配当の権利確定と聞くと9月をイメージしやすいところですが、8月に権利確定する銘柄もあります。

配当利回りとともに、企業の規模も投資対象とする際には見ておきたいところです。

8月権利確定銘柄のうち、東証プライム市場に上場しており比較的配当利回りが高く、10万円以下で購入できる銘柄をご紹介します。

※配当利回りおよび最低購入価格は7月末時点での数値です。

10万円以下で購入できる高配当銘柄

東京個別指導学院 (4745)

【配当利回り】 約4.4%

【最低購入価格】約6万円

【特色・事業内容】ベネッセグループ

小中高生向け個別指導塾を展開(全直営校・約260教室)。

配当性向は50%以上を維持。

:個別指導教育を中心とした教育事業

「東京個別指導学院」

「関西個別指導学院」

「ベネッセサイエンス教室」

「ベネッセ文章表現教室」

【時価総額】約330億円

権利確定月2月のみ株主優待(株主優待品カタログ)あり。8月は対象外

IDOM(7599)

【配当利回り】 約4.0%

【最低購入価格】約8万円

【特色・事業内容】中古車買い取り首位

Gulliver(ガリバー)ブランドを軸に日本全国に約500店舗展開。

新車ディーラーを豪州で展開。

配当は直近実績1株益の30%を目安。

:中古車の買取・販売

【時価総額】約720億円

明光ネットワークジャパン (4668)

【配当利回り】約3.5%

【最低購入価格】約6万円

【特色・事業内容】小中高向け個別指導の「明光義塾」を中心に約1,700教室を展開(2021年8月末)

・学習塾事業

・幼児・学童・スポーツ事業

・人材事業

【時価総額】約160億円

株主優待(権利確定月8月)

・100株以上500株未満:500円相当のクオカード

・500株以上1,000株未満:1,000円相当のクオカード

・1,000株以上:1,500円相当のクオカード

→ 3年以上継続保有(8月・2月の株主名簿に同一株主番号で連続7回以上記載)の場合1,000円増

チヨダ (8185)

【配当利回り】 約3.4%

【最低購入価格】約8万円

【特色・事業内容】靴量販店の大手 (952店舗・2022年6月末現在)

東京靴流通センター、シュープラザ(SHOE・PLAZA)、チヨダはきごこちなどを展開。

カジュアル衣料店「マックハウス」は子会社。

:紳士靴・婦人靴・スニーカー等の販売

【時価総額】約270億円

株主優待(権利確定月8月・2月)

・100株以上:2割引株主優待券(一律5枚)

※自社店舗で1会計5足まで利用可能。割引商品も対象。

インターネット通信販売では利用不可。

購入前に中間配当を実施しているかを確認

8月の権利確定月銘柄だけでなく、中間配当狙いの場合に気を付けておきたい部分ですが、多くの企業では期末配当と中間配当の年2回の配当を実施している企業が多いです。

しかし、一部の企業では年1回の期末配当のみの企業もありますので、購入前に必ず確認しておきましょう。

例えば、バロックジャパンリミテッド (3548)は、配当利回り約4.6%、最低購入価格は約8万円と購入しやすい銘柄ではありますが、期末配当(2月)のみとなっております。

9月権利確定銘柄の方が数は多く選びやすい

配当を受け取る頻度が多くなるのは悪い話ではありませんが、9月権利確定銘柄と比べると、8月権利確定銘柄の数は少なくなってしまいます

その中にも魅力のある企業はあるのですが、配当を受け取る頻度を多くすることだけを重視するのではなく、自分自身が8月権利確定銘柄の中で魅力を感じたものがあれば、購入することを検討してみましょう。(執筆者:CFP、FP技能士1級 岡田 佳久)