「自分の好きなことが副業につながればいいな…」と思う方は、たくさんいらっしゃるかもしれません。

好きなことも価値を受け取る側のことを考えれば、うまい具合に副業として収入につながる事例はたくさんあります。

「自分の好きなことを副業へつなげたい…どんなものがあるの?」

「ジャンル別に収入例も教えてほしい」

自分の趣味をお金にしたいと思った際には、このような疑問を持たれる方もいらっしゃることでしょう。

そこでこの記事では、「趣味に合わせたもので副業につなげる考え方と収入例」についてまとめました。ぜひ参考にしてくださいね。

好きなこと・趣味で稼ぐ!

どのような趣味が副業につながるのか

趣味と言っても、人によってジャンルはさまざまです。

・ ものづくりが好き

・ パソコンやネットを使うのが好き

・ カメラや撮影が好き

・ 体を動かすことが好き

・ ペットや生き物と触れ合うのが好き

それぞれのジャンルに応じて好きなことや趣味を副業につなげられる可能性が高いと言えます。

以降で、上記の好きなものに合わせて、どのような副業があるか収入例も合わせて具体的に紹介します。

ものづくりが好きな方

ものづくりが好きで何らかの作品を作りたいと思う方は、ハンドメイドなど何かを作り出す副業が向いています。

また、オリジナル家具の需要が高いので、DIYが趣味である場合には収入につなげやすいと言えます。

ほかにも編み物を教えたり、ものづくりが好きな経験を活かしてライター活動をするなど幅広く副収入を得られるのです。

中にはプラモデル制作代行という副業もあり、視点をうまくズラしてみるとものづくりが好きな方が他人の役に立てるものがたくさんあるのです。

ちなみに、

革製品が好きでよく自作している筆者の友人は、フリマアプリやネットショップを使って10万円~15万円の副収入

を得ています。

ハンドメイド品はやり方次第で大きく稼げる余地があるので、詳細を知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください。

パソコンやネットを扱うのが好きな方

パソコンやネットを扱うことが好きな方には、最近では非常に多くの副業があります。

たとえば、最新のサービスを使ってみたい方は、スマホアプリやサイトの動作チェックで稼げる「UIscope」というサービスを使うと良いことでしょう。

実際に使ってみたサービスの体験や感想をまとめ、提出すれば月収1万円以上の収入を得られます。「UIscope」は過去にまとめたものがありますので、ぜひ参考にしてみてください。

また、収益化まで時間はかかるものの、YouTubeのクリエイターも動画編集という技術を習得できます

直接YouTubeで収入を得なくても、動画編集の知識や技術は副収入につながりやすいのです。筆者は手元のiPadを活用して、動画編集で月に1~2万円以上の副収入を得ていました。

具体的な運用方法や実際に始める手順は下記の記事にまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

カメラや撮影が好きな方

カメラが好きな方といっても、本格的な機材を扱う方から撮影自体が好きだという方までさまざまです。

筆者は撮影が好きなものの、本格的な投資をして撮影するほどにまでは好きではありませんでした。日常のワンショットや珍しい景色を、お手軽に少しだけ良いショットで撮影したいというだけです。

現在ではスマホの撮影機能が向上で、ピンぼけの補正や編集が容易になりました。そのため、素材としての価値を売り出せば、思わぬ収益になることもあります。

プロと比較する必要もなく、少しだけ良い機種と機能を使って撮影すればOKです。

筆者の周りでは写真販売を利用し、月に数千円から数万円を得ている方もいらっしゃいます。

写真販売についてもう少し詳しく知りたい方は、販売時のコツや注意点をまとめた記事があるので参考にしてください。

体を動かすことが好きな方

体を動かすことが好きな方には、あまりインターネットが得意じゃないという方も多いですよね。

手っ取り早く体を動かして稼ぐなら、最近では代行業が人気です。

・ 運転代行
・ 営業代行
・ 家事代行
・ デリバリー代行

代表的なものにはUberEatsが挙げられますが、すでに多くの方が参入しています。本業とつながる営業代行や経理・採用代行も人気が高いと言えます。

代行業には困っている人に対する手助けのようなものが多く、実際に代行をした場合にも感謝されることがたくさんあります。

やりがいをもって取り組めるので、インターネットの活用が苦手な方でも始めやすいと言えます。

ペットや生き物と触れ合うのが好きな方

ポチタマライター
≪画像元:P-NEST JAPAN

ペットや生き物と触れ合うのが好きな方には、経験やふれあいを通じた副業が相性抜群です。

・ ペット記事特化のサービスでライター活動

・ ペットシッターで実際にお世話をする

・ ペット動画をアップする

・ 写真を撮影して写真販売

・ 経験や知識をスキルシェア

たとえば、ペット記事特化型のサイトには、ポチタマライターがあります。もし、現在はペットを飼っていなくても、過去に飼っていた経験があれば十分に活かせることでしょう。

同様にペットシッターも過去の経験があれば、いま飼っていなくても問題ありません。

ペットを飼いたいのに飼えないという方は、動画を見て擬似的に飼育を体感しているということもあります。YouTubeに投稿するのも1つの手です。

ペットを撮影した写真も素材として人気があるため、写真販売に出してみると良いことでしょう。変わったペットであれば、より需要が高いと言えます。

また、ペットを飼育している方は悩んでいることを相談したいと考えた際にスキルシェアサービスを活用することがあります。

ココナラのようなスキルシェアサービスで知識をシェアできれば、副収入につなげやすいと言えます。

「自分の好き」をうまく活用して副収入につなげる

紹介したジャンルのほかに、自分に合った「好きなこと」が副収入へとつながる例はたくさんあります。

「趣味だとお金をもらうほどではないかも」と考える方もいらっしゃいますが、助かる方がいる時点で大きな価値がつくのです。

視点を変えるだけで対価をいただけるようになるため、紹介した例を参考にしながら趣味を副業へと変えてみてください。(執筆者:奥泉 望)