マイナポイント第2弾が開始されて、どの決済サービスで申請しようか、選定に迷っている方も多いのではないでしょうか。

決済サービスが行っているオリジナルキャンペーンや抽選などで、申請することで通常のマイナポイント以外にポイントが上乗せされるなど、独自キャンペーンも注目を集めています。

マイナポイント第2弾は付与ポイントも高額でうれしいですが、付与ポイントはあくまでのその決済サービスが提携・提供している店舗やサービスです。

使用可能な全ての決済で汎用性があるとは、いえません。

しかし、au PAYはチャージ額を「自動払出機能」を使うことで、現金化することができます

au PAYでは、現在マイナポイント第2弾の抽選キャンペーンを実施しており、ここではマイナポイントをau PAYで申請し「自動払出機能を使って、付与されたマイナポイントを現金化する方法」と、「au PAYで開催されている抽選キャンペーン」をご紹介します。

マイナポイントをau PAYの自動払出機能で現金化

マイナポイント第2弾 × au PAY 総額1億円あたるキャンペーン

キャンペーン内容:抽選で1,000円分のポイントを10万名にプレゼント

申込期間:2022年6月30日~2022年9月30日

特典提供時期:2022年11月30日(水)頃まで

参加条件:マイナポイント第2弾の申請決済サービスとしてau PAYを選択した上で、第2弾の申請内容を申込

※ただしマイナンバーカードを作成し、最大5,000円分のマイナポイントを申込していることが必須です。

※マイナンバーカード作成し、マイナポイントを付与されるキャンペーンは、2021年12月31日で申込終了した第1弾も含まれます。

※公金受取口座登録はマイナポータルで設定が必要です。

マイナポイント第2弾実施内容

・ マイナンバーカードを健康保険証としての利用申込を行い7,500円分のマイナポイント付与

・ マイナンバーに公金受取口座の登録し7,500円分のマイナポイント付与

マイナンバーカードの新規取得等で最大5,000円分のマイナポイントの申込みが必須です。

ただし、マイナンバーカードの新規取得等で最大5,000円分のマイナポイントのみの申込(健康保険証と公金受取口座の申請を行っていない)は、抽選対象外です。

マイナポイント×au PAY
≪画像元:KDDI

au PAY自動払出機能

au PAY残高を、auじぶん銀行口座に予め設定した条件で自動払出できます。

チャージしたけど使わなかった分がまたauじぶん銀行へ戻る機能で、端数や使っていないチャージ額を放置することがなく、チャージ額をコントロールできます。

手数料は無料で優遇金利が適用されます。

1. au PAYアプリのTOP画面の「送る・受取る」をタップ(au PAY サイトから設定する場合は、トップ画面から[チャージ・出金]をタップ)

2.「払出」をタップ

3.「自動」を選択

4.「自動の払出を設定する」をONにして、「頻度」「金額」を設定。「自動払出を設定する」をタップ

au PAY自動払い出し機能
≪執筆者提供≫

キャッシュレス残高の「放置」を防止

二次元バーコード決済サービスを中心に、マイナポイント第2弾のキャンペーンが盛り上がっています。

二次元バーコード決済サービスの拡充は凄まじく、現金を使う機会が減ったという声も多く聞きますが、一方でチャージしたまま、放置している決済サービスがあるという場合も多いです。

これは二次元バーコード決済サービスを複数使っている場合の弊害ともいえます。

しかし、マイナポイントが現金化されると現金で使えるのはもちろん、その現金でまた別の二次元バーコード決済サービスへチャージすることも可能です。

どのような経路であってもチャージされたチャージ残高は、au PAYに残高として計上されます。

そのため、マイナポイントが自動払出機能を経由してauじぶん銀行へ入金されたとしても、問題はありません。

抽選で上乗せ1,000円分のチャージを楽しみにしつつ、申請で付与されたマイナポイントを自動払出機能でauじぶん銀行へ移し、現金化するというのも上手にマイナポイントを活用する方法です。

総務省の推進するキャッシュレス化には逆行しますが、自身の生活圏のキャッシュレス化の推進状況や支払いの金融サービスによって、使いやすい方法でマイナポイントを活用しましょう。(執筆者:太田 玲世)

【関連記事】:【目次から探せる】マイナンバーカード・マイナポイント 申請お助けガイド