ドコモ経済圏の方で、「dポイントスーパー還元プログラム」を利用している方は少なくないでしょう。

最大+7%還元が受けられるプログラムですが、7月で終了となるようです。

詳細をお知らせするとともに、ライバルの類似プログラムとの比較もしてみます。

「dポイントスーパー還元プログラム」とは

dポイントスーパー還元プログラム
≪画像元:NTTドコモ

「dポイントスーパー還元プログラム」とは、ドコモ関連サービスの利用状況に応じて、「d払い」または「iD(dカード)」での買い物金額に対して、通常のdポイント還元に加えて最大+7%のポイントを還元するプログラムです。

還元率アップの条件とアップ率は、以下の通りです。

還元率アップの条件など
≪画像元:NTTドコモ

一昨年6月のプログラム開始から、ドコモサービス全般が対象となっていましたが、昨年5月のプログラム改定により、金融サービスが重視されました

アップ率は毎月変動し、全ての条件を満たせば最高+7%還元も夢ではありません

ただし、d払いを利用する際に、dカード以外のカードを支払いに登録していると、還元率アップの対象外です。

iD(dカード)を利用の際は、dカードを紐づけたおサイフケータイ、Apple Payも対象ですが、ネット決済は対象となりません

ドコモ経済圏の方にとっては高還元のチャンス

「dポイントスーパー還元プログラム」は、ドコモ・dポイント経済圏の住民にとって、高還元のチャンスのプログラムです。

ドコモケータイやドコモ光回線の利用料金、水道光熱費などをdカード GOLDにしておけば、ドコモ利用料金の支払い、dカード請求額で+2%は固いです。

d払いを利用すれば、ポイント多重取りによってdポイントの獲得回数も増やせ、+1%も行けるでしょう。

他のスマホ決済やクレカで、7%還元率をアップできるプログラムはそうそうありません。

7月9日で「dポイントスーパー還元プログラム」が終了

dポイントスーパー還元プログラムが終了
≪画像元:NTTドコモ

ところが、「2021年7月9日をもってdポイントスーパー還元プログラムが終了」という、衝撃的なニュースが飛び込んできました。

還元率アップ期間およびエントリー受付終了時期は7月9日、ポイント最終還元日は8月31日(予定)です。

新たな特典も検討されているようですが、dポイントスーパー還元プログラムを超える特典は、難しいかもしれません。

au、楽天の類似プログラムをチェック

新たな携帯料金も続々と提供され、ドコモ経済圏からの「引っ越し」を考えている方もいるかもしれません。

ライバルのポイントアッププログラムはどうなのか、あらためて見てみましょう。

【au】au PAYマーケットで最大18%のPontaポイント還元

au PAYマーケットで最大18%のPontaポイント還元

auでは、「auポイントプログラムステージ制」というプログラムがあります。

さまざまな条件をクリアすれば、au PAYマーケットでPontaポイントが18%還元されるプログラムです。

dポイントスーパー還元プログラムと同様、金融サービスが重視されています。

auポイントプログラムステージ制の詳しい条件などについては、以下の記事をご覧ください。

【楽天】SPUで最大15.5倍

楽天SPUで最大15.5倍
≪画像元:楽天株式会社

楽天には、SPUというプログラムがあります。

さまざまな条件をクリアすれば、楽天ポイントで最大16倍(4月からは最大15.5倍)還元されるものです。

dポイントやauとは異なり、金融サービスだけでなく楽天内のサービス利用が重視されています。

SPUの条件については、以下の記事をご覧ください。

dポイントの新たなプログラムを期待

7月9日で「dポイントスーパー還元プログラム」が終了します。

ドコモのサービス利用で最大+7%というプログラムです。

au、楽天でも似たようなプログラムを提供していますが、dポイントスーパー還元プログラムは実店舗でも恩恵を受けられるのがメリットです。

dポイントの新たなサービスに期待しましょう。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)