マイナンバーカード、持っていますか。

マイナンバーカードを持っていると、5,000円分のポイントがもらえるキャンペーンを行っていました。

6月30日から本格始動する第2弾では、さらに多くのポイントをもらうチャンスです。

630に本格始動

本格始動の前に事前準備をして、よりスムーズにポイントをもらいましょう。

【マイナポイント第2弾】(6/30より)健康保険証としての利用申込・公金受取口座の登録で+1万5,000円分もらえる


≪画像元:マイナポイント事務局

マイナポイント第1弾では、マイナンバーカードの新規取得&チャージor利用で、5,000円分がもらえました。

第2弾では、

健康保険証としての利用申込で+7,500円分

公金受取口座の登録で+7,500円分

合計1万5,000円分がプラス

されます。

第1弾で5,000円分もらった人も、条件を満たせば1万5,000円分もらえます。

第1弾に申し込んだものの5,000円分までもらっていない人は、第2弾で未達分をもらえます。

マイナポイント第2弾の事前準備をしよう

健康保険証としての利用申込・公金受取口座の登録で+1万5,000円分もらえるのは、6月30日以降です。

スムーズにもらうため、事前準備をしておきましょう。

【STEP 1】まずはマイナンバーカードを取得

まずはマイナンバーカードを取得
≪画像元:地方公共団体情報システム機構

マイナンバーカードがないと始まりませんので、以下の手順で忘れず取得してください。

1. 交付申請書または個人番号通知書を用意して申請(スマホ・PC・証明用写真機・郵送)

2. 交付通知書(はがき)が届く

3. 必要書類を揃える(交付通知書・本人確認書類など)

4.  交付窓口でマイナンバーカードを受け取る

市区町村から交付通知書が届くのに、おおむね1か月程度かかります。

申請期限は9月30日までですので、早めに申請しましょう。

【STEP 2】健康保険証としての利用申込

健康保険証としての利用申込
≪画像元:デジタル庁

次に、マイナンバーカードを健康保険証として利用するための申込をします。

PC・スマホ・セブン銀行ATMから申込可能です。

スマホを例に、申込の流れを紹介しましょう。

1. マイナポータルアプリのインストール

2. ホーム画面からマイナポータルを開く

3. 「健康保険証利用申込」をタップ

4. 利用規約を確認して同意

5. 利用者証明用電子証明書パスワード(4桁)を入力して「次へ」をタップ

6. スマホでマイナンバーカードを読み取る

7. 申込完了

パスワードを3回間違えると、ロックがかかります。

ロック解除には役場へ足を運ばなければならないので、間違えないようにしましょう

【STEP 3】公金受取口座の登録

公金受取口座の登録
≪画像元:宮古市

次は、公金受取口座の登録です。

これをしておくと、緊急時の給付金などの手続きがスムーズになるそうです。

以下の流れで、公金受取口座を登録してください。

1. 「口座情報の登録機能」へジャンプ

2. 口座情報登録の有無を確認

3. 「口座情報を登録する」をタップ

4. 情報(本人情報・口座情報)を入力し、オンラインで照会

5. 登録情報を確認して「次へ」をタップ

6. 登録に「同意する」をタップして完了

【STEP 4】マイナポイントの予約・申込

各種登録作業が終了したら、いよいよマイナポイントの予約・申込です。

6月29日までは、「マイナンバーカードの新規取得&チャージor利用でもらえる5,000円分」の予約・申込しかできません

6月30日以降は、健康保険証としての利用申込・公金受取口座の登録と3つ合わせて、予約・申込が可能です。

健康保険証としての利用申込・公金受取口座の登録を完了させても、マイナポイントの予約・申込をしないと、ポイントをもらえません。

PC・スマホ・マイナポイント手続きスポットで申し込めます。

注意すべき事業者を紹介

どのポイントにしようか、悩んでしまうところですね。

しかし、全てのポイント事業者がマイナポイントに参加しているわけではありません。

ここでは、特に注意すべき2つの事業者を紹介します。

【LINE Pay】6/24でマイナポイントの新規受付終了

マイナポイントの新規受付終了
≪画像元:LINE Pay

LINE Payでのマイナポイント新規受付、およびポイント付与が終了します。

新規受付は6月24日で終了です(LINE Payメインメニューからの申込は18時以降順次、それ以外からの申込は23時59分で終了)。

ポイント付与は、9月30日で終了します。

健康保険証としての利用申込・公金受取口座の登録も申込不可

これに伴い、健康保険証としての利用申込・公金受取口座の登録をしても、LINE Payではマイナポイントの申込ができません

注意してください。

9/30までに5,000ポイント未達の場合は切替可能

9月30日23時59分までに、上限である5,000ポイントを獲得していない人は、他の事業者に切り替えて、未達分のポイントをもらうことが可能です。

切替方法については、対象者に10月以降連絡があります

ただし、他事業者への切替に、2か月程度かかるかもしれません。

【りそな銀行】5/31でマイナポイントの新規受付・ポイント付与が終了

5/31でマイナポイントの新規受付・ポイント付与が終了
≪画像元:りそな銀行

りそなウォレットアプリでのマイナポイント新規受付、およびポイント付与は、5月31日で終了しました。

プリペイドカードに付与済みのりそなマイナポイントの残高は、6月1日以降も利用できます

こちらも、健康保険証としての利用申込・公金受取口座の登録をしても、りそなウォレットアプリではマイナポイントの申込ができません。

上限である5,000円分を獲得していない人は、6月下旬以降に他の事業者に切り替えて、未達分のポイントをもらうことが可能です。

(6/1より)りそなデビットカード(Visa)がマイナポイントの対象に

りそなデビットカード(Visa)がマイナポイントの対象に
≪画像元:りそな銀行

りそなウォレットアプリと入れ替わるように、6月1日からはりそなデビットカード(Visa)が、マイナポイントの対象になりました。

りそなデビットカード(Visa)を利用すると、最大5,000円分がもらえます

りそなデビットカード(Visa)の利用期限は2022年11月30日、りそなクラブマイナポイントの有効期限は2023年3月19日です。

りそなクラブマイナポイントは、nanacoポイントなどに交換できます

早めの準備がおすすめ

マイナポイント第2弾では、合計2万円分のポイントをもらうチャンスです。

そのためには、健康保険証としての利用申込・公金受取口座の登録をしなければなりません。

6月30日には確実にマイナポイントのマイナポイントの予約・申込ができるように、早めに準備をしましょう。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)