2021年6月から楽天カードのルールが変更され、楽天カードの2枚目を作ることができるようになりました。

今までも2枚持つことは可能でしたが、「VISAの楽天カードを持っている人がVISA以外の楽天カードを作れる」というルールがあり、JDBなどVISA以外の人は2枚目を作ることはできなかったのです。

そのルールが緩和され、JCB、MasterCard、American Express のいずれのカード所有者もであっても2枚目を持つことが可能になりました。

「楽天カードは1枚で良いのでは?」と思われそうですが、カード2枚を使い分けることで便利にお得にポイントを貯めるられるのです。

今回は、楽天カード2枚持ちのメリットと注意点、2枚目におすすめの楽天カードを紹介します。

楽天カードを2枚持つ「4つのメリット」

2枚目の楽天カードで1000Pプレゼント
≪画像元:Rakuten Card

楽天カードを2枚持つメリットには、以下の4つが挙げられます。

1. 口座を分けられる

仕事用とプライベート用、生活費用とお小遣い用など、利用目的に合わせて口座を使い分けている人もいると思います。

たとえば、生活費用とお小遣い用の口座を持っていて、楽天カードを生活費用の口座で引き落としている場合を考えてみましょう。

自分の好きなものを買いたい時などに、楽天カードで支払うと生活費の口座から落ちるので家計を管理しにくくなってしまいます

2枚目の楽天カードを作り、お小遣い用の口座を引き落とし口座に設定をすれば、管理も楽でポイントも貯まって一石二鳥です。

「用途別でカードを分けたいけど、楽天ポイントをもっと貯めたい!」という人は、楽天カードの2枚目を検討しましょう。

2. ブランド非対応で使えなかったお店で使える

大手のチェーン店では多くのクレジットカード銘柄での支払いに対応していることがほとんどです。

しかし、個人のお店やローカルチェーンでは使えるクレジットカードの銘柄が少ないことがあります。

その場合には、JCBのカードを持っている人がVISAのみ対応のお店では使えないといったことが起こります。

このような時にも、楽天カードのJCBとVISAの両方を持っておけば、使えるお店がさらに増えるというわけです。

このようにブランドの使い分けができるのも大きなメリットです。

3. 欲しかったキャラクターのカードを持てる

楽天カードには、お買いものパンダやディズニー、FCバルセロナなど目を引くデザインカードが次々と登場しています。

しかしながら、すでに楽天カードを持っている人はデザインの変更はできないので、通常のものからデザインを変えるには一度退会する必要があるのです。

このようなことからデザインカードが欲しくても諦めていたという人もいるのではないでしょうか。

楽天カードの2枚目ではデザインカードを選べるので、諦めていたデザインカードが退会しなくても手に入ります。

今の楽天カードに飽きていた人も、2枚目の楽天カードのデザインで気分を変えてみてはいかがでしょうか。

4. 審査に通りやすい

楽天カードの2枚目の申込には審査があるのですが、1枚目の楽天カードを作る際にすでにされているため、審査が非常に早く通りやすいのです。

個人情報を新たに入力する必要がなく、身分証の確認もありません。

私も実際に申し込んでみたのですが、入力項目が少なく簡単で、カードが送られてくるのに1週間もかかりませんでした。

申込の手間が少ないので、クレジットカードを増やしたい人にもおすすめです。

楽天カードを2枚持つ際の注意点

楽天カードを2枚持つ際には1つだけ注意点があるので確認しておいてください。

一部に2枚持ちできないカードがある

お持ちの楽天カードの種類によっては、2枚目を申し込めない場合があります。

組み合わせは次のとおりです。

1枚目と2枚目の組み合わせ一覧

楽天銀行カード、楽天ANAマイレージクラブカード、楽天カードアカデミーを持っている人は、2枚目の楽天カードを持てません

また、楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカード、楽天ブラックカードのいずれかを持っている人は、通常の楽天カードは持てますが、この3種類の中からもう1枚作ることはできません

楽天PINKカードを持っている人も、2枚目に同じ楽天PINKカードを持つことはできません

上記のカードを持っている人は注意しましょう。

2枚持ちにおすすめの「3つの楽天カード」

楽天カードの種類は豊富で、違いを把握するのが大変です。ここでは、数あるカードの中から2枚目におすすめの楽天カードを紹介します。

1. 楽天カード(デザインカード)

楽天デザインカード

カラフルなイラストが印刷された目をひくカードです。通常カードも良いのですが、お好きなデザインがある場合にはデザインカードを選びましょう。

2. 楽天PINKカード

楽天PINKカード

有料の月額サービスに申し込むことで、さまざまな特典を使えるカードです。男性も申し込めますが、カードの色はピンクのみです。

3. 楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカード

グレードの高いカードは魅力ですが、年会費が高いと尻込みしてしまいます。

楽天ゴールドカードであれば年会費は2,200円(税込)、デザインもよく一部の空港ラウンジを利用できます。

2枚目は気軽に持てる

楽天カードは2枚目も年会費無料で、審査も早く気軽に申し込めます。どちらのカードを使ってもポイントは同じポイント口座に貯まるので面倒なこともありません。

2枚持ちのルールが改善され、さらに使われるカードに進化しそうです。

「2枚目を申込み&1回利用で1,000ポイントもらえる」キャンペーンもやっているので、一度チェックしてみてください。(執筆者:西本 衣里)