楽天Edyの前身である「Edy」は、2001年に誕生しました。

Edyサービス開始前の実証実験では、利用可能箇所が165か所しかありませんでした。

2012年に楽天Edyとなり、2022年6月1日、ついに利用可能箇所が100万か所を突破したのです。

今回は、それを記念したキャンペーンを紹介します。

【楽天Edy】全額還元のチャンス ガンガン使って当選確率をアップさせよう

(7/18まで)楽天Edyの利用で全額還元のチャンス

楽天Edyの利用で全額還元のチャンス
≪画像元:楽天Edy

6月29日~7月18日の期間中、楽天Edyを利用すると全額還元のチャンスです。

期間中にエントリーの上で、楽天Edyを合計500円以上利用してください。

抽選で100名に、期間中の楽天Edy利用額を、楽天ポイントで全額還元します(上限1万ポイント)。

抽選に外れても、100万ポイントを山分けです(1~100ポイント)。

楽天Edyをたくさん使うと当選確率が最大5倍

楽天Edyをたくさん使うと当選確率が最大5倍
≪画像元:楽天Edy

期間中、楽天Edyの合計利用金額に応じて、以下のように当選確率がアップします。

 

・500~999円:1倍

・1,000~4,999円:2倍

・5,000~9,999円:3倍

・1万円以上:4倍

 

さらに、Edyスタンプラリーのエントリーをすれば+1倍となり、当選確率は最大5倍です。

条件は非常に緩い

条件は非常に緩い
≪画像元:楽天Edy

楽天Edyマイページに登録がされている楽天Edyなら、カードタイプ・楽天カード一体型・モバイルなど、どの楽天Edyでも構いません

複数の楽天Edyをマイページに登録している場合、それぞれの楽天Edyの支払い額を合算した額が、キャンペーンの対象です。

対象店舗も、楽天Edyが使えれば自動販売機でもOKです。

キャンペーンの注意点

抽選で全額還元、しかも当選確率アップも可能と、なかなか魅力的なキャンペーンです。

それだけに、うっかりミスで当選を逃してはもったいないので、しっかり注意点を確認しましょう。

マイページ登録前の楽天Edyの支払いは対象外

キャンペーンのエントリー、楽天Edyの支払いの順序は問いません。

しかし、マイページ登録前の楽天Edyの支払いは、キャンペーンの対象外となります。

登録済みかを確認して、未登録ならばすぐに登録しましょう。

複数の楽天Edyを利用しても抽選は1口のみ

楽天Edyマイページに登録がされている楽天Edyなら、複数の楽天Edyをマイページに登録してもOKです。

しかし、複数の楽天Edyを利用しても、抽選は1口のみです。

3枚の楽天Edyを利用しても、抽選口数が3口になることはありません。

もらえるポイントは期間限定ポイント

もらえる楽天ポイントは、8月31日頃に進呈される期間限定ポイントです。

有効期限が9月30日までと短いので、注意してください。

他のポイントなどへの交換もできません

楽天Edyをガンガン使って当選確率をアップさせよう

楽天Edyでは、抽選で全額還元のキャンペーンを実施しています。

今や楽天Edyは、コンビニ・自動販売機・スーパーマーケットなど、多くの場所で利用可能です。

使えば使うほど当選確率がアップしますので、期間中はガンガン利用してください。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)