「マイナポイント第2弾」をまだ申し込んでいない人は、ぜひこの記事を読んでください。

マイナポイントは、ポイントとして還元されるのが通常ですが、今回は、現金化できるマイナポイントを紹介します。

マイナポイント第2弾

【au PAY】「au PAY残高→auじぶん銀行への払出」で現金化

「au PAY残高→auじぶん銀行への払出」で現金化
≪画像元:KDDI

まずは、「au PAY」です。

マイナンバーカードの新規取得&au PAY残高チャージ、健康保険証としての利用申込、公金受取口座の登録を完了させてください。

合計最大2万5,000円分のau PAY残高がもらえます。

抽選で10万名に1,000円分のau PAY残高がもらえます
≪画像元:KDDI

健康保険証としての利用申込、公金受取口座の登録のいずれかを完了させるだけでも、抽選で10万名に1,000円分のau PAY残高がもらえます。

もらったau PAY残高は、au PAY(コード支払い)やau PAYプリペイドカードで利用可能です。

auじぶん銀行口座があれば現金化も可能

auじぶん銀行口座があれば現金化も可能
≪画像元:auじぶん銀行

さらに、auじぶん銀行の口座があれば、アプリやサイトからau PAY残高の現金化も可能です。

au PAYアプリからは、まずは以下の手順で払出をしましょう。

  1. TOP画面の「送る・受取る」をタップ
  2. 「払出」をタップ
  3. 希望の払出方法を選択し、画面の案内に沿って払出を完了

その後はATMなどを使い、口座からお金を引き出してください。

抽選で1万名にPontaポイント1,000ポイントが当たります
≪画像元:auじぶん銀行

ちなみに、公金受取口座をauじぶん銀行で登録すると、抽選で1万名にPontaポイント1,000ポイントが当たります。

「自動払出」なら手数料無料

「自動払出」なら手数料無料
≪画像元:auじぶん銀行

上記のように手動で払出を行うと、1回の払出額に応じて手数料がかかります

 

・2万円未満:220円

・2万円以上:払出額の1%(税別)

 

目減りは避けたいところですが、「自動払出」なら手数料がかかりません

希望の払出方法を選択する画面で、「自動払出」を選択すればOKです。

払出の頻度・金額を、以下の4パターンから選択できます。

・毎日・全額

・毎日・指定金額

・日付選択・全額

・日付選択・指定金額

【JCBデビット】付与ポイント相当の金額を支払い口座に入金

付与ポイント相当の金額を支払い口座に入金
≪画像元:JCB

JCBのカードも、マイナポイント第2弾に参加しています。

マイナンバーカードの新規取得&利用、健康保険証としての利用申込、公金受取口座の登録を完了させてください。

合計最大2万円分がもらえます。

JCBデビットカードの場合、2022年9月、2022年12月、2023年3月に、付与ポイント相当の金額を、支払い口座に入金します(実際の入金日は利用の金融機関によって異なる)。

クレカは利用金額と相殺

クレカは利用金額と相殺
≪画像元:JCB

JCBクレジットカードの場合、2022年9月12日、2022年12月12日、2023年3月10日の支払い時に、付与ポイント相当の金額を相殺します。

こちらも、実質現金化ともいえるかもしれません。

ポイント付与額が支払い金額より多い場合、差額が設定口座へ振り込まれます。

そのタイミングでカードの支払い金額が0円ならば、本当の意味での現金化ですね。

対象のカード

対象のカード
≪画像元:JCB

対象カードは、以下の通りです。

 

・「354」からはじまるJCBクレジットカード(本会員)

・「357」からはじまるJCBデビットカード(本会員)

 

対象のカード発行会社を知りたい人は、JCB公式サイトのPDFファイルより確認してください。

対象外のカード

対象外のカード
≪画像元:JCB

以下のカードは、対象ではありません。

・カード表面に「CORPORATE」または「JCB CARD Biz」と表示があるカード、またその他事業経費の利用を目的としたカード

・ローン専用カード

・ペルソナJCBカード

・ペルソナSTACIA PiTaPa JCBカード

・e-amenity関西電力生協

・e-amenity北陸電力生協

2022年中に終了なので注意

JCBのカードは、マイナンバーカードの新規取得&利用の申込期間が12月26日まで利用期間が12月31日までです。

健康保険証としての利用申込、公金受取口座の登録の申込期間が12月26日まで、申込・登録期間が12月31日までとなっています。

いずれも、12月中には終了しますので、早めに手続きしましょう。

利用金額とマイナポイントを相殺するクレカもあり

今回は、現金化ができるマイナポイントを紹介しました。

ポイントもうれしいですけど、現金は最強の使い勝手を誇ります。

クレジットカードの中には、セゾンカードなど、利用金額と相殺するマイナポイントもあります。

簡単な方法で現金化して、家計の足しにするなどしましょう。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)