされる可能性がありますし、最悪だと審査落ちしてしまうかもしれません。

【ETCカード】引き続き利用可能だが年会費有料になる

引き続き利用可能だが年会費有料になっちゃいます
≪画像元:楽天カード

カードの切り替えをしても、カード付帯のETCカードは引き続きそのまま利用可能です。

ただし、楽天ゴールドカードはETCカードの年会費が無料でしたが、楽天カードに切り替えると年会費が550円となります。

会員ランクによっては年会費無料となりますが、ライトユーザーは年会費無料のETCカードを用意するクレカでETCカードを発行することも、検討してください。

【家族カード】利用不可、改めて申し込みを

楽天ゴールドカードに家族カードを設定している場合、楽天カードに切り替えをすると家族カードも利用できなくなります。

自動切り替えはありませんので、改めて申し込みをしましょう。

【ポイント払い】再度手続きを

再度手続きが必要だから忘れないでね
≪画像元:楽天カード

楽天ゴールドカードの利用明細支払い方法を「ポイントで支払い」にしている人が、楽天カードに切り替えても、ポイント払いの情報は自動切り替えされません

面倒でも再度手続きをしてください。

【本人認証サービス】変更手続きが必要

こちらも変更手続きをしてね
≪画像元:楽天カード

楽天ゴールドカードで登録した本人認証サービス(3Dセキュア)は、楽天カードに引き継がれません

再度手続きをしてください。

【リボ払い】旧カードの設定引き継ぎ不可。旧カード利用分の「一括→リボ」への変更にも注意

リボ払いをしている方は、特に注意してください。

楽天ゴールドカードの支払い方法で「リボお支払いコース」を設定していても、切り替え時に引き継がれません。

再度手続きをしてください。

また、楽天ゴールドカードで「リボ残高のおまとめ払い」を設定していても、切り替え時に引き継がれません。

そして、楽天ゴールドカードの利用明細をリボ払い・分割払いに変更したい場合は、楽天カード利用前に楽天e-NAVI上で手続きをしてください。

楽天カード利用後だと、変更手続きができない場合があります。

切り替え後の各種変更手続きは特に注意

今回は、「楽天ゴールドカード→楽天カード」への切り替えについて、徹底解説しました。

切り替え手続き自体は難しくなく、年会費も月割計算で返金されます。

ただし、切り替え後の各種変更手続きの方が面倒かもしれません。

楽天ゴールドカードと紐づいているあらゆるものを洗い出し、必要があれば変更手続きをしましょう。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)