メルカリで取引きしていると

「購入したいので専用にしてもらえませんか?」

とお願いされることもあります。

しかし、専用にして出品したのに、すぐに買われない場合もあります。その原因と対処法を紹介します。

専用にしたけど買わないの?

すぐに買われない理由

専用にして出品すると、他のユーザーには購入されにくくなるため、出品者としては早く購入してほしいものです。

なぜ専用にしたのに買われないのか、考えられる理由は4つあります。

理由1:専用だから時間がある時に買えばいいと思っている

専用にすると自分以外の人が購入する確率がグッと下がるため、「他の人に買われないと思うし、あとで時間がある時に買えばいいや」と思う方もいます。

購入希望者が仕事が終わってからやのんびりとできる時間に買おうと考えていると、専用にしてからすぐに買われません。

理由2:他に安い商品を見つけてしまった

購入するつもりで「専用にしてください」とお願いした後に、安い商品や条件がいい商品を見つけてしまうと、専用にしてもらった商品を買わない場合もあります。

丁寧に「他の商品を買うことにしました」と言ってくれる方は少なく、ほとんどの方が専用品を放置して別の商品を購入してしまうのです。

理由3:こまめにメルカリをチェックしない

そもそもこまめにメルカリをチェックしないというのも、専用にしてすぐに買われない理由の一つです。

マメにメルカリを見ない方は、専用にしてもらったことに気がつかないため、確認していないことで購入まで至りません。

理由4:事情ができて買えなくなった

専用でお願いした方の中には、事情ができてすぐに買えなくなった方もいます。

たとえば買うつもりで用意していたお金が使えなくなった、スマホが壊れてメルカリが一時的に使えなくなったなどが原因の一つです。

すぐに買ってもらうための対処法

専用にすると他人に横取りされない限りは購入されないため、出品者としてはなるべく早く専用を依頼してきた方に購入して欲しいものです。

ではどうすればすぐに買ってもらえるのでしょうか?

ポイントを3つご紹介します。

ポイント1:コメントで購入を促す

「すぐに買いますので専用にしてください」と言われてから半日〜1日ほど経っても購入されない場合は、専用にしている商品のコメント欄にて購入を促してみましょう。

コメント欄への記入は購入希望者へ直接連絡を取れる方法ではないため、相手が気づかない可能性もあります。

ポイント2:相手の出品物にコメントする

購入希望者がメルカリで何か出品をしていれば、その商品のコメント欄に購入して欲しい旨を記載する方法もありますが、この方法はあまりおすすめできません。

専用にしている商品よりも相手に気づいてもらえる可能性はありますが、相手の出品物に対する質問でない内容をコメントすることになるため、反感をかってしまう危険性があります。

この方法はどうしてもすぐに買ってもらいたい時の最終手段としておいたほうが良いかもしれません。

ポイント3:専用にする際に購入期限を決める

専用出品にした後にできる効果的な対策は少ないです。

そのため、専用にする際に購入期限を決めておくのが良いかもしれません。

期限が決まっていれば購入希望者も「それまでに購入しなければいけない」との気持ちになり、いつまでも購入されないといったリスクを下げられるでしょう。

万が一購入されなくても、専用出品を続けるかやめるかを早く判断できます。

期限を決めても忘れていて期限内に購入しない方もいらっしゃいます。そのような方もいることを見越して、期限を過ぎてから半日ぐらいは様子を見たほうが良いかもしれません。

上手に対応して、売上につなげる

メルカリで専用出品にしたのに購入されない理由には、手が空いた時に買おうと思っている、安い別の商品を買ってしまった、都合により買えなくなった、忘れているなどがあります。

いつまでも購入されるのを待ち続けるのを防ぐには、コメントで購入を促したり、あらかじめ購入期限を決めておくなどの方法がおすすめです。

上手に対応をして、売り上げにつなげてください。(執筆者:メルカリ取引700回以上 石神 里恵)