個人的に、最強の電子マネーはSuicaだと思っています。

そんなSuicaに、au PAYという新たな仲間が加わりました。

「au PAYのSuica」出発進行

今回は、au PAYのSuicaを徹底解説します。

「au PAYのSuica」はじまる。

au PAYのSuica
≪画像元:KDDI

2022年3月22日、au PAYアプリとモバイルSuicaの連携が開始されました。

これにより、モバイルSuicaアプリをダウンロードしなくても、au PAYアプリからSuicaを新規発行できます。

また、au PAY残高からのチャージも可能です。

au PAYのSuicaを始める流れ

au PAYのSuicaを始める流れを、ここでは紹介します。

新規発行

au PAYのSuicaを始める流れ
≪画像元:KDDI

これまでSuicaを利用していない人が、au PAYのSuicaデビューする場合、以下の流れで始めてください。

1. au PAYアプリからSuica券面をタップ

2. 内容を確認して「次へ」をタップ

3. 「新規発行する」をタップ

4. 規約を確認して「規約に同意して次へ」をタップ

5. Suicaに登録するメールアドレス・パスワードなどを入力し、「同意して登録する」をタップ

モバイルSuicaとの連携

モバイルSuicaとの連携
≪画像元:KDDI

モバイルSuica利用中の人は、以下の流れでau PAYと連携できます。

1. au PAYアプリからSuica券面をタップ

2. 内容を確認して「次へ」をタップ

3. 規約を確認して「規約に同意して次へ」をタップ

新規発行よりも簡単です。

「au PAY残高→au PAYのSuica」へのチャージで0.5%還元

au PAY残高→au PAYのSuica
≪画像元:KDDI

au PAY残高からau PAYのSuicaに200円チャージするごとに、Pontaポイントが1ポイント還元されます。

還元率は0.5%です。

au PAY残高にクレジットチャージすれば、クレカのポイントとの二重取りもできます

Pontaポイントを、au PAYのSuicaに直接チャージすることはできません

「Pontaポイント → au PAY残高 → au PAYのSuica」とチャージしてください。

【au PAYゴールドカード】au PAY残高へのチャージでPontaポイント高還元

au PAY残高へのチャージでPontaポイント高還元
≪画像元:auフィナンシャルサービス

au PAYゴールドカードなら、au PAY残高へのチャージで高還元です。

チャージで一般カードが1%のところ、au PAYゴールドカードの特典で+1%付与されます。

+1%分の上限は、月1,000ポイントです。

還元されたPontaポイントを、au PAY残高にチャージすることもできます。

還元されたPontaポイントを、au PAY残高にチャージすることもできます
≪画像元:auフィナンシャルサービス

さらに、au PAYゴールドの新規入会から最大3か月間、au PAY残高へのチャージで10%還元され、非常にお得です。

【リクルートカード】1.2%還元のリクルートポイント → Pontaポイント → au PAY残高 → Suicaにチャージ

リクルートカード
≪画像元:リクルート

多少手間がかかりますが、年会費無料で高還元がいい人は、「リクルートカード」もおすすめです。

カード利用で、1.2%分のリクルートポイントが貯まります

貯まったリクルートポイントは、Pontaポイントに等価交換可能です。

「Pontaポイント → au PAY残高  → au PAYのSuica」とチャージしましょう。

au PAY残高への直接チャージ、auかんたん決済経由でのチャージは、ポイント付与の対象でないので注意してください。

ちなみに、「リクルートカード → モバイルSuica」は直接チャージが可能で、1.2%還元されます。

au PAYのSuicaとモバイルSuicaの違い

au PAYのSuicaとモバイルSuicaの違い
≪画像元:KDDI

今や、さまざまなSuicaが乱立状態です。

ここに、au PAYのSuicaが加わりました。

あらためて、au PAYのSuicaとモバイルSuicaの違いについて、解説します。

共通の機能・サービス

・ 現金チャージ

・ 交通機関・買物での利用

・ 残高表示

・ タッチでGo!新幹線

・ エクスプレス予約サービス(東海道・山陽新幹線)

は、au PAYのSuicaとモバイルSuicaのどちらでも、違いがありません。

Suicaのライトユーザー~ミドルユーザーは、au PAYのSuicaでも十分でしょう。

au PAYのSuicaのみの機能・サービス

auPAYのスイカのみの機能サービス
≪画像元:KDDI

au PAY残高からのチャージは、au PAYでしかできません

・ Pontaポイント

・ auかんたん決済

・ クレジットカード

・ 現金

・ 銀行口座

など、さまざまなチャージ方法が用意されています。

ザクザク貯まるPontaポイントからチャージできるのは、大きなメリットですね。

現金チャージだけとっても、

・ローソンレジ

・セブン銀行ATM

・ローソン銀行ATM

・au SaKuTTO(一部のauショップ内に設置)

など豊富で、auユーザー、Pontaポイントを貯めている人にとっては、特に使い勝手がよいでしょう。

モバイルSuicaのみの機能・サービス

モバイルSuicaのみの機能・サービス
≪画像元:JR東日本

・モバイルSuicaに登録のクレカからのチャージ

・電子マネーの利用履歴表示(2日前以前)

・定期券の購入・購入済み定期券の表示

・Suicaグリーン券の購入

・JRE POINT・Suicaポケットの受取

・ネット決済

・再発行

・チャージ払いもどし・退会

は、モバイルSuicaでしか利用できません。

定期券利用者にとって、どんなことをしてもau PAYのSuicaで利用できないのは痛恨です。

モバイルSuicaなら、新規購入や定期購入はもちろん、カードタイプのSuica定期券も取り込めます。

Suicaをとことん使い倒すなら、モバイルSuicaアプリはダウンロードしておいてください

au PAYのSuicaの注意点

気軽にSuicaを利用できるau PAYのSuica、非常に魅力的ですね。

しかし、モバイルSuicaでしか利用できない機能・サービスがある以外にも、注意点があります。

Android端末でのみ利用可能

au PAYのSuicaが利用できるのはAndroid端末、しかもOSバージョンがAndroid6.0以上である必要があります。

おサイフケータイ機能も必要です。

iPhoneでは利用できません。

iPhoneユーザーには「Apple PayのSuica」がおすすめ

iPhoneユーザーには「Apple PayのSuica」がおすすめ
≪画像元:KDDI

iPhoneユーザーは、「Apple PayのSuica」がおすすめです。

しかも、au PAYのSuicaではできない、定期券(新規購入・取り込みも含む)も使えます。

ウォレットアプリに設定するカードは、「au PAYプリペイドカード」がいいでしょう。

au PAY(コード支払い)やauかんたん決済とともに、au PAYプリペイドカードも、au PAY残高を共有しているからです。

複数の支払いに利用できて、一元管理も楽になります。

Suica利用では基本的にポイントが貯まらない

Suica利用では基本的にポイントが貯まらない
≪画像元:JR東日本

au PAYのSuicaは、Suica残高へのチャージでポイントが貯まります。

Suicaを利用しても、基本的にはポイントが貯まりません。

JRE POINT WEBサイトでSuicaを登録すると、利用でポイントが貯まるお店があります

その際は、モバイルSuicaへの会員登録を忘れないでください

Suica残高の上限は2万円

どのSuicaでも共通ですが、Suica残高の上限は2万円です。

残高を把握しておいてください。

オートチャージできない

オートチャージできない
≪画像元:auフィナンシャルサービス

au PAYにはオートチャージ機能がありますが、これはあくまでもau PAY残高へのオートチャージです。

au PAY残高 → Suicaへのオートチャージ機能はありません

オートチャージを使いたければ、モバイルSuicaを利用してください。

au経済圏の住民にとっては待望のサービス

au PAYのSuicaが始まりました。

勢いに乗っているau PAY、特にau PAY残高へのチャージでポイントが付くカードが多いのは、楽天ペイのSuicaと比べてポイント二重取りの大きなメリットです。

モバイルSuicaも合わせてダウンロードして連携させれば無敵ですが、au PAYのSuicaだけでも十分かもしれません。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)