※本サイトは一部アフィリエイトプログラムを利用しています

注目記事

【2022年値上げ】食料品・飲食店・日用品・ガソリン・光熱費など 1年間の打撃総額を算出

節約・ポイ活 節約・ポイ活
【2022年値上げ】食料品・飲食店・日用品・ガソリン・光熱費など 1年間の打撃総額を算出

この記事の最新更新日:2022年8月31日

今年に入り、食料品を始め、さまざまな商品の値上げが続いています。

今回は、2022年1月以降に値上げしたものを詳しくまとめました。

値上げにより、1年間でどれくらい出費が増えるのかも、合わせて紹介します。

値上げまとめ


目次

食料品

値上げラッシュのさなか、一番気になるのは食料品でしょう。

今年は、ロシアによるウクライナ軍事侵攻の影響で、価格が高騰したものも少なくありません。

・醤油

毎日の料理に欠かせない醤油の値上げは、家計にとって大きな打撃です。

醤油の値上げが実施されたのは、約14年ぶりとも言われています。

ヤマサ醤油

    • 対象商品
      • しょうゆ全商品(しょうゆ加工品、粉末しょうゆ含む)
    • 改定時期
      • 2022年3月1日(火)


キッコーマン

  • 対象商品
    • キッコーマンしょうゆ(だししょうゆ含む)
    • キッコーマン豆乳
  • 改定時期
    • 2022年2月16日(火)
  • 改定内容
    • キッコーマンしょうゆ 希望小売価格で約4~10%の価格改定(価格引き上げ)
    • キッコーマン豆乳 希望小売価格で約5~6%の価格改定(価格引き上げ)
  • 発表ページ:その他詳細(キッコーマン)


ヒガシマル醤油


・酢

ミツカン ※2022年5月31日追記

  • 対象商品
    • 家庭用食酢関連商品 31品
      (穀物酢、リンゴ酢、すし酢、カンタン酢など)
    • 業務用食酢関連商品 47品
      すし酢・カンタン酢・調味酢など)
  • 改定時期
    • 2022年6月1日(水)出荷分から
  • 改定内容
    • 対象商品の参考小売価格(税別)で、家庭用商品約3~10%、業務用商品約4~13%
  • 発表ページ:その他詳細(株式会社Mizkan


タマノイ酢 ※2022年8月15日追記



・小麦粉

2022年早々、大手製粉メーカー3社が、輸入小麦の高騰により、小麦粉の値上げへと踏み切りました。

さらに、ウクライナ侵攻による影響も、値上げに追い打ちをかけています。

日清フーズ

  • 対象商品
    • 小麦粉製品 約3~6%値上げ
    • ミックス製品 約4~6%値上げ
    • パン粉、その他製品 約3~4%値上げ
  • 改定時期
    • 2022年1月4日(火)
  • 改定内容
    • 4~6%の値上げ
  • 発表ページ:その他詳細(日清フーズ)
  • 備考:乾麺、冷凍食品なども値上げされるため詳しくは上記サイトをご覧ください。


ニップン

  • 備考:乾麺、食品なども値上げされるため詳しくは上記サイトをご覧ください。


日清製粉ウェルナ ※2022年6月8日追記

  • 備考:8月1日納品分より、パスタやパスタソースなども値上げが予定されています。


昭和産業 ※2022年6月8日追記

  • 備考:8月1日納品分より、家庭用パスタや乾麺の値上げも予定されています。


森永製菓 ※2022年6月8日追記

  • 対象商品
    • ホットケーキミックス、チョコレートシロップ、純ココアなど 12品
  • 改定時期
    • 2021年7月1日(金)出荷分より
  • 改定内容
    • 希望小売価格 約5.4%~7.9%
  • 発表ページ:その他詳細(森永製菓株式会社)


オリエンタル酵母 ※2022年6月8日追記


    ・パスタ、パスタソース

    昨年に引き続き、パスタの価格高騰が止まりません。

    パスタだけでなく、パスタソース、冷凍パスタも最大9%の値上げとなります。

    日清フーズ

    • 対象商品
      • 乾麺製品 約6%値上げ
      • パスタ、パスタソース製品 約3~9%値上げ
      • 冷凍食品 約4~7%値上げ
    • 改定時期
      • 2022年1月4日(火)
    • 改定内容
      • 3~9%の値上げ
    • 発表ページ:その他詳細(日清フーズ)
    • 備考:小麦粉なども値上げされるため詳しくは上記サイトをご覧ください。


    はごろもフーズ

    • 対象商品
      • ロングパスタ、ハーフパスタ 計10品
      • ショートパスタ 計6品
    • 改定時期
      • 2022年2月1日
    • 改定内容
      • 3~9%の値上げ
    • 発表ページ:その他詳細(はごろもフーズ)
    • 備考:Carboff、グラタンセットも値上げされるため詳しくは上記サイトをご覧ください。


    昭和産業 ※2022年7月8日追記


    ・乾麺

    ヤクルト本社 ※2022年8月31日追記

    • 対象商品
      • 佐賀の神崎(乾麺)5品
        (そうめん、ひやむぎ、中めん、うどん、そば)
    • 改定時期
      • 2022年10月1日(土)から
    • 改定内容
      • 価格改定
        希望小売価格120円(税別)/袋
    • 発表ページ:その他詳細(株式会社ヤクルト本社)


    ・食パン

    パンも値上がり

    ウクライナ情勢により小麦価格が高騰した影響で、家庭用のパンがさらに値上がりしています。

    食パンだけでなく、菓子パンや総菜パンなども対象です。

    山崎製パン


    フジパン ※2022年6月8日追記

    小麦の国際相場の高騰などで、1月に続き7月にも価格改定をすると発表しました。

    • 対象商品
      • 食パン、食卓、菓子パン、総菜パン(2022年1月1日)
      • 食パン、食卓ロール、菓子パン、洋菓子・和菓子(2022年7月1日)
    • 改定時期
      • 2022年1月1日
      • 2022年7月1日(金)納品分より
    • 改定内容
      • 2022年1月1日:6.8~9.7%の値上げ
      • 2022年7月1日:平均3%~9%の改定率
    • 発表ページ:その他詳細(フジパン)2021.11.4発表分2022.5.2発表分
    • 備考:一部製品については価格を据え置いています。


    敷島製パン ※2022年6月8日追記

    1月に値上げとなったばかりですが、輸入小麦の価格高騰などにより、7月にも値上げすることが発表されました。

    • 対象商品
      • 一部のパン類(2022年1月1日)
      • 一部のパン・菓子類(2022年7月1日)
    • 改定時期
      • 2022年1月1日
      • 2022年7月1日納品分より
    • 改定内容
      • 2022年1月1日:4~14%の値上げ
      • 2022年7月1日:出荷価格を約2%~約9%(平均5.4%)の値上げ
    • 発表ページ:その他詳細(敷島製パン)2021.11.5発表分2022.5.2発表分

    ・ジャム、スプレット類

    朝食に欠かせないジャムも価格が上がります。

    朝がパン派の方にとって、食パン・マーガリン・ジャムの値上げは、まさにトリプルパンチ状態です。


    アヲハタ

    • 対象商品
      • 家庭用ジャムの一部
      • ホイップ、スプレッド類の一部
    • 改定時期
      • 2022年2月1日
    • 改定内容
      • 約4~5%の値上げ
    • 発表ページ:その他詳細(アヲハタ)


    ・家庭用缶詰、すり身、練り物

    コロナ禍で売れ行きが好調の缶詰ですが、原材料・物流費の高騰などにより、最大15%の価格が引き上げられます。

    ツナ缶・サバ缶・イワシ缶・カニ缶など、魚介系の缶詰の値上げが止まりません。

    また、家庭用の魚介系缶詰に続き、かまぼこ・ちくわ・カニカマといったすり身や練り物製品の価格も上がりました。

    すり身・練り物はリーズナブルなことから、「庶民の味方」とも言える存在だっただけに、家計への影響も計り知れません。


    マルハニチロ

    • 対象商品
      • サバ・イワシ・サンマ・マグロ・カツオ・ツナ・畜肉・農産・サケ(瓶詰)41品:約3~15%の値上げ
      • カニ(ギフト品)2品:約107%の値上げ
    • 改定時期
      • 2022年3月1日
    • 改定内容
      • 約3~107%の値上げ
    • 発表ページ:その他詳細(マルハニチロ)


    マルハニチロは9月にも再度値上げをします。(2022年7月8日追記)

    • 対象商品
      • 缶詰
        (アサリ・ツナ・ホタテ・その他缶詰 25品)
      • すりみ商品
        (フィッシュソーセージ・ちくわ・その他練り製品 44品)
      • カップゼリー 22品
    • 改定時期
      • 2022年9月1日(木)納品分より
    • 改定内容
      • 缶詰 約5~25%の値上げ
      • すりみ商品 約5~20%値上げ
      • カップゼリー 約5~10%値上げ、規格変更
    • 発表ページ:その他詳細(マルハニチロ)


    日本水産 ※2022年6月8日追記

    2月に続き、7月にも製品の値上げが行われます。

    • 対象商品
      • 【家庭用すり身製品】50品:約5~13%の値上げ
      • 【家庭用冷凍食品】63品:約4~13%の値上げ
      • 【業務用冷凍食品】179品:約1~13%の値上げ
      • 缶詰、びん詰など30品
    • 改定時期
      • 2022年2月1日:家庭用すり身製品、冷凍食品
      • 2022年7月1日納品分より:缶詰、びん詰
    • 改定内容
      • 約1~13%の値上げ:家庭用すり身製品、冷凍食品
      • 約5~18%の値上げ:缶詰、びん詰
    • 発表ページ:その他詳細(日本水産)2021.11.19発表分2022.5.24発表分


    ・ハム、ソーセージ

    毎日の食卓に欠かせないハム・ソーセージなどの肉加工品も、原料の高騰により大幅に値上げされます。

    日本ハムでは価格据え置きで内容量を減らす「ステルス値上げ」も実施するため、買い物の際は注意しておきたいところです。


    日本ハム ※2022年7月21日一部追記

    • 対象商品
      • 家庭向け商品、業務用商品、冷凍食品の商品規格変更および納品価格改定
    • 改定時期
      • 2022年2月1日
    • 改定内容
      • 約5~12%の値上げ
    • 発表ページ:その他詳細(日本ハム)


    10月にも更なる価格改定が行われます。


    伊藤ハム ※2022年7月7日追記

    • 対象商品
      • ハム・ソーセージ、調理加工食品(麺類除く):4%~12%
      • 麺類 :4%~14%
    • 改定時期
      • 2022年3月1日
    • 改定内容
      • 約4~14%の値上げ
    • 発表ページ:その他詳細(伊藤ハム)


    伊藤ハムは10月にも2度目の価格改定を行います。

    インフレや円安の進行で、主原料の価格高騰が継続していることなどが主な理由です。

    • 対象商品
      • ハム・ソーセージ、調理加工食品 221品目
    • 改定時期
      • 2022年10月1日(土)より
    • 改定内容
      • 商品規格変更および納品価格改定(改定率3%~30%)
    • 発表ページ:その他詳細(伊藤ハム)


    丸太食品 ※2022年7月21日一部追記

    • 対象商品
      • ハム・ソーセージ、魚肉ソーセージ (180 品目)
      • 調理加工食品(70 品目)
    • 改定時期
      • 2022年3月1日
    • 改定内容
      • 約5~15%の値上げ
    • 発表ページ:その他詳細(丸太食品株式会社)


    丸大食品は10月にも価格変更を行うと発表しました。

    • 対象商品
      • ハム・ソーセージ、魚肉ソーセージ (260品目)
      • 調理加工食品(90品目)
    • 改定時期
      • 2022年10月1日より
    • 改定内容
      • 商品規格変更もしくは納品価格の改定 5~30%
    • 発表ページ:その他詳細(丸太食品株式会社)


    プリマハム ※2022年7月21日一部追記

    • 対象商品
      • ハム、ソーセージ、加工食品 合計200品
      • 家庭用ハム・ソーセージ 74品
      • 家庭用加工食品 90品
      • 業務用商品 36品
    • 改定時期
      • 2022年2月1日
    • 改定内容
      • 約5~12%の値上げ
    • 発表ページ:その他詳細(プリマハム)


    9月にも再度の価格改定が行われます。

    • 対象商品
      • ハム、ソーセージ、加工食品 合計400品
    • 改定時期
      • 2022年9月1日より
    • 改定内容
      • 家庭用商品約5~20%の値上げ
    • 発表ページ:その他詳細(プリマハム)


    信州ハム ※2022年8月14日追記

    • 対象商品
      • ハム・ソーセージ
      • 調理加工食品
    • 改定時期
      • 2022年11月1日
    • 改定内容
      • 納品価格改定および商品規格の変更
        (改定率は商品ごとに異なり、2%~16%)
    • 発表ページ:その他詳細(信州ハム株式会社)
    • 備考:約5.6%-20%減量


    ・バター、マーガリン、チーズ、ヨーグルト

    乳製品の値上げラッシュも続きます。

    バターを筆頭に、マーガリンやチーズ各種、プリンやヨーグルトといった、スイーツ品目も価格が引き上げられます。


    Q.B.B ※2022年8月14日一部追記

    • 対象商品
      • 家庭用チーズ及び乳等を主要原料とする食品
    • 改定時期
      • 2022年4月1日
    • 改定内容
      • 約6%の値上げ
    • 発表ページ:その他詳細(Q.B.B)
    • 備考:約5.6%-20%減量


    海外原料のナチュラルチーズ価格の上昇などを理由に、再度の値上げを行うと発表がありました。

    • 対象商品
      • Q・B・B家庭用チーズ及び乳等を主要原料とする食品
        価格改定商品 51品目
        容量変更商品 7品目
    • 改定時期
      • 価格改定商品 2022年9月1日納品分より
      • 容量変更商品 2022年10月1日店頭納品より順次切り替え
    • 改定内容
      • 価格改定商品 約8.2%
      • 容量変更商品 約10.0%~26.5%
    • 発表ページ:その他詳細(六甲バター株式会社)



    森永乳業 ※2022年8月14日一部追記

    • 対象商品
      • 家庭用チーズ27品
      • デザート1品
    • 改定時期
      • 2022年4月1日
    • 改定内容
      • 5.3%-10.5%の値上げ
    • 発表ページ:その他詳細(森永乳業)
    • 備考:-11.8%減量(28品中3品)


    森永乳業は、4月に引き続き10月にも値上げを行うと発表しました。

    • 対象商品
      • 家庭用チーズ22品
      • クリーミングパウダー6品
      • 育児用食品11品
    • 改定時期
      • 2022年10月1日(土)出荷分より
    • 改定内容
      • 価格改定率 4.8%~12.5%
    • 発表ページ:その他詳細(森永乳業)



    オハヨー乳業


    伊藤ハム ※2022年5月19日追記

    • 対象商品
      • ベル社商品 12品目
        ・キリ クリームチーズ10P
        ・キリ クリーミースプレッド
        ・キリ&スティック3P / 1P
        ・キリ&スティック ブルーベリー 3P / 1P
        ・キリ&スティック トマト&ハーブ入りスティック 1P
        ・ベルキューブ 5品
        (クリーミープレーン/人気のフレーバーセレクト/チーズ好きのためのセレクト/イタリアンセレクト/シーフードセレクト)
    • 改定時期
      • 2022年7月1日(金)納品分より
    • 改定内容
      • 価格改定幅 8.4%~14.5%
    • 発表ページ:その他詳細(伊藤ハム)


    J-オイルミルズ ※2022年7月8日追記


    雪印メグミルク ※2022年8月31日追記

    • 対象商品
      • 家庭用マーガリン等 13品
      • 家庭用プロセスチーズ 7品
      • 家庭用ナチュラルチーズ 1品
    • 改定時期
      • 2022年9月1日(木)特約店納品分より
    • 改定内容
      • 価格改定率 3.3%~14.5%
      • 内容量変更 減量率-4.2%~-11.1%
    • 発表ページ:その他詳細(雪印メグミルク株式会社)


    ・カップ麺、袋麺

    コロナ禍で消費が増えたカップ麺・袋麺も、大手メーカー各社が値上げへと踏み切っています。


    エースコック


    日清 ※2022年5月17日追記

    • 対象商品
      • 即席袋めん、即席カップめん、即席カップライス、即席カップスープ
    • 改定時期
      • 2022年6月1日(水)出荷分より
    • 改定内容
      • 約5%-12%の値上げ
    • 発表ページ:その他詳細(日清食品株式会社)


    東洋水産

    • 対象商品
      • 即席袋麺、即席カップ麺、即席カップライス、即席カップスープ
    • 改定時期
      • 2022年6月1日
    • 改定内容
      • 約9%-12%の値上げ
    • 発表ページ:その他詳細(東洋水産)


    明星

    • 対象商品
      • 即席カップ麺・即席袋麺・即席ワンタン
    • 改定時期
      • 2022年6月1日
    • 改定内容
      • 約9%-12%の値上げ
    • 発表ページ:その他詳細(明星)


    サンヨー食品 ※2022年5月19日追記

    • 対象商品
      • 袋麺、カップ麺、ミニカップ
        (サッポロ一番 みそラーメン他、元祖ニュータンタンメン本舗監修 タンタンメン他)
    • 改定時期
      • 2022年6月1日(水)出荷分より
    • 改定内容
      • 希望小売価格の約 10~12%アップ
    • 発表ページ:その他詳細(サンヨー食品株式会社)


    ハウス食品 ※2022年5月31日追記


    テーブルマーク ※2022年5月31日追記


    ・インスタント食品

    永谷園 ※2022年5月31日追記

    • 対象商品
      • お茶づけ商品 10品
      • ふりかけ商品 2品
      • 即席みそ汁商品 6品
      • ホットケーキミックス 1品
    • 改定時期
      • 2022年6月1日付納品分より
    • 改定内容
      • 希望小売価格(税抜)の約5%~9%
    • 発表ページ:その他詳細(株式会社永谷園)


    永谷園は11月にも、不本意ながら再度の価格改定を行うと発表しました。

    • 対象商品
      • お茶づけ商品 3品
      • 即席みそ汁商品 21品
      • すし商品 1品
    • 改定時期
      • 2022年11月1日付納品分より
    • 改定内容
      • 希望小売価格(税抜)の約5%~11%
    • 発表ページ:その他詳細(株式会社永谷園)


    ・レトルト食品

    大塚食品 ※2022年8月31日一部追記

    • 対象商品
      • レトルト製品 12品目
      • その他製品 11品目
    • 改定時期
      • 2022年10月1日(土)納品分より
    • 改定内容
      • 元祖ボンカレー200g 税別希望小売価格230円→250円 など
    • 発表ページ:その他詳細(大塚食品株式会社)


    エスビー食品 ※2022年7月8日追記

    • 対象商品
      • 即席ルウ
      • レトルト
      • パスタソース
      • インスタント麺 など
    • 改定時期
      • 2022年9月1日(木)納品分より実施
    • 改定内容
      • 希望小売価格の価格改定率 平均5.0%~15%値上げ
    • 発表ページ:その他詳細(エスビー食品株式会社)


    ハウス食品 ※2022年7月8日追記

    • 対象商品
      • ルウ、カレー関連調味料(バーモントカレーなど99品)
      • デザート(フルーチェなど12品)
      • レトルト(ククレカレーなど60品)
      • その他(北海道グラタンなど10品)
    • 改定時期
      • 2022年8月15日納品分から
    • 改定内容
      • ルウ、カレー関連調味料 出荷価格、希望小売価格約10%値上げ
      • デザート 出荷価格、希望小売価格約8%値上げ
      • レトルト、その他 出荷価格、希望小売価格約5%値上げ
    • 発表ページ:その他詳細(ハウス食品株式会社)


    キユーピー ※2022年8月14日

    • 対象商品
      • 育児食(ベビーフード、幼児食):瓶詰、にこにこボックス、やさいとなかよし 等
      • 介護食:やさしい献立
    • 改定時期
      • 2022年11月1日(火)出荷分より
    • 改定内容
      • 参考小売価格の価格改定率 約2~15%
    • 発表ページ:その他詳細(キユーピー株式会社)


      ・冷凍食品

      これからやってくる春休み、お昼ごはんの救世主となる冷凍食品も、3月以降値上げが相次いでいます。

      冷凍麺やたこ焼のほか、ハンバーグなどの冷凍惣菜も値上げの対象です。


      テーブルマーク

      • 対象商品
        • 冷凍麺(玉うどん・そば・具付麺の一部) 16 品
        • お好み焼 5 品
        • たこ焼 4 品
        • デザート・米飯を除く全品群 292 品
      • 改定時期
        • 2022年3月1日
      • 改定内容
        • 約2%-10%の値上げ
      • 発表ページ:その他詳細(テーブルマーク)


      味の素

      • 対象商品
        • 「味の素®」「うま味だし・ハイミー®」(7品種)
        • 「クノール® スープDELI®」(10品種)
        • 「パルスイート®」「パルスイート® カロリーゼロ」(8品種)
      • 改定時期
        • 2022年6月1日
      • 改定内容
        • 約2%-13%の値上げ
      • 発表ページ:その他詳細(味の素)


      ニチレイフーズ


      ニチレイフーズは8月にも価格改定を行います。

      • 対象商品
        • 家庭用冷凍食品の一部
      • 改定時期
        • 2022年8月1日(月)納品分より
      • 改定内容
        • 約8~約20%アップ
          ※一部、規格変更に伴う「実質的な価格改定」を含む
      • 発表ページ:その他詳細(ニチレイフーズ)


      明治 ※2022年8月14日一部追記


      明治は、9~10月にかけての再度の価格改定を発表しました。

      • 対象商品
        • 家庭用油脂類等 16品
        • 市販用冷凍食品 11品
        • 家庭用チーズ 23品
        • 菓子類 6品
      • 改定時期
        • 家庭用油脂類等・市販用冷凍食品 2022年9月1日(木)出荷分より
        • 家庭用チーズ・菓子類 2022年10月1日(土)出荷分より
      • 改定内容
        • 価格改定商品 46品
          希望小売価格 6.1~15.5%
          出荷価格 約3~12%
        • 容量変更商品(2品)
          内容量変更 ▲7.1~▲7.7%
        • 価格改定及び内容量変更商品(8品)
          希望小売価格 5.0~5.9%
          内容量変更 ▲4.0~▲11.1%
      • 発表ページ:その他詳細(株式会社明治)


      マルハニチロ ※2022年7月8日追記


      ・食用油

      これまで何度も値上げを実施している、家庭用のサラダ油、キャノーラ油。

      揚げ物はもちろん、料理に欠かせない油の価格高騰は、家計へのダメージも大きいです。

      値上げ後は、揚げ物を気軽に作ることができない状況になるかもしれません。


      日清オイリオ

      • 対象商品
        • オリーブオイル、ごま油、こめ油等の食用油全般
      • 改定時期
        • 2022年7月1日
      • 改定内容
        • 約5%-30%の値上げ
      • 発表ページ:その他詳細(日清オイリオ)


      昭和産業 ※2022年6月8日追記

      • 対象商品
        • 汎用油(菜種油、大豆油、コーン油、パーム油など)
        • オリーブ油
        • こめ油
        • ひまわり油
      • 改定時期
        • 2022年7月1日納品分より
      • 改定内容
        • 汎用油(菜種油、大豆油、コーン油、パーム油など) 60円/kg以上
        • オリーブ油 160円/kg以上
        • こめ油 90円/kg以上
        • ひまわり油 90円/kg以上
      • 発表ページ:その他詳細(昭和産業株式会社)


      J-オイルミルズ ※2022年6月8日追記

      • 対象商品
        • 家庭用、業務用油脂製品、全商品
      • 改定時期
        • 2022年7月1日納品分より
      • 改定内容
        • 菜種油製品、大豆油製品、パーム油製品、コーン油製品 60円/kg以上
        • オリーブオイル製品、ごま油製品 120円/kg以上
        • こめ油 90円/kg以上
        • アマニ油製品、えごま油製品 200円/kg以上
        • ひまわり油製品 400円/kg以上
        • その他プレミアムオイル製品(べに花油、ヘルシーグレープシードオイルなど) 140円/kg以上
      • 発表ページ:その他詳細(株式会社J-オイルミルズ)


      ・マヨネーズ、ドレッシング、トマトケチャップ、ソース

      原材料に油を使用しているマヨネーズも、昨年から繰り返し価格改定を行っています。

      3月以降は、家庭用マヨネーズ・ドレッシングの価格を最大で1割程度の値上げとなります。

      また、ケチャップを始めとするトマト系調味料も、5月から3~10%価格が上がります。


      キユーピー

      • 対象商品
        • マヨネーズ、ドレッシング、ソース類、サラダ類等
      • 改定時期
        • 2022年3月1日
      • 改定内容
        • (記載なし)
      • 発表ページ:その他詳細(キユーピー)


      味の素

      • 対象商品
        • 家庭用マヨネーズおよびマヨネーズタイプ製品
      • 改定時期
        • 2022年3月1日
      • 改定内容
        • 3%-9%値上げ
      • 発表ページ:その他詳細(味の素)


      味の素は、10月にも価格改定を行うと発表しました(2022年7月8日追記)。

      • 対象商品
        • 家庭用マヨネーズ
          (ピュアセレクトマヨネーズなど)
      • 改定時期
        • 2022年10月1日(土)納品分より
      • 改定内容
        • 約4%~15%
      • 発表ページ:その他詳細(味の素株式会社)


      キッコーマン


      カゴメ

      • 対象商品
        • トマトケチャップ・トマトピューレー・トマトペースト・トマトソース(メニュー専用ソース、サルサ等含む)、ソース
      • 改定時期
        • 2022年4月1日
      • 改定内容
        • 3%-9%値上げ
      • 発表ページ:その他詳細(カゴメ)


      ブルドックソース ※2022年5月31日追記

      • 対象商品
        • ブルドックソース
          家庭用商品 34品
          業務用商品 26品
      • 改定時期
        • 2022年6月1日(水)出荷分より
      • 改定内容
        • 家庭用商品 希望小売価格 3~8%
          業務用商品 出荷価格 4~7%
      • 発表ページ:その他詳細(ブルドックソース株式会社)


      イカリソース ※2022年5月31日追記



      ・調味料、香辛料

      ハウス食品 ※2022年5月31日追記


      味の素 ※2022年7月8日追記

      • 対象商品
        • 塩調味料(アジシオ、瀬戸のほんじお、やさしお など12品種)
        • ほんだし 27品種
        • コンソメ製品 12品種
      • 改定時期
        • 2022年10月1日(土)納品分より
      • 改定内容
        • 約2~12%
      • 発表ページ:その他詳細(味の素株式会社)


      エバラ ※2022年8月14日追記

      • 対象商品
        • 肉まわり調味料群(黄金の味シリーズは除く)
          おろしのたれシリーズ、焼肉のたれシリーズ、バリ旨焼肉のたれ、たれプラスシリーズ
        • その他
      • 改定時期
        • 2022年11月1日納品分より
      • 改定内容
        • 肉まわり調味料群:小売参考価格で約7~10%の価格改定
        • その他:小売参考価格で約10~38%の価格改定
          (横濱舶来亭シリーズ、韓Kitchenシリーズ)
      • 発表ページ:その他詳細(エバラ食品株式会社)


      キッコーマン ※2022年8月31日追記

      • 対象商品
        • たれ類(焼肉のたれ、ステーキしょうゆ等) 34アイテム
        • みりん類 41アイテム
      • 改定時期
        • 2022年10月1日納品分より
      • 改定内容
        • たれ類 希望小売価格で約5~10%の価格改定(価格引き上げ)
        • 希望小売価格で約4~11%の価格改定(価格引き上げ)
      • 発表ページ:その他詳細(キッコーマン食品株式会社)


      ・ポテトチップス

      ポテトチップスも値上げ

      原材料の油、じゃがいもの価格高騰により、ポテトチップスを含むじゃがいもを使用したスナック菓子の「ステルス値上げ」を実施しています。

      ポテトチップスの内容量が減っていると感じるのは、値上げによるものかもしれません。


      カルビー ※2022年8月14日一部追記

      • 対象商品
        • ポテトチップス
        • じゃがりこ
        • かっぱえびせん、サッポロポテト、ベジたべるなど
      • 改定時期
        • 2022年1月24日から順次(ポテトチップス、じゃがりこ
        • 2022年6月1日納品分より順次(かっぱえびせん、サッポロポテト、ベジたべるなど
      • 改定内容
        • 内容量変更、価格改定(10%程度)
          (かっぱえびせん、サッポロポテト、ベジたべるなど)
        • 価格改定(10%~20%程度)
          じゃがポックル、ポテトチップスクリスプなど
      • 発表ページ:その他詳細(カルビー株式会社)2021年10月2日発表分 、2022年3月29日発表分2022年5月10日発表分


      カルビーは、9月以降も順次価格改定を行うと発表がありました。

      • 対象商品
        • スナック菓子、シリアル商品 85品
          (ポテトチップス、じゃがりこなど)
        • おみやげ商品 37品
        • カルビープラス商品 26品
      • 改定時期
        • 2022年9月1日納品分より順次
      • 改定内容
        • スナック菓子、シリアル商品 想定改定率10%~20%程度
        • おみやげ商品 想定改定率5%~20%程度
        • カルビープラス商品 改定率5~15%程度
        • その他 内容量変更
      • 発表ページ:その他詳細(カルビー株式会社)


      エネルギーや原材料価格の高騰を吸収すべく取り組んできたが、自助努力のみでは極めて困難な状況が続くとし、再度11月にも価格改定を行います。

      • 対象商品
        • かっぱえびせん 12品
        • サッポロポテト 8品
        • おさつスナック 2品
        • ベジたべる 3品
        • さやえんどう 3品
        • やみつきもろこし 2品
      • 改定時期
        • 2022年11月1日(火)納品分より順次
      • 改定内容
        • 想定改定率10%~20%程度
      • 発表ページ:その他詳細(カルビー株式会社)




      コイケヤ ※2022年7月20日一部追記

      • 対象商品
        • ポテトチップス系製品各種
      • 改定時期
        • 2022年2月1日から順次
      • 改定内容
        • 6%-11%値上げ
      • 発表ページ:その他詳細(コイケヤ)
      コイケヤは、9月以降も順次価格改定を続けると発表しました。
      • 対象商品
        • ポテトチップス系製品
          (カラムーチョ、すっぱムーチョなど)
      • 改定時期
        • 2022年9月1日から順次
      • 改定内容
        • 想定価格・規格改定率4~9%程度
      • 発表ページ:その他詳細(コイケヤ)

      ・チョコレート

      カカオ豆、砂糖、全粉乳、小麦などの輸入原材料価格の上昇や、円安の進行で価格改定となっています。

      ネスレ日本 ※2022年5月17日追記

      • 対象商品
        • キットカットミニ、ネスレエアロミニ、ネスレクランチミニ
      • 改定時期
        • 2022年6月15日(水)発売分より
          内容量変更:キットカットミニ、ネスレエアロミニ、ネスレクランチミニ
        • 2022年7月1日(金)納品分より
          価格改定:キットカットミニ12枚、バラエティアソート146g
      • 改定内容
        • キットカットミニ 14枚→13枚
        • キットカットミニ オトナの甘さ 13枚→12枚
        • キットカットミニ オトナの甘さ 濃い抹茶 12枚→11枚
        • キットカットミニ 全粒粉ビスケットin 12枚→11枚
        • キットカットミニ オトナの甘さ ストロベリー 12枚→11枚
        • キットカットミニ ショコラオレンジ 9枚→8枚
        • キットカットミニ チーズケーキ味 9枚→8枚
        • キットカットミニ まるごとハイカカオ+(プラス) 12枚→11枚
        • ネスレ エアロ ミニ 81g→72g
        • ネスレ クランチ ミニ 82.8g→73.6g
        • キットカットミニ 12枚 324円→356円
        • バラエティアソート 378円→416円
      • 発表ページ:その他詳細(ネスレ日本株式会社)

      ・アイス

      森永製菓 ※2022年5月19日追記


      明治 ※2022年5月31日追記

      • 対象商品
        • 市販用アイスクリーム 21品
      • 改定時期
        • 2022年6月1日(水)出荷分より
      • 改定内容
        • 希望小売価格6.7%~8.6%
      • 発表ページ:その他詳細(株式会社明治)


      森永乳業 ※2022年5月31日追記

      • 対象商品
        • 家庭用アイス 17品
          (ピノ、パルム、モウ、など)
      • 改定時期
        • 2022年6月1日(水)出荷分より
      • 改定内容
        • 改定額 10円~30円
        • 価格改定率 5.5%~11.1%
      • 発表ページ:その他詳細(森永乳業株式会社)


      ロッテ ※2022年5月31日追記

      • 対象商品
        • 市販用アイスクリーム 49品
          (爽、雪見だいふく、モナ王、など)
        • アイス自動販売機商品 9品
          (モナ王、レディーボーデン、など)
      • 改定時期
        • 2022年6月1日出荷分より
          (市販用アイスクリーム一部商品、アイス自動幅域商品)
        • 2022年7月1日出荷分より
          (市販用アイスクリーム一部商品)
      • 改定内容
        • 改定率5.5%~8.7%
      • 発表ページ:その他詳細(株式会社ロッテ)


      赤城乳業 ※2022年7月20日追記

      • 対象商品
        • アイスクリーム一部商品 29品目
          (赤城しぐれ、など)
      • 改定時期
        • 2022年9月1日出荷分より 19品目
        • 2022年10月1日出荷分より 10品目
      • 改定内容
        • 希望小売価格10円~30円値上げ
      • 発表ページ:その他詳細(赤城乳業株式会社)
      • 備考:
        赤城乳業を代表する「ガリガリ君 70円(税別)」の価格は据え置きます。


      井村屋 ※2022年7月20日追記



      ・菓子類

      森永製菓 ※2022年5月19日追記

      • 対象商品
        • 菓子50品
      • 改定時期
        • 2022年5月3日 発売分より
          キャラメル各種
        • 2022年6月1日 出荷分より
          森永ビスケット各種
          ミニエンゼルパイ<バニラ>
          小麦胚芽のクラッカー
          全粒粉仕立てのビスケット
          マクロビ派 各種
          マンナ 各種
          パックンチョおやつパック
        • 2022年7月1日 出荷分より
          カレ・ド・ショコラ 各種
          小枝<ミルク>
          ハイチュウ 各種
          ハイチュウプレミアム 各種
          大粒ラムネ 各種
          おっとっと 各種
          ポテロング<しお味>
        • 2022年7月12日 発売分より
          チョコボール各種
          ラムネ各種
      • 改定内容
        • 出荷価格 約3%~11%
      • 発表ページ:その他詳細(森永製菓株式会社)


      ロッテ ※2022年7月20日一部追記

      • 対象商品
        • 市販用菓子(価格改定15品、内容量変更5品)
      • 改定時期
        • 2022年7月5日(火)発売分より
      • 改定内容
        • 出荷価格に対し約3~9%の価格改定
          (チョコレート11品、ビスケット4品)
        • 2.6%~6.8%の内容量減
          (コアラのマーチなどチョコレート5品)
      • 発表ページ:その他詳細(株式会社ロッテ)


      ロッテは、9月以降の価格改定実施も発表しました。

      • 対象商品
        • 市販用菓子 74品
      • 改定時期
        • 2022年9月1日(木)出荷分より
          市販用菓子(価格改定47品)
        • 2022年9月6日(火)~10月11日(火)発売分より
          市販用菓子(価格改定24品、内容量変更3品)
      • 改定内容
        • 出荷価格に対し約4~17%の価格改定
          (ガム、チョコレート、キャンディ、ビスケットなど)
        • 4.2%~7.3%の内容量減
          (チョコレート、キャンディなど)
      • 発表ページ:その他詳細(株式会社ロッテ)


      不二家 ※2022年6月11日追記


      カンロ ※2022年7月7日追記

      • 対象商品
        • 飴、グミ(マシュマロ含む)
      • 改定時期
        • 飴:2022年9月1日(木)出荷分より順次
        • グミ(マシュマロ含む):2022年10月1日(土)出荷分より順次
      • 改定内容
        • 改定率 メーカー希望小売価格3~10%程度の値上げ
      • 発表ページ:その他詳細(カンロ株式会社)


      アサヒグループ ※2022年7月20日追記

      • 対象商品
        • 菓子
        • フリーズドライ商品
        • カップスープ
        • 健康食品
        • ベビー関連商品
        • シニア関連商品
        • サプリメント類
        • 美容食品
      • 改定時期
        • 2022年10月1日
          菓子・フリーズドライ商品・カップスープ・健康食品など
          (ミンティア、アマノフーズ、1本満足バーなど)
        • 2022年11月1日
          ベビー関連商品・シニア関連商品・サプリメント類・美容食品など
          (和光堂、バランス献立、ディアナチュラなど)
      • 改定内容
        • 希望小売価格を約2~13%引き上げ
      • 発表ページ:その他詳細(アサヒグループ食品株式会社)


      グリコ ※2022年7月20日追記

      • 対象商品
        • 菓子 24ブランド84品目
        • 冷菓 8ブランド27品目
        • チルド食品・飲料類・ベビー用食品 6ブランド38品目
        • スポーツサプリメント類 1ブランド8品目
      • 改定時期
        • 2022年8月23日(火)、9月1日(木)、9月5日(月)、9月6日(火)、9月13日(火)、10月1日(土)からの各出荷分より順次
      • 改定内容
        • 価格改定
          菓子 3~11%
          冷菓 6~9%
          チルド食品、飲料類、ベビー用食品 3~12%
          スポーツサプリメント類 7~24%
        • 内容量変更
          菓子 3~11%
      • 発表ページ:その他詳細(江崎グリコ株式会社)


      おやつカンパニー ※2022年8月15日追記

      • 対象商品
        • ベビースターラーメン、ベビースタードデカイラーメン、ベビースターラーメン丸、ベビースターラーメンおつまみ、くちどけ小路サクまろ、ラスティータ、ポテト丸、素材市場 各種
      • 改定時期
        • 2022年8月1日より順次
      • 改定内容
        • 価格改定 想定改定率4%~15%程度
          (ベビースターラーメン、ベビースタードデカイラーメン、ベビースターラーメン丸、ベビースターラーメンおつまみ、くちどけ小路サクまろ、ラスティータ、ポテト丸、素材市場 各種)
        • 内容量変更 改定率約5%~10%程度
          (ベビースターラーメン(チキン味)5連、ベビースターラーメン丸(チキン味)4連、プラレールベビースターラーメン丸(チキン味)4連、ポテト丸(うすしお味)4連、ベビースターラーメンスリムパック各種、ブタメン各種、宅バル各種)
      • 発表ページ:その他詳細(株式会社おやつカンパニー)


      チロルチョコ ※2022年8月31日追記

      • 対象商品
        • チロルチョコ
          (コーヒーヌガー、ミルク、ホワイト&クッキー、ザクチロ、ミルクヌガー)
      • 改定時期
        • 2022年9月5日(月)より
      • 改定内容
        • 20円(税抜参考価格)→23円(税抜参考価格)など
      • 発表ページ:その他詳細(チロルチョコ株式会社)


      ・飲料

      飲料メーカーだけでなく、食品メーカーも、ジュース・お茶・コーヒーなどの飲料の値上げを発表しています。

      炭酸飲料ではコーラやファンタ、スプライト。

      アクエリアスを筆頭に、スポーツ飲料の価格も上がります。

      その他、コーヒー、カフェオレ、野菜ジュースなど、ジャンル問わず飲料全体の値上げです。


      コカ・コーラ


      コカ・コーラは10月にも価格改定を行うと発表しました。(2022年7月8日追記)


      ネスカフェ

      • 対象商品
        • 家庭用及び業務用の「ネスカフェ」レギュラーソリュブルコーヒー製品
        • 「ネスカフェ ドルチェ グスト」専用カプセルの一部製品
        • 「スターバックス®」家庭用レギュラーコーヒー製品
        • プレミアム ソリュブル製品
      • 改定時期
        • 2022年1月1日から順次
      • 改定内容
        • 10~20%値上げ
      • 発表ページ:その他詳細(ネスレ日本)


      キッコーマン


      森永乳業 ※2022年8月14日一部追記

      • 対象商品
        • 「マウントレーニア」シリーズ 8品
      • 改定時期
        • 2022年2月7日
      • 改定内容
        • 5.9%-6.7%値上げ
      • 発表ページ:その他詳細(森永乳業)
      • 備考:森永製菓は「ミルクキャラメル」など菓子50品を値上げすると、3月15日に発表し、5月31日から出荷価格を約3~11%を引き上げ6月1日の出荷分から森永ビスケットシリーズの「マリー」など7月1日出荷分から「小枝〈ミルク〉」や「ハイチュウ〈グリーンアップル〉」7月12日発売分から「チョコボール〈ピーナッツ〉」


      9月にも価格改定をする商品があります。

      • 対象商品
        • サンキスト
      • 改定時期
        • 2022年9月1日(木)出荷分より
      • 改定内容
        • 希望小売価格 100円/本→105円/本
      • 発表ページ:その他詳細(森永乳業)


      大塚食品 ※2022年8月31日一部追記

      • 対象商品
        • クリスタルガイザー 2品
      • 改定時期
        • 2022年4月1日(金)納品分より
      • 改定内容
        • クリスタルガイザー アルパインスプリングウォーター500mlペットボトル
          希望小売価格100円(税別)→110円(税別)
        • クリスタルガイザー アルパインスプリングウォーター700mlペットボトル
          希望小売価格100円(税別)→120円(税別)
      • 発表ページ:その他詳細(大塚食品株式会社)


      大塚食品は10月にも再度の価格改定を行います。

      • 対象商品
        • 飲料製品 18品目
      • 改定時期
        • 2022年10月1日(土)納品分より
      • 改定内容
        • クリスタルガイザー 500mlペットボトル
          希望小売価格110円(税別)→129円(税別) など
      • 発表ページ:その他詳細(大塚食品株式会社)


      サントリー ※2022年5月19日追記


      伊藤園 ※2022年6月11日追記

      • 対象商品
        • 茶葉製品
          • 紙パック飲料製品
        • 改定時期
          • 2022年7月1日(金)出荷分より
        • 改定内容
          • 一部製品を除くリーフ製品(ティーバッグ茶・顆粒茶・抹茶)のメーカー希望小売価格および出荷価格を +5~12%改定
          • 一部製品を除く茶系・野菜系等の紙パック飲料製品のメーカー希望小売価格および出荷価格を +10%改定
          • 一部製品を除くペットボトルまたは缶の野菜飲料製品のメーカー希望小売価格および出荷価格を +4~8%改定
          • 一部製品を除く缶コーヒー製品のメーカー希望小売価格および出荷価格を +6~9%改定
          • 輸入ミネラルウォーター製品のメーカー希望小売価格および出荷価格を +12~15%改定
        • 発表ページ:その他詳細(伊藤園)


        宝酒造 ※2022年8月31日一部追記

        • 対象商品
          • 焼酎甲類(連続式蒸留焼酎)全アイテム
          • ソフトアルコール飲料のうち、下記アイテム
            ・タカラ「焼酎ハイボール」350ml缶、500ml缶 全アイテム
            ・「宝焼酎のやわらかお茶割り」335ml缶、480ml缶
            ・「宝焼酎の濃いお茶割り~カテキン2倍~」335ml缶
            ・「宝焼酎の烏龍割り」335ml缶、480ml缶、500mlペット
          • その他
            ・しぶぬき職人47° 360ml壜、600ml壜
            ・「寶スピリッツ」65% 600ml壜
            ・寶スピリッツ~強炭酸レモンサワー用~65% 600ml壜
          • 改定時期
            • 2022年6月1日出荷分より
          • 改定内容
            • 参考小売価格 1~8%程度の引き上げ
          • 発表ページ:その他詳細(宝酒造株式会社)


          あらゆるコストが上昇しているとして、宝酒造は10月にも再び価格改定を行うと発表しました。

          • 対象商品
            • 焼酎 全アイテム
            • 清酒 全アイテム
            • ソフトアルコール飲料 全アイテム
            • 本みりん 全アイテム
            • 料理清酒 全アイテム
            • 輸入酒 中国種・洋酒の一部商品
          • 改定時期
            • 2022年10月1日(土)出荷分より実施
          • 改定内容
            • 焼酎 価格改定率1%~7%
            • 清酒 価格改定率1%~11%
            • ソフトアルコール飲料 価格改定率4%~10%
            • 本みりん 価格改定率2%~12%
            • 料理清酒 価格改定率2%~7%
            • 輸入酒 中国種・洋酒の一部商品 価格改定率2%~9%
          • 発表ページ:その他詳細(宝酒造株式会社)



          メルシャン ※2022年5月31日追記

          • 対象商品
              • ワイン 約300品目
              • 焼酎 甲類焼酎44品目
            • 改定時期
              • 2022年7月1日(金)お届け分より
            • 改定内容
              • ワイン:参考小売価格1,000円以上の商品について8~10% ※一部例外あり
              • 焼酎:甲類焼酎について3~7% ※甲乙混和焼酎および乙類焼酎は、価格改定対象外
            • 発表ページ:その他詳細(メルシャン株式会社)


            サッポロビール ※2022年6月11日追記

            • 対象商品
                • 甲類乙類混和焼酎 全7アイテム
                • 輸入ワイン 全105アイテム
              • 改定時期
                • 2022年7月1日売上分より
              • 改定内容
                • 甲類乙類混和焼酎:参考小売価格ベースで1.4~1.9%の改定
                • 輸入ワイン:参考小売価格ベースで1.6~49.8%の改定
              • 発表ページ:その他詳細(サッポロビール株式会社)


              明治 ※2022年5月31日追記

              プロテイン飲料や、子ども向けの明治それいけ!アンパンマンシリーズの飲み物が値上げします。


              日清ヨーク ※2022年6月8日追記


              ダイドードリンコ ※2022年7月7日追記


              オノエングループ ※2022年7月7日追記


              アサヒ飲料 ※2022年7月8日追記

              • 対象商品
                  • PETボトル・コンク・ボトル缶・缶商品
                    (三ツ矢、カルピス、ウィルキンソン、アサヒ十六茶など)
                • 改定時期
                  • 2022年10月1日出荷分から
                • 改定内容
                  • メーカー小売希望価格 約4%~16%引き上げ
                • 発表ページ:その他詳細(アサヒ飲料株式会社)


                キリンビバレッジ ※2022年7月8日追記

                • 対象商品
                    • ペットボトル入り商品およびボトル缶入り商品
                      (午後の紅茶、生茶、キリンレモンなど)
                  • 改定時期
                    • 2022年10月1日(土)出荷分より
                  • 改定内容
                    • メーカー消費税抜き希望小売価格を+6~25%改定
                  • 発表ページ:その他詳細(キリンビバレッジ株式会社)


                  キリンビール ※2022年7月8日追記

                  • 対象商品
                      • ビール類(キリン一番搾り生ビール、淡麗グリーンラベルなど)
                      • RTD(氷結など)
                      • その他樽詰商品(樽詰サワーなど)
                      • ノンアルコール飲料(キリン零ICHIなど)
                      • 輸入洋酒(ジョニーウォーカーブラックラベル12年など)
                    • 改定時期
                      • 2022年10月1日(土)出荷分から
                    • 改定内容
                      • 不明(オープン価格)
                    • 発表ページ:その他詳細(キリンビール株式会社)


                    キーコーヒー ※2022年7月21日追記


                    ポッカサッポロフード&ビバレッジ ※2022年8月15日追記


                    UCC上島珈琲 ※2022年8月31日追記

                    • 対象商品
                        • レギュラーコーヒー製品の一部
                        • 飲料製品の一部
                      • 改定時期
                        • 2022年9月1日出荷分より:レギュラーコーヒー製品の一部
                        • 2022年10月1日出荷分より:飲料製品の一部
                      • 改定内容
                        • 小売店の実質店頭価格 約7~20%程度上昇する見込み
                      • 発表ページ:その他詳細(UCC上島珈琲株式会社
                      • 備考:
                        全国の直営の挽き売りコーヒー店についても、レギュラーコーヒー主要アイテムの販売価格を改定する


                      霧島酒造 ※2022年8月31日追記

                      • 対象商品
                          • 芋焼酎 計16銘柄
                        • 改定時期
                          • 2022年9月1日(木)出荷分から
                        • 改定内容
                          • メーカー希望小売価格(税抜)を2~11%程度引き上げ
                            ※主力商品の「黒霧島」は8%程度引き上げ
                        • 発表ページ:その他詳細(霧島酒造株式会社


                        大塚製薬 ※2022年8月31日追記

                        • 対象商品
                            • オロナミンCドリンク
                            • ファイブミニ
                            • ファイブミニプラス
                          • 改定時期
                            • 2022年11月1日(火)出荷分より
                          • 改定内容
                            • メーカー希望小売価格を+14%
                          • 発表ページ:その他詳細(大塚製薬株式会社)


                          月桂冠 ※2022年8月31日追記

                          • 対象商品
                              • 日本酒、リキュール、輸入酒類 他 約150品目
                            • 改定時期
                              • 2022年11月1日出荷分より
                            • 改定内容
                              • 約3~14%の価格引き上げ
                            • 発表ページ:その他詳細(月桂冠株式会社)


                            不二家 ※2022年8月31日追記


                            ネスレ日本 ※2022年8月31日追記

                            • 対象商品
                                • 一部の飲料製品
                                • コーヒーメーカー
                              • 改定時期
                                • 2022年9月1日(木)納品分より
                              • 改定内容
                                • 飲料製品 約9~27%
                                • コーヒーメーカー 約17%~35%
                              • 発表ページ:その他詳細(ネスレ日本株式会社)


                              ・栄養食品

                              明治 ※2022年5月31日追記

                              • 対象商品
                                  • 栄養食品 11品
                                  • スポーツ栄養(粉末プロテイン) 26品
                                • 改定時期
                                  • 栄養食品 2022年5月1日(日)出荷分より
                                  • スポーツ栄養 2022年6月1日(水)製造分より順次
                                • 改定内容
                                  • 栄養食品 希望小売価格 6.5%
                                  • スポーツ飲料 内容量変更 3.0~12.7%の減量
                                • 発表ページ:その他詳細(株式会社明治)


                                アサヒグループ食品 ※2022年8月15日追記

                                • 対象商品
                                    • 菓子・フリーズドライ商品・カップスープ・健康食品など
                                      (ミンティア、アマノフーズ、1本満足バー など)
                                    • ベビー関連商品・シニア関連商品・サプリメント類・美容食品など
                                      (和光堂、バランス献立、ディアナチュラなど)
                                  • 改定時期
                                    • 2022年10月1日:菓子・フリーズドライ商品・カップスープ・健康食品など
                                    • 2022年11月1日:ベビー関連商品・シニア関連商品・サプリメント類・美容食品など
                                  • 改定内容
                                    • 希望小売価格を約2~13%引き上げ
                                  • 発表ページ:その他詳細(アサヒグループ食品株式会社)


                                  雪印メグミルク ※2022年8月31日追記


                                  飲食店

                                  外食産業も大変なのよね

                                  食料品の価格高騰は、家庭だけでなく飲食店にも多大な影響を及ぼしています。

                                  コロナ禍によりテイクアウトの利用が増えた今、飲食店の値上げも見過ごせません。

                                  ・マクドナルド

                                  バーガーチェーン王者「マクドナルド」でも、3月14日から13品目が10~20円値上げされました。

                                  お手頃さが人気なだけに、主力商品の値上げはショックを隠せません。

                                  • 対象商品
                                    • ハンバーガー、チーズバーガー、チキンクリスプ、マックシェイクなど13品
                                  • 改定時期
                                    • 2022年3月14日
                                  • 改定内容
                                    • 約3%-18%値上げ
                                  • 発表ページ:その他詳細(マクドナルド)

                                  ・ミスタードーナツ

                                  ミスタードーナツでも3月1日(火)より、ドーナツ・パイ・マフィンの値上げを実施しています。

                                  値上げ幅は10円ですが、「ドーナツポップ」のみ、最大50円の価格引き上げとなります。

                                  • 対象商品
                                    • ポンデリング、オールドファッション、ハニーディップ、フレンチクルーラーなど33品
                                  • 改定時期
                                    • 2022年3月1日
                                  • 改定内容
                                    • 約5%-約8%値上げ
                                  • 発表ページ:その他詳細(ミスタードーナツ)

                                  ・丸亀製麺

                                  1月12日以降、丸亀製麺の一部うどん・天ぷらの価格が改定されました。

                                  値上げが苦しいものですが、看板商品の「釜揚げうどん」だけは、据え置き価格の(並)290円で提供しています。

                                  さらに、天ぷらメニューからも「ちくわ磯部天(70円)」「えび天(160円)」の2品は、値上げ後も据え置き価格での提供です。

                                  • 対象商品
                                    • かけうどん、ぶっかけうどん、ざるうどんなど8品
                                  • 改定時期
                                    • 2022年1月12日
                                  • 改定内容
                                    • 約5%-約7%値上げ
                                  • 発表ページ:その他詳細(丸亀製麺)


                                  ・はなまるうどん

                                  丸亀製麺に続き、はなまるうどんでも2月24日から値上げを実施。

                                  値上げは実施する商品は一部で、もっともお手頃な「かけ(小)」は240円と値段を変えずに提供します。


                                  ・ローソン ※2022年8月14日一部追記

                                  原材料の価格高騰は、コンビニの商品も影響を及ぼしています。

                                  ローソンでは、3月8日からサンドイッチ・サラダ・おにぎりを合わせた約50品が、2~14%へ価格が引き上げとなりました。

                                  • 対象商品
                                    • おにぎり、寿司、調理麺、調理パン、サラダの一部商品
                                  • 改定時期
                                    • 2022年3月8日
                                  • 改定内容
                                    • 約2%-約14%値上げ
                                  • 発表ページ:その他詳細(ローソン)


                                  ローソンのMACHI café(マチカフェ)の一部商品も、8月より値上げとなります。

                                  • 対象商品
                                    • マチカフェの一部商品
                                  • 改定時期
                                    • 2022年8月2日(火)
                                  • 改定内容
                                    • 税込価格で10%~約23%の価格改定
                                  • 発表ページ:その他詳細(ローソン)


                                  ・セブンイレブン ※2022年6月11日追記

                                  コンビニ業界大手のセブンイレブンでも、3月2日からサンドイッチの値上げを行いました。

                                  中には、商品の名前やパッケージを変えて、値上げを実施しているものもあります。

                                  コンビニ業界では、内容量を減らす「ステルス値上げ」が主流だっただけに、商品価格の改定は家計にも影響を与えることになりそうです。

                                  また、セブンカフェの一部商品について価格改定を行うことが6月に発表されました。

                                  ・ファミリーマート ※2022年7月21日一部追記

                                  原材料高騰および為替の影響もあるため、4月5日(火)より、ホットスナック一部商品の価格を改定です。

                                  ファミチキはしばらく価格を据え置き、今後価格改定を行う予定だそうです。

                                  • 対象商品
                                    • クリスピーチキンやファミコロなどホットスナックの一部商品 
                                  • 改定時期
                                    • 2022年4月5日
                                  • 改定内容
                                    • 約3%-約12%値上げ
                                  • 発表ページ:その他詳細(ファミリーマート)
                                  • 備考:
                                    今後価格改定を行う予定の商品
                                    ・おむすび、弁当、調理パン、サラダ、調理麺などの一部商品
                                    ・売価(税込)で1%~15%の価格改定


                                  ファミリーマートでは夏以降も価格改定を行うと発表がありました。

                                  • 対象商品
                                    • ファミチキ
                                  • 改定時期
                                    • 2022年8月23日(火)
                                  • 改定内容
                                    • ファミチキ180円→198円(税込)
                                  • 発表ページ:その他詳細(ファミリーマート)
                                  • 備考:今後価格改定を行う予定の商品
                                    おむすび、弁当、寿司、サンドイッチ、ロールパン、そば、うどん、中華めん、パスタ、惣菜、パン、デザートなどの一部にて、売価(税込)で1%~17%程度の価格改定


                                  ・ローソン ※2022年5月31日追記

                                  発売以来36年の間、製造方法の工夫などで一度も値上げせずにきた「からあげクン」ですが、原材料価格の高騰などで値上げに踏み切ります。

                                  • 対象商品
                                    • からあげクン
                                  • 改定時期
                                    • 2022年5月31日(火)
                                  • 改定内容
                                    • 216円(税込)→238円(税込)
                                      改定率10%
                                  • 発表ページ:その他詳細(株式会社ローソン)
                                  • 備考:この先、「フライドフーズ」「まちかど厨房」「日配食品」の一部商品において、税込売価でおよそ6%程度の価格改定を行う予定。


                                  ・セイコーマート ※2022年7月7日追記

                                  • 対象商品
                                    • Secoma100%ジュース各種
                                    • HOT CHEFブランドのおにぎり各種
                                  • 改定時期
                                    • 2022年7月4日(月)
                                  • 改定内容
                                    • Secoma100%ジュース 各種 200ML/1L(紙パック入り)  改定率 平均7.5%
                                    • HOT CHEFおにぎり各種 改定率平均6%
                                  • 発表ページ:その他詳細(株式会社セコマ)

                                  コージーコーナー

                                  洋菓子店「コージーコーナー」では、3月1日(火)から、生菓子11品、焼き菓子7品の値上げを実施しました。

                                  小麦やバターの高騰は、洋菓子店へ一般家庭だけでなく、洋菓子店へも影響しています。

                                  苺のショートケーキ:税抜420円→税抜430円

                                  エクレア:税抜120円→税抜125円

                                  バターマドレーヌ:税抜80円→税抜83円

                                  ※上記の値上げ商品は一部です

                                  ・スターバックス コーヒー ※2022年3月25日追記

                                  コーヒー豆やその他の原材料の価格高騰、物流にかかるコストの値上げにより、2020年4月13日から価格の改定を行うようです。

                                  • 対象商品
                                    • 定番のコーヒー豆、およびコーヒー、ラテ、フラペチーノ®をはじめとする定番ビバレッジ 
                                  • 改定時期
                                    • 2022年4月13日
                                  • 改定内容
                                    • 定番のコーヒー豆を約90円~300円程度、定番のビバレッジを約10円~55円程度
                                  • 発表ページ:その他詳細(スターバックス)

                                  植物性ミルクを使ったソイ ラテ、アーモンドミルク ラテ、オーツミルク ラテは値下げを予定しています。


                                  ・鳥貴族 ※2022年3月31日追記

                                  焼き鳥居酒屋チェーン「鳥貴族」は、4月28日より全店にて価格の改定をします。

                                  ・スシロー ※5月18日追記

                                  • 対象商品
                                    • 郊外型店舗の商品(黄皿、赤皿、黒皿)
                                  • 改定時期
                                    • 2022年10月1日
                                  • 改定内容
                                    • 黄皿 110円(税込)→120円(税込)
                                    • 赤皿 165円(税込)→180円(税込)
                                    • 黒皿 330円(税込)→360円(税込)
                                  • 発表ページ:その他詳細(株式会社あきんどスシロー)
                                  • 備考:各店舗の適用区分(郊外型、準都市型、都市型)と価格改定の詳細は、9月初旬ころに発表予定。


                                  ・ケンタッキーフライドチキン ※2022年6月11日追記

                                  • 対象商品
                                    • 一部商品
                                  • 改定時期
                                    • 2022年6月1日(水)
                                      セット、ボックスメニュー
                                    • 2022年7月6日(水)
                                      「オリジナルチキン」、パック、サイドメニューなど
                                  • 改定内容の一例
                                    • チキンフィレサンドセット 700円→740円
                                    • オリジナルチキン4ピースパック 1,290円→1,390円 など
                                  • 発表ページ:その他詳細(日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社)
                                  • 備考:ケンタランチ(毎日10時から16限定)における「500円メニュー」や、「とりの日パック(1,000円)」(毎月28日限定)は価格変更なし


                                  ・モスバーガー ※2022年7月20日追記

                                  • 対象商品
                                    • メニュー価格の一部変更
                                  • 改定時期
                                    • 2022年7月13日(水)
                                  • 改定内容の一例
                                    • モスバーガー 390円→410円
                                    • タリヤキバーガー 380円→400円 など
                                  • 発表ページ:その他詳細(モスバーガー)
                                  • 備考:
                                    7月13日以前に購入・発行されたチケットやクーポンの取り扱いは発表ページにて確認してください。


                                  ・カレーハウスCoCo壱番屋 ※2022年6月11日追記

                                  • 対象商品
                                    • カレーソース
                                    • 肉類のトッピング
                                  • 改定時期
                                    • 2022年6月1日(水)
                                  • 改定内容
                                    • +11円~+33円
                                  • 発表ページ:その他詳細(株式会社壱番屋)
                                  • 備考:もっとマイカレーやサラダを楽しめるよう、価格改定と同時に新しいメニューバリエーションを展開します。


                                  ・やよい軒 ※2022年6月11日追記

                                  • 対象商品
                                    • 一部商品
                                  • 改定時期
                                    • 2022年6月1日(水)
                                  • 改定内容
                                    • ビーフカットステーキ定食 990円→1,090円 など
                                  • 発表ページ:その他詳細(やよい軒)


                                  ・ほっともっと ※2022年6月11日追記

                                  • 対象商品
                                    • 一部商品
                                  • 改定時期
                                    • 2022年6月1日(水)
                                  • 改定内容
                                    • カットステーキ重 590円→640円 など
                                  • 発表ページ:その他詳細(HottoMotto)


                                  ・天丼てんや ※2022年6月11日追記


                                  ・ロイヤルホスト ※2022年6月11日追記


                                  ・かつや ※2022年7月21日追記

                                  • 対象商品
                                    • カツ丼(梅)、ヒレカツ丼、特カツ丼、ロースカツ定食、ヒレカツ定食、とん汁定食(ロース)、カツカレー(梅)
                                  • 改定時期
                                    • 2022年7月22日(金)
                                  • 改定内容
                                    • カツ丼(梅) 税込539円→税込み572円
                                    • ヒレカツ丼 税込759円→税込825円 など
                                  • 発表ページ:その他詳細(株式会社かつや)
                                  • 備考:
                                    券売機設置店舗は価格が異なります。


                                  ・ガスト、バーミヤン、しゃぶ葉、ジョナサン、ステーキガスト ※2022年7月21日追記

                                  原材料価格や物流費等の高騰を受け、やむを得ず価格改定に踏み切ります。

                                  また、地域ごとにマーケット状況が異なることから、ガストとバーミヤンでは地域別価格が導入されるようになります。

                                  • 対象商品
                                    • すかいらーくグループ商品全体の約5割
                                  • 改定時期
                                    • ガスト 2022年7月28日~
                                    • バーミヤン 2022年7月21日~
                                    • しゃぶ葉 2022年7月14日~
                                    • ジョナサン 2022年7月28日~
                                    • ステーキガスト 2022年7月21日~
                                  • 改定内容
                                    • ガスト
                                      都市型 平均約6%の価格改定
                                      その他地域 平均約3%の価格改定
                                    • バーミヤン
                                      関東圏 平均約6%の価格改定
                                      その他地域 平均約3%の価格改定
                                    • しゃぶ葉
                                      平均約5%の価格改定
                                    • ジョナサン
                                      平均約5%の価格改定
                                    • ステーキガスト
                                      平均約5%の価格改定
                                  • 発表ページ:その他詳細(株式会社すかいらーくホールディングス)


                                  ・銀座コージーコーナー ※2022年8月15日追記


                                  ・日高屋 ※2022年8月31日追記

                                  • 対象商品
                                    • グランドメニュー
                                  • 改定時期
                                    • 2022年8月26日(金)より
                                  • 改定内容
                                    • 10円~50円
                                  • 発表ページ:その他詳細(株式会社ハイディ日高)
                                  • 備考
                                    • 中華そばの価格は据え置きで390円(税込)
                                    • めん類とご飯の大盛分は値下げ(▲10円~▲30円)


                                  ・デニーズ ※2022年8月31日追記


                                  日用品

                                  ないと困るもの

                                  家計へ影響を与えるのは、食料品だけではありません。

                                  紙製品を含む、さまざまな日用品も値上げの動きとなっています。

                                  ・ティッシュ、ペーパータオル、トイレットペーパー

                                  花粉症の季節に欠かせないティッシュも、消費量が増えるこのタイミングで10%以上の値上げです。

                                  コロナ禍で売上が伸びたペーパータオルも、同じく価格が上がっています。

                                  トイレットペーパーの価格も引き上げとなります。

                                  買わないわけにはいかない紙製品、値上げによる影響は厳しいものとなりそうです。

                                  日本製紙クレシア

                                    • 対象商品
                                      • フェイシャルティシュー、トイレットロール、ペーパータオル他、家庭紙製品全品
                                    • 改定時期
                                      • 2022年4月1日(金)出荷分より
                                    • 改定内容
                                      • 現行価格の10%以上
                                    • 発表ページ:その他詳細(日本製紙クレシア)


                                    大王製紙(エリエール)

                                    • 対象商品
                                      • ティシュー、トイレットペーパー、キッチンタオル他、家庭紙製品全品
                                    • 改定時期
                                      • 2022年3月22日(火)出荷分より
                                    • 改定内容
                                      • 現行価格より+15%以上
                                    • 発表ページ:その他詳細(大王製紙)


                                    ・紙おむつ

                                    花王 メリーズ ※2022年5月17日追記

                                    • 対象商品
                                      • 「メリーズ さらさらエアスルー」
                                        新生児用、Sサイズ、Mサイズ
                                      • 「メリーズパンツ さらさらエアスルー」
                                        Sサイズ、Mサイズ、Lサイズ、ビッグサイズ、ビッグより大きいサイズ
                                    • 改定時期
                                      • 2022年4月1日(金)出荷分より
                                    • 改定内容
                                      • 現行より+約10%
                                    • 発表ページ:その他詳細(花王株式会社)


                                    ・洗剤

                                    小林製薬 ※2022年8月14日追記

                                    • 対象商品
                                      • ブルーレット トイレ洗浄中
                                      • コリホグス
                                    • 改定時期
                                      • 2022年10月4日(火)出荷分より
                                    • 改定内容
                                      • ブルーレット トイレ洗浄中 現行価格から11%の値上げ
                                      • コリホグス 現行価格から6%の値上げ
                                    • 発表ページ:その他詳細(小林製薬株式会社)


                                    ・文房具

                                    コクヨ ※2022年7月7日追記

                                    • 対象商品
                                      • ノート製品、ファイル製品、文具製品 35品目 8,205品番
                                    • 改定時期
                                      • 2022年8月1日(月)
                                    • 改定内容
                                      • 改定率 約10%
                                    • 発表ページ:その他詳細(コクヨ株式会社

                                    三菱鉛筆 ※2022年7月20日追記


                                    ・照明器具

                                    パナソニック ※2022年5月17日追記

                                    • 対象商品
                                      • 照明器具、蛍光灯
                                    • 改定時期
                                      • 2022年4月1日 照明器具、蛍光灯
                                      • 2022年10月1日 ツイン蛍光灯
                                    • 改定内容
                                      • 照明器具
                                        ・住宅(シーリングライトなど) 平均改定率約5%
                                        店舗(ダウンライトなど) 平均改定率約10%
                                        ・施設(ベースライトなど) 平均改定率約5%
                                        ・防災(非常灯・誘導灯など) 平均改定率約5%
                                        ・屋外(防犯灯など) 平均改定率約10%
                                        ・調光(スポットライトなど) 平均改定率約10%
                                      • 蛍光灯(従来光源)
                                        ・直管蛍光灯 平均改定率約30%
                                        ・丸形蛍光灯 平均改定率約30%
                                        ・ツイン蛍光灯 平均改定率約30%
                                    • 発表ページ:その他詳細(パナソニック株式会社 エレクトリックワークス社)


                                    ・カセットこんろ

                                    岩谷産業 ※2022年8月31日追記

                                    • 対象商品
                                      • カセットこんろ
                                      • カセットガス
                                    • 改定時期
                                      • 2022年10月3日(月)出荷分より
                                    • 改定内容
                                      • カセットこんろ:約5~20%アップ
                                      • カセットガス:約15%アップ
                                    • 発表ページ:その他詳細(岩谷産業株式会社)


                                    サービス

                                    ライフラインや交通機関など、暮らしにかかわるサービスも値上げが続いています。

                                    ・電気代

                                    水道高熱費の中でも、出費が大きい電気代。

                                    2022年に入ってから、「東京電力」「中部電力」などの大手電力会社が、電気料金の値上げを発表しています。

                                    この春、お得なキャンペーンを利用して、電力会社の乗り換えを検討するのも良いかもしれません。


                                    東京電力 ※2022年5月16日追記


                                    中部電力 ※2022年5月16日追記

                                      • 備考
                                        • 2021年9月より10カ月連続の値上げです

                                      楽天電気 ※2022年3月30日追記

                                          2022年6月1日(水)より

                                          ・ 料金改定(地域により+4.3%~+14.0%)

                                          ・ 燃料費調整制度の上限価格撤廃

                                          を発表しました。

                                          楽天でんきの価格改定≪画像元:楽天エナジー株式会社

                                          ・ガス代

                                          電気代の値上げに加えて、ガス代の値上げのダブルパンチです。

                                          「東京ガス」「大阪ガス」など、大手都市ガスが値上げを実施しました。

                                          今後は、調理方法を見直すなど、ガス代の節約が必要になりそうです。

                                          東京ガス ※2022年5月16日追記

                                          • 対象商品
                                            • ガス料金
                                          • 改定時期
                                            • 2022年6月検針分
                                          • 改定内容
                                            • 東京地区等:2022年5月検針分と比べ、1m3(45MJ)につき0.8円(消費税込)上方に調整
                                            • 群馬地区、群馬南地区:2022年5月検針分と比べ、1m3(45MJ)につき0.43円(消費税込)上方に調整
                                          • 発表ページ:その他詳細(東京ガス株式会社)
                                          • 備考
                                            • 東京ガスは2021年9月から10ヵ月連続の値上げです。


                                          大阪ガス ※2022年5月16日追記

                                          • 対象商品
                                            • ガス料金
                                          • 改定時期
                                            • 2022年6月検針分
                                          • 改定内容
                                            • 2022年5月検針分に比べて1m3つきプラス0.80円(税込)調整
                                            • 標準家庭で1ヶ月につき24円(税込)ガス料金が上昇
                                          • 発表ページ:その他詳細(大阪ガス)
                                          • 備考
                                            • 大阪ガスは2021年9月から10ヵ月連続の値上げです。

                                          ・新幹線の運賃

                                          この春、新幹線の利用料金の価格が改定されます。

                                          コロナ禍により利用者が減少した影響による値上げです。

                                          「JR東日本」を始め、「JR西日本」や「JR東海」も、提供サービスの一部で価格を引き上げます。

                                          新幹線の値上げ後は、帰省費やレジャー費も計画的に貯めておく必要がありそうです。


                                          JR北海道 ※2022年5月16日追記

                                          • 対象商品
                                            • 北海道新幹線のシーズン別指定席特急料金
                                          • 改定時期
                                            • 2022年4月1日(金)乗車分より
                                          • 改定内容
                                            • 利用時期に応じた4段階の料金の設定
                                              ・座席指定料金 閑散期 330円
                                              ・座席指定料金 通常期 530円
                                              ・座席指定料金 繁忙期 730円
                                              ・座席指定料金 最繁忙期 930円
                                          • 発表ページ:その他詳細(北海道旅客鉄道株式会社)


                                          JR東日本 ※2022年5月16日追記

                                          • 対象商品
                                            • 新幹線と一部の特急列車のシーズン別指定席特急料金
                                            • 対象となる列車
                                              ・東北・山形・秋田・上越・北陸の各新幹線
                                              ・一部の特急列車
                                              (つがる号、いなほ号、しらゆき号、草津号、成田エクスプレス号、わかしお号、しおさい号、さざなみ号 など)
                                              ・一部の快速列車
                                              (リゾートしらかみ号、はまゆり号 など)
                                          • 改定時期
                                            • 2022年4月1日(金)乗車分より
                                          • 改定内容
                                            • 利用時期に応じた4段階の料金の設定
                                              ・座席指定料金 閑散期 330円
                                              ・座席指定料金 通常期 530円
                                              ・座席指定料金 繁忙期 730円
                                              ・座席指定料金 最繁忙期 930円座席指定料金の改訂
                                              ≪画像元:東日本旅客鉄道株式会社
                                          • 発表ページ:その他詳細(東日本旅客鉄道株式会社)


                                          JR西日本 ※2022年5月16日追記

                                          • 対象商品
                                            • 北陸新幹線のシーズン別指定席特急料金
                                          • 改定時期
                                            • 2022年4月1日(金)乗車分より
                                          • 改定内容
                                            • 利用時期に応じた4段階の料金の設定
                                              ・座席指定料金 閑散期 330円
                                              ・座席指定料金 通常期 530円
                                              ・座席指定料金 繁忙期 730円
                                              ・座席指定料金 最繁忙期 930円
                                          • 発表ページ:その他詳細(西日本旅客鉄道株式会社)

                                          JR東海 ※2022年5月16日追記

                                          • 対象商品
                                            • 「EX予約サービス」「EX早特」などEXサービスで取り扱う商品の、山陽新幹線を中心とした一部区間の発売額・「EX予約サービス」(61 区間)※G特典・S Work席を含む
                                              ・「EX予約サービス往復割引」(2区間)※G特典含む
                                              ・「e特急券」(61 区間)※G特典含む
                                              ・「EX早特」(6区間)※平日・土休日用、G特典含む
                                          • 改定時期
                                            • EXサービスの九州新幹線へのサービスエリア延伸日(2022 年6月 25 日 土)
                                          • 改定内容
                                            • 一部販売額の値上げ
                                          • 発表ページ:その他詳細(東海旅客鉄道株式会社)


                                          ・鉄道運賃

                                          新幹線と同じくコロナ禍のリモートワークで定期利用者が減少していることや、設備維持に要する費用が年々増加していることで鉄道運賃も値上がりします。

                                          東急電鉄 ※2022年5月17日追記

                                          • 対象商品
                                            • 普通運賃、通勤定期
                                          • 改定時期
                                            • 2023年3月(予定)
                                          • 改定内容
                                            • 改定率 12.9%
                                            • 値上げ幅(東横線、目黒線、田園都市線、大井町線、池上線、東急多摩川線)
                                              ・普通運賃:初乗り運賃10円程度、その他の区間は改定率と同程度
                                              ・通勤定期:改定率と同程度
                                            • 値上げ幅(世田谷線)
                                              ・通勤定期:改定率と同程度
                                            • 定期運賃平均割引率
                                              ・通勤定期 37.8%→37.8%
                                              ・通学定期 73.9%→77.1%
                                          • 発表ページ:その他詳細(東急電鉄株式会社)
                                          • 備考:通学定期は家計負担に配慮し、運賃据え置きとなっています。


                                          ・バス運賃

                                          伊予鉄バス ※2022年7月21日

                                          • 対象商品
                                            • バス初乗り運賃
                                            • 対キロ区間運賃
                                            • 定期運賃
                                          • 改定時期
                                            • 2022年8月1日(月)
                                          • 改定内容
                                            • 初乗り運賃
                                              市内中心部 170円→180円
                                              郊外部 160円→180円
                                            • 対キロ区間運賃
                                              値上げ率 片道普通運賃 平均7.4%
                                            • 定期運賃
                                              値上げ率 通勤定期 平均7.4%、通学定期 平均7.4%
                                          • 発表ページ:その他詳細(伊予鉄バス株式会社)


                                          ・高速道路

                                          首都高が4月以降値上げされることが一時話題になりましたが、「近畿道」や「阪和道」も値上がりします。


                                          首都高 ※2022年5月16日追記

                                          • 対象商品
                                            • 長距離利用においての上限料金
                                          • 改定時期
                                            • 2022年4月1日(金)
                                          • 改定内容
                                            • ETC車:料金距離35.7km超を利用の場合、新たな上限料金(普通車1,950円、料金距離55.0km超)を設定首都高 ETC車 基本料金
                                              ≪画像元:首都高速株式会社
                                            • 現金車:一部の区間を除いて1,950円(普通車)首都高 現金車 基本料金
                                              ≪画像元:首都高速株式会社
                                          • 発表ページ:その他詳細(首都高速株式会社)
                                          • 備考
                                            • 上限料金の見直しとともに、比較的交通量が少ない深夜帯を利用しやすいように、深夜割引も新たに導入されます。

                                          NEXCO西日本 ※2022年5月16日追記

                                          • 対象商品
                                            • 近畿圏の一部の高速道路通行料金(中型車および大型車)
                                              ・E26 近畿自動車道 中型車
                                              ・E26 阪和自動車道 中型車
                                              ・E90 堺泉水北道路 中型車および大型車
                                              ・E93 第二神明道路 中型車および大型車
                                              ・E94 第二神明道路 北線 中型車および大型車
                                          • 改定時期
                                            • 2022年4月1日0時~
                                          • 改定内容:主な区間の通行料金の例
                                            • E26 近畿自動車道(吹田IC⇔松原IC)
                                              中型車(ETC・非ETC) 800円→880円
                                            • E26 阪和自動車道(長原IC⇔岸和田和泉IC)
                                              中型車(ETC・非ETC) 800円→880円
                                            • E26 近畿自動車道・E26 阪和自動車道(吹田IC⇔岸和田和泉IC)
                                              中型車(ETC) 1,100円→1,210円
                                              中型車(非ETC) 1,600円→1,760円
                                            • E90 堺泉北道路(堺JCT⇔助松JCT)
                                              中型車(ETC・非ETC) 160円→180円
                                              大型車(ETC・非ETC) 230円→250円
                                            • E93 第二神明道路(須磨IC⇔明石西IC)
                                              中型車(ETC・非ETC) 520円→580円
                                              大型車(ETC・非ETC) 750円→800円
                                          • 発表ページ:その他詳細(NEXCO西日本)


                                          ・その他運賃

                                          伊勢湾フェリー ※2022年7月21日追記

                                          • 対象商品
                                            • フェリー運賃 鳥羽~伊良湖航路
                                          • 改定時期
                                            • 2022年9月1日発売分より
                                          • 改定内容
                                            • 片道運賃をそれぞれ約10%値上げ
                                            • 往路運賃割引を20%割引から10%割引に
                                          • 発表ページ:その他詳細(伊勢湾フェリー株式会社)


                                          ・ガソリン

                                          ガソリンも値上げなの

                                          昨年から止まらないガソリンの値上げ。

                                          ウクライナ情勢の影響により、価格高騰へ拍車がかかっています。

                                          値上げ対策として、政府は元売り会社への補助金を支給していますが、苦しい状況は続いています。

                                          “ガソリン値上げの春“は、まだまだ続きそうです。


                                          ・郵便料金

                                          • 対象商品
                                            • 郵便料金の割引率
                                            • 特殊取扱料および手数料
                                          • 改定時期
                                            • 2022年10月1日(土)
                                          • 改定内容
                                            • 郵便料金の割引率 1%~3%引き下げ
                                            • 特殊取扱料および手数料 5円~15円値上げ
                                          • 発表ページ:その他詳細(日本郵便株式会社)


                                          ・ゆうちょ銀行ATM手数料

                                          今年1月17日より、ゆうちょ銀行の手数料が変更されたのは、まだ記憶に新しいかと思います。

                                          改定により、小銭の預け入れが有料化し、手数料がかかるようになりました。

                                          今後は、硬貨預け入れ無料の銀行を利用するなど、損をしない対策が必要です。

                                          ・火災保険料

                                          まだ少し先ですが、今年10月には家庭用「火災保険料」の値上げも予定されています。

                                          理由としては、日本は自然災害が多く、被害によっては保険商品の成り立たなくなる恐れがあるためです。

                                          火災保険の改定により、最長契約期間が10年から5年へ引き上げられ、実質値上げとなります。

                                          損保ジャパン ※2022年5月17日追記

                                          • 対象商品
                                            • 地震保険
                                          • 改定時期
                                            • 地震保険期間の始期日が2022年10月1日以降となる契約
                                          • 改定内容
                                            • 都道府県および建物の構造により改定率は異なる損保ジャパン 地震保険料改定例≪画像元:損害保険ジャパン株式会社
                                            • 地震保険期間が5年の整数年・長期一括払の場合の保険料計算に使用する長期計数(保険期間1年の基本料率に乗じる計数)の見直し
                                              ・地震保険期間2年 1.90→変更なし
                                              ・地震保険期間3年 2.85→変更なし
                                              ・地震保険期間4年 3.75→変更なし
                                              ・地震保険期間5年 4.65→4.70
                                          • 発表ページ:その他詳細(損害保険ジャパン株式会社)


                                          ・家電

                                          ソニー ※2022年8月31日一部追記

                                          半導体不足、原材料・製造・物流のコストが高騰していることから、2022年4月1日より出荷価格の改定を行います。

                                          • 対象商品
                                            • サウンドバー
                                              ホームシアターシステム
                                              コンポーネントオーディオ
                                              ブルーレイディスク/DVDプレーヤー
                                              デジタル一眼カメラ
                                              デジタルビデオカメラ
                                              デジタルスチルカメラ
                                              プロフェッショナルカムコーダー
                                              ヘッドホン
                                              ポータブルオーディオプレーヤー
                                              アクティブスピーカー
                                              ネックスピーカー
                                              ラジオ
                                              AVアクセサリー
                                          • 改定時期
                                            • 2022年4月1日
                                          • 改定内容
                                            • 約3~31% 増
                                          • 発表ページ:その他詳細(ソニーマーケティング株式会社


                                          9月にも価格改定が行われます。

                                            • 対象商品
                                              • ブルーレイディスクレコーダー
                                              • デジタル一眼カメラ
                                              • デジタル一眼カメラα[Eマウント]用レンズ
                                              • デジタルスチルカメラ
                                              • プロフェッショナルカムコーダー
                                              • ポータブルオーディオプレーヤー
                                              • アクティブスピーカー
                                              • ネックスピーカー
                                              • ラジオ
                                              • CDラジオ・ラジカセ
                                              • ICレコーダー
                                              • 集音器
                                              • 記録メディア 他
                                            • 改定時期
                                              • 2022年9月1日
                                            • 改定内容
                                              • 約8%増
                                            • 発表ページ:その他詳細(ソニーマーケティング株式会社


                                            Canon ※2022年5月17日追記

                                            • 対象商品
                                              • プリンター、プリンター用消耗品、コピー用紙、プロジェクター本体、コンパクトデジタルカメラ、ミラーレスカメラ用交換レンズ
                                            • 改定時期
                                              • 2022年4月1日(金)
                                                ・レーザービームプリンター用消耗品:182商品
                                                ・大判プリンター/大判MFP(インクジェット)本体・オプション・消耗品:255商品
                                                ・インクジェットプリンター用消耗品:108商品
                                                ・ラベルプリンター用紙:26商品
                                                ・カードプリンター用プラスチックカード、シール紙、名刺用紙:20商品
                                                ・コピー用紙:46商品
                                                ・プロジェクター本体:5商品
                                              • 2022年4月7日(木)
                                                ・ミラーレスカメラ用交換レンズ(RFレンズ):17商品
                                                ・コンパクトデジタルカメラ(IXY):1商品
                                            • 改定内容
                                              • 発表ページ参照
                                            • 発表ページ:その他詳細(キヤノンマーケティングジャパン株式会社

                                            バルミューダ ※2022年5月17日追記

                                            • 対象商品
                                              • スチームトースター、オーブンレンジ、炊飯器、空気清浄機、サーキュレーター、太陽光LEDデスクライト、ポータブルLEDランタン、ワイヤレススピーカー
                                            • 改定時期
                                              • 2022年4月1日(金)
                                            • 改定内容
                                              • BALMUDA The Toaster(スチームトースター) 25,850円→27,940円
                                              • BALMUDA The Range(オーブンレンジ) 47,850円→52,800円
                                              • BALMUDA The Gohan(炊飯器) 45,650円→46,200円
                                              • BALMUDA The Pure(空気清浄機) 57,200円→59,400円
                                              • GreenFan Cirq(サーキュレーター) 24,200円
                                              • GreenFan C2(ポータブルサーキュレーター) 24,860円→28,600円
                                              • Rain(加湿器) 49,500円→53,900円
                                              • BALMUDA The Light(太陽光LEDデスクライト) 40,700円→42,900円
                                              • BALMUDA The Lantern(ポータブルLEDランタン) 15,180円→15,950円
                                              • BALMUDA The Speaker(ワイヤレススピーカー) 35,200円→38,500円
                                            • 発表ページ:その他詳細(BALMUDA

                                            ・オーディオテクニカ ※2022年5月19日追記

                                            • 対象商品
                                              • ヘッドホン、マイクロホン
                                            • 改定時期
                                              • 2022年4月1日(金)
                                                プロフェッショナルモニターヘッドホン、コンデンサーマイクロホン
                                              • 2022年6月1日(水)
                                                ダイナミックヘッドホン、DJヘッドホン、ダイナミックボーカルマイクロホン
                                            • 改定内容
                                              • 価格改定率 3%~19パーセント
                                                プロフェッショナルモニターヘッドホン
                                                コンデンサーマイクロホン
                                              • 価格改定率 10%~31%
                                                ダイナミックヘッドホン
                                                エアーダイナミックヘッドホン
                                                DJヘッドホン
                                                ダイナミックゴーカルマイクロホン
                                            • 発表ページ:その他詳細(株式会社オーディオテクニカ)


                                            パナソニック ※2022年7月21日追記

                                            • 対象商品
                                              • 冷蔵庫、食器洗い乾燥機、 電子レンジ、炊飯器、オーブントースター、天ぷら油クリーナー(カートリッジ)、洗濯機、アイロン(あて布等)、電気暖房、掃除機、 生ごみ処理機、黒板クリーナー、ドライヤー、オーラルケア(替ブラシ等)、還元水素水生成器、 BDレコーダー、BDプレーヤー、ポータブルテレビ、オーディオ、 電話機、FAX、ドアホン、パソコン(バッテリー等)、電池、電池応用商品(懐中電灯等)
                                            • 改定時期
                                              • 2022年8月1日以降 順次
                                            • 改定内容
                                              • 価格改定率 約3%~23%増
                                            • 発表ページ:その他詳細(パナソニック株式会社


                                            エプソン ※2022年8月14日追記

                                            • 対象商品
                                              • PC一部商品
                                            • 改定時期
                                              • パソコン・サーバー本体/エプソンダイレクト定額保守
                                                2022年9月5日(月)17:00~注文分より
                                              • エプソンサービスパック・保守契約/エプソンGo-PACK
                                                2022年9月6日(火)
                                            • 改定内容
                                              • ノートパソコン 185,600円(税抜)→206,000円(税抜)
                                              • デスクトップPCお預かり修理 保守期間2年間 2,000円(税抜)→2,400円(税抜)など
                                            • 発表ページ:その他詳細(エプソンダイレクト株式会社、エプソン販売株式会社)


                                            Meta(旧フェイスブック) ※2022年8月14日追記

                                            • 対象商品
                                              • Meta Quest 2(VRゴーグル)
                                              • Meta Quest 2のアクセサリー
                                            • 改定時期
                                              • 2022年8月以降
                                            • 改定内容
                                              • 128GB版が59,400円(税込)
                                              • 256GB版が74,400円(税込)
                                            • 発表ページ:その他詳細(Meta


                                            ・タイヤ ※2022年3月30日追記

                                            各タイヤメーカーがタイヤ出荷価格を7%~10%程度値上げすると発表しました。

                                            それに伴い、オートバックスでは2022年5月9日より国内市販用タイヤを値上げします。

                                            その他、カー用品店でも値上げが予想されますので、購入予定がある場合は早めをおススメします。

                                            株式会社ブリヂストン

                                            • 対象商品
                                              • 国内市販用タイヤ、チューブ、フラップ
                                            • 改定時期
                                              • 2022年4月1日(金)
                                            • 改定内容 値上げ率(平均)
                                              • 乗用車・バン用タイヤ(夏/冬) … 7%
                                                小型トラック・バス用タイヤ(夏/冬) … 7%
                                                トラック・バス用タイヤ(夏/冬) … 8%
                                                鉱山・建設車両用タイヤ(夏/冬) … 10%
                                                産業車両用タイヤ(夏/冬) … 8%
                                                農業機械用タイヤ(夏/冬) … 8%
                                                二輪自動車用タイヤ … 7%
                                                チューブ、フラップ … 8%
                                            • 発表ページ:その他詳細(株式会社ブリヂストン)


                                            横浜ゴム株式会社 ※2022年8月15日一部追記

                                            • 対象商品
                                              • 国内市販用タイヤ全品種(夏用、冬用、オールシーズン)
                                                チューブ・フラップ
                                            • 改定時期
                                              • 2022年4月1日:夏用タイヤ、オールシーズンタイヤ、チューブ・フラップ
                                              • 2022年7月1日:冬用タイヤ
                                            • 改定内容
                                              • 最大9%
                                            • 発表ページ:その他詳細(横浜ゴム株式会社


                                            横浜ゴムでは、10月にも再度の価格改定が行われます。


                                            住友ゴム工業株式会社

                                            • 対象商品
                                              • 乗用車・バン用タイヤ (夏/冬用)
                                                小型トラック用タイヤ (夏/冬用)
                                                トラック・バス用タイヤ (夏/冬用)
                                                建設車両用タイヤ (夏/冬用)
                                                産業車両用タイヤ (夏/冬用)
                                                農業機械用タイヤ
                                                二輪車用タイヤ (夏/冬用)
                                                その他タイヤ
                                                チューブ、フラップ
                                            • 改定時期
                                              • 2022年3月1日:夏用/農業機械用/その他タイヤ/チューブ、フラップ
                                              • 2022年4月1日:冬用タイヤ
                                            • 改定内容 (見込み)
                                              • 約10% (全品目)
                                            • 発表ページ:その他詳細(住友ゴム工業株式会社


                                            TOYO TIRE株式会社

                                            • 対象ブランド
                                              • トーヨータイヤ・ニットータイヤ
                                            • 対象商品
                                              • 国内市販用タイヤ全商品(冬用タイヤを含む)
                                            • 改定時期
                                              • 2022年1月1日(土) 当社出荷分より適用
                                            • 改定内容
                                              • 最大10%(値上げ)
                                            • 発表ページ:その他詳細(TOYO TIRE株式会社



                                            日本ミシュランタイヤ株式会社 ※2022年8月31日一部追記

                                            対象商品と価格改定時期、値上げ率

                                            対象商品と価格改定時期、値上げ率

                                            ≪画像元:日本ミシュランタイヤ株式会社(pdf)≫


                                            ミシュランタイヤは、10月にも再度の価格改定を行います。

                                            • 対象商品
                                              • 国内市販用タイヤ、チューブ、フラップ
                                            • 改定時期
                                              • 2022年10月1日(土)
                                            • 改定内容
                                              • 値上げ率:3%~8%
                                            • 発表ページ:その他詳細(日本ミシュランタイヤ株式会社



                                            コンチネンタルタイヤ・ジャパン株式会社


                                            クムホタイヤジャパン株式会社


                                            ・白洋舎 ※2022年3月30日追記

                                            • 対象商品
                                              • クリーニング料金
                                            • 改定時期
                                              • 2022年4月1日(金)より
                                            • 改定内容
                                              • 平均15%(ワイシャツ等の日用品は、およそ10%)
                                              • 料金例(税込)

                                                ワイシャツ →〔オリジナル〕418円 〔ローヤル〕770円

                                                スーツ →〔オリジナル〕2,475円 〔ローヤル〕4,950円

                                                コート →〔オリジナル〕2,475円 〔ローヤル〕4,950円

                                                セーター →〔オリジナル〕770円 〔ローヤル〕1,540円

                                            • 発表ページ:その他詳細(株式会社白洋舍

                                            ・住宅用建材

                                            LIXIL  ※2022年5月17日追記

                                            • 対象商品
                                              • 建材、設備機器
                                            • 改定時期
                                              • 2022年4月1日受注分より
                                                樹脂サッシ、フェンス、カーポート、車庫周り、ガーデン他、テラス、ベランダ手すり、バルコニー、風除室、造作材、床材、ビル、トイレ、水栓、ユニットバスルーム、浴室、キッチン水栓、洗面化粧台
                                              • 2022年6月1日受注分より
                                                サーモス/防火戸FG、サッシ、リフォーム、窓まわり、ガラス、玄関ドア、玄関引き戸、リフォームドア、アパートドア、汎用ドア、玄関用網戸、浴室ドア
                                            • 一部改定内容LIXIL 価格改定
                                              ≪画像元:株式会社LIXIL
                                            • 発表ページ:その他詳細(株式会社LIXIL

                                            ・ジャニーズショップ ※2022年5月17日追記

                                            原材料価格の高騰や運送費用・資材調達コストの上昇で、ジャニーズショップでも一部商品に値上げの波が押し寄せています。

                                            • 対象商品
                                              • フォト、ジャンボうちわ、コンサートパンフレット
                                            • 改定時期
                                              • 2022年5月10日
                                            • 改定内容
                                              • フォト 1枚 180円(税込)
                                              • ジャンボうちわ 800円(税込)
                                              • コンサートパンフレット 2,500円(税込)
                                            • 発表ページ:その他詳細(ジャニーズショップ、ジャニーズアイランドストア)
                                            • 備考:5月9日以前に発売された写真以外の商品は現行価格のまま販売を継続します。

                                            ・メルカリ ※2022年5月17日追記

                                            メルカリ、メルカリShopsともに配送サービス利用料が改訂されます。

                                            手数料と配送料を加味すると利益が出しにくくなるため、出品の際は値付けに注意してください。

                                            メルカリ

                                            • 対象商品
                                              • らくらく・ゆうゆうメルカリ便配送サービス料金
                                            • 改定時期
                                              • 2022年6月16日(木)午後00:00~
                                                新料金の適用は、購入のタイミングを基準とする
                                            • 改定内容
                                              • 【らくらくメルカリ便】
                                                ネコポス:¥175 ⇒ ¥210
                                                宅急便コンパクト:¥380 ⇒ ¥450
                                                宅急便60サイズ:¥700 ⇒ ¥750
                                                宅急便80サイズ:¥800 ⇒ ¥850
                                                宅急便100サイズ:¥1,000 ⇒ ¥1,050
                                                宅急便120サイズ:¥1,100 ⇒ ¥1,200
                                                宅急便140サイズ:¥1,300 ⇒ ¥1,450
                                                宅急便160サイズ:¥1,600 ⇒ ¥1,700
                                                集荷サービス:¥30 ⇒ ¥100
                                              • 【ゆうゆうメルカリ便】
                                                ゆうパケット:¥200 ⇒ ¥230
                                                ゆうパケットポスト:¥200 ⇒ ¥215
                                                ゆうパケットプラス:¥375 ⇒ ¥455
                                                ゆうパック60サイズ:¥700 ⇒ ¥770
                                                ゆうパック80サイズ:¥800 ⇒ ¥870
                                                ゆうパック100サイズ:¥1,000 ⇒ ¥1,070
                                            • 発表ページ:その他詳細(メルカリ)

                                            メルカリShops

                                            • 対象商品
                                              • メルカリShops向けらくらくメルカリ便・クールメルカリ便の価格
                                            • 改定時期
                                              • 2022年6月16日(木)午後00:00~
                                                新料金の適用は、購入のタイミングを基準とする
                                            • 改定内容
                                              • 【らくらくメルカリ便】
                                                ネコポス:¥175 ⇒ ¥210
                                                宅急便コンパクト:¥380 ⇒ ¥450
                                                宅急便60サイズ:¥700 ⇒ ¥750
                                                宅急便80サイズ:¥800 ⇒ ¥850
                                                宅急便100サイズ:¥1,000 ⇒ ¥1,050
                                                宅急便120サイズ:¥1,100 ⇒ ¥1,200
                                                宅急便140サイズ:¥1,300 ⇒ ¥1,450
                                                宅急便160サイズ:¥1,600 ⇒ ¥1,700
                                                集荷サービス:¥30 ⇒ ¥30
                                              • 【クールメルカリ便】
                                                宅急便60サイズ:¥920 ⇒ ¥970
                                                宅急便80サイズ:¥1,020 ⇒ ¥1,070
                                                宅急便100サイズ:¥1,330 ⇒ ¥1,380
                                                宅急便120サイズ:¥1,760 ⇒ ¥1,860
                                            • 発表ページ:その他詳細(メルカリ)


                                            ・玩具

                                            タカラトミー ※2022年8月31日一部追記

                                            2014年以来8年ぶりにトミカが値上げとなります。

                                            • 対象商品
                                              • トミカ(5シリーズ)
                                              • プラレールなどその他玩具 66品
                                              • モンコレシリーズ
                                                (MS-01~MS-60までの各種、グレイシア、ニンフィア)
                                            • 改定時期
                                              • 2022年7月1日(金)出荷分より
                                            • 改定内容
                                              • メーカー希望小売価格改定
                                                トミカ 495円→550円
                                                プラレールS-03 E5系新幹線はやぶさ(連結仕様) 2,420円→2,640円
                                                など
                                              • モンコレシリーズ 495円(税込)→660円(税込)
                                            • 発表ページ:その他詳細(株式会社タカラトミー)トミカプラレールなどその他玩具モンコレシリーズ


                                            タカラトミーは、9月にも価格改定を実施します。

                                            • 対象商品
                                              • トミカ 112品
                                              • プラレール 47品
                                              • リカちゃん 52品
                                              • アニア 84品
                                              • パう・パトロール 18品
                                              • 人生ゲーム・黒ひげ危機一髪 他 18品
                                            • 改定時期
                                              • 2022年9月1日(木)出荷分から
                                            • 改定内容
                                              • メーカー希望小売価格を平均10.4%
                                            • 発表ページ:その他詳細(株式会社タカラトミー)


                                            バンダイ ※2022年8月14日追記

                                            • 対象商品
                                              • ソフビシリーズ(ウルトラマン、仮面ライダー) 全229品目
                                              • その他 全55品目
                                            • 改定時期
                                              • 2022年10月1日(土)出荷分より
                                                ※一部商品については2023年1月5日(木)出荷分より
                                            • 改定内容
                                              • ウルトラヒーローシリーズ メーカー小売希望価格660円(税込)→770円(税込) など
                                            • 発表ページ:その他詳細(株式会社バンダイ



                                            ・公衆浴場

                                            東京都内公衆浴場 ※2022年7月7日追記


                                            値上げラッシュの影響は「年間3万円以上」にも及ぶ

                                            月3000円はダメージが大きい

                                            このまま値上げが続くと、わが家の場合どれくらい出費が増えるのか、ざっくり試算してみました。

                                            その結果、少なく見積もっても、年間3万円

                                            1か月あたり3,000円程度の出費増は避けられません。

                                            筆者は生活の足に車も利用するため、ガソリン代の高騰は家計への打撃が大きいです。

                                            こういった値上げラッシュの対策は、「家計の見直し」がもっとも効果的。

                                            現金からキャッシュレス払いへ移行する、購入するメーカーを変えるというだけでも、出費は減らせます。

                                            【関連記事】:2022年の値上げラッシュ 価格が上がる食料品一覧と節約主婦が考える対策3つ

                                            まだまだ値上げが続くので、家計を見つめ直して備えてください。(執筆者:三木 千奈)

                                            《三木 千奈》
                                            この記事は役に立ちましたか?
                                            +70

                                            関連タグ

                                            三木 千奈

                                            執筆者: 三木 千奈 三木 千奈

                                            子ども3人のママライターです。 業務スーパー歴は20年。貯金、節約、キャッシュレス、ふるさと納税などのマネー系を中心に執筆しています。 お得なものをムダを省き、「楽しくラクに暮らすこと」がモットー。 知っているとお得な情報や節約に役立つ豆知識をお届けします。 〈保有資格〉クリンネスト1級、節約生活スペシャリスト、整理収納アドバイザー1級 〈TV出演〉2022.5.1 Mr.サンデー/2022.11.10 テレビ静岡「ただいま!テレビ」/2024.4.8 日テレ「DayDay.」/2024.6.12 日テレ「news every.」 〈雑誌出演〉2022.8.30 女性自身/2022.9.27 週刊フラッシュ/2022.10.25 女性自身/2022.11.1 女性自身/2022.12.1 女性セブン/2023.9.28女性セブン/2023.12.26 週刊フラッシュ 〈Web出演〉2023.4.18メルカリマガジン 寄稿者にメッセージを送る

                                            今、あなたにおススメの記事

                                            特集