MENU

東京で債務整理するなら!おすすめの弁護士や司法書士事務所10選を紹介

借金が膨れ上がって返済ができなくなってしまった、利息分を減額したい方には、債務整理がおすすめです。

債務整理とは、債権者と交渉をおこなうことで、借金の減額や支払い期限に猶予を持たせることが可能な制度のことです。弁護士や司法書士に依頼することが一般的だとされています。

しかし、東京で債務整理を取り扱っている事務所は数多くあります。そのため、どの事務所に依頼したらいいかわからない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、東京で債務整理におすすめの弁護士や司法書士事務所10選を紹介します。事務所の選び方や債務整理を相談するタイミングも解説しているため、ぜひ参考にしてみてください。

目次

債務整理の4つの種類

債権整理とは、債務者(お金を借りた方)と債権者(お金を貸した業者)で話し合いをおこなうことによって借金の額を減らしたり、支払期間に猶予を持たせたりする制度のことで、主に次の4つに分類されます。

種類メリットデメリット
任意整理・債権者を選べる
・家族に秘密にできる
・手続期間が短い
・基本利息分のみ減額
・ブラックリストに登録される
特定調停・債権者を選べる
・手続きが比較的簡単
・費用を安く抑えられる
・ブラックリストに登録される
・調停が成立しない可能性あり
個人再生・借金の原因は不問
・マイホームが残せる
・条件に該当する必要がある
・債権者を選べない
自己破産・借金をなしにできる・手続期間が長い
・ほぼすべての財産を失う
・債権者を選べない

それぞれの特徴やメリット、デメリットを詳しく解説していきます。

裁判所を通さない任意整理

任意整理とは、裁判所を通さず、弁護士が債権者に借金の減額や利息の引き直しを交渉することで、日常生活に支障のない範囲で返済できるようにする方法です。

債権者との和解が成立したあとに、利息分が免除されたり、返済額が少なくなったりします。返済期間も延長されることが多く、毎月の返済が楽になります。しかし、利息分以外の借金は通常通り返済しなければいけないため注意が必要です。

任意整理の特徴は、債権者を選べる点です。A社の住宅ローンは引き続き払っていきたいけどB社の借金は減らしたいなど、減額したい債権者の選択が可能になります。

また、裁判所外でおこなう交渉のため官報で公表されることもありません。ブラックリストには登録されますが、本人または本人の委任を受けた方以外は見られないため、家族や友人に知られる心配もありません。手続きにかかる期間は3か月~6か月と、短期間で終結するのもメリットです。

債権者との協議により解決策を探す特定調停

特定調停とは、債権者と協議をおこなうことによって解決策を決める債権整理です。簡易裁判所が仲介役となって返済の条件や方法を話し合い、債務者が生活を立て直せるように手助けをします。

任意整理と同じく、特定の債権者のみを選択できます。また、手続きも比較的容易で、費用も安くおさえることが可能です。

しかし、ブラックリストに掲載されたり、債権者によっては調停が成立しなかったりするデメリットもあります。

収入が安定している条件で利用できる個人再生

個人再生とは、裁判所に借金の返済が困難であることを認めてもらい、減額された金額分を3年間で返済する債権整理です。個人再生を利用するためには、次の対象条件に該当する必要があります。

  • 継続的な収入を見込める小規模事業主や個人商店主
  • 安定した給料があるサラリーマン

どちらの場合も、借金の総額が5,000万円以下であること、将来にわたって継続的な収入が見込めることが条件となっており、該当する場合は個人再生による債務整理が可能になります。また、借金の原因は不問となっているため、ギャンブルで借金をしてしまった場合にも利用できます。

さらに、住宅ローン特例を利用すれば、持ち家を残すこともできます。利用するためにはいくつかの条件をクリアする必要があるため、専門家に相談してみるといいでしょう。

収入や財産がないなら自己破産

収入や財産がなく、どうやっても借金の返済ができない方は、自己破産によって債権整理をおこなうことが可能です。裁判所に借金の返済が不可能であることを認めてもらえば借金が免除されるもので、仮に高額な借金を抱えていたとしても、借金の返済から免れることが可能です。

最大の特徴は、借金がなくなることです。ただし、税金や損害賠償金などは例外となるため注意が必要です。

また、手続きが完了するまで1年程度の時間を要すること、ほぼすべての財産を失うこと、破産手続期間中は一定の資格を用いた職業に就けないなどのデメリットもあります。

東京で債務整理におすすめの弁護士や司法書士事務所10選

次に、東京で債務整理におすすめの弁護士や司法書士事務所を紹介します。それぞれの特徴や費用、おすすめの理由も解説しているため、ぜひ参考にしてみてください。

はたの法律事務所

はたの法律事務所は、司法書士歴27年の実績を誇る法律事務所です。債権整理を専門に扱っており、任意整理、個人再生、自己破産の3種類から、依頼者の事情にあわせて最適な解決方法を提案しています。着手金が無料なため、費用を抑えて債務整理をおこないたい方におすすめです。

ただし、司法書士事務所となるため、債権金額が140万円を超える場合は相談ができません。また、債務整理手続きを進めていくなかで裁判が必要となった際には、新たに弁護士を雇う必要があります。

【おすすめの理由】
着手金が無料なためコストを抑えられる
費用の分割払いも対応
出張相談費用が無料

【債務整理の費用】
任意整理:1社 22,000円(税込)~
個人再生:385,000円(税込)~
自己破産:330,000円(税込)~

【アクセス】
東京:JR中央線地下鉄丸の内線荻窪駅西口より徒歩1分
大阪:御堂筋線西中島南方駅北口より徒歩4分

【電話番号】
0120-732-023

【営業時間】
平日:8時30分~21時30分
土日祝:8時30分~21時

【無料相談】
あり

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所は、借金問題に特化した弁護士事務所です。債務整理の事例を数多く手がけており、豊富な経験と実績に基づいて、それぞれの事情に応じた解決方法を提案しています。弁護士事務所のなかでも比較的安価なため、費用を抑えて手続きを進めたい方にもおすすめです。

相談は完全無料で、手持ちのお金がない方でも安心して利用できます。窓口はもちろん、電話やメールでの相談にも対応しています。

【おすすめの理由】
経験豊富な弁護士に相談できる
債務整理の相談は何度でも無料
費用を安く抑えたい方におすすめ

【債務整理の費用】
任意整理:1社 22,000円(税込)~
個人再生:330,000(税込)~
自己破産:220,000(税込)~

【アクセス】
JR山手線御徒町駅より徒歩3分

【電話番号】
0120-316-715

【営業時間】
平日:10時~20時
土日祝:10時~19時

【無料相談】
あり

弁護士法人ひばり法律事務所

弁護士法人ひばり法律事務所では、債務整理業務を中心に取り扱っています。任意整理や個人再生、自己破産などの方法から、一人一人に合った債務整理方法を提案しています。相談は何度でも無料でおこなうことが可能です。土日祝日でも予約をすれば相談が可能なため、平日になかなか時間が取れない方でも安心です。

【おすすめの理由】
債務整理を中心に扱う弁護士事務所
相談は何度でも無料
土日祝でも予約をすれば相談可能

【債務整理の費用】
任意整理:1社 22,000円(税込)~
個人再生:330,000円(税込)~
自己破産:220,000円(税込)~

【アクセス】
東京メトロ半蔵門線錦糸町駅より徒歩5分

【電話番号】
03-5638-7288

【営業時間】
平日:10時~19時
土日の相談も対応可能(予約制)

【無料相談】
あり

アース法律事務所

アース法律事務所では、元裁判官の経歴と30年以上のキャリアを持つ弁護士が債務整理を担当しています。豊富な経験と確かな実績を活かし、最適な方法で依頼者の悩みを解決へと導きます。

元裁判官の経歴があるため、債務整理に関する裁判の動向にも詳しく、安心して手続きを任せられるのもポイントです。また、出張相談にも対応しているため、事務所の近くに住んでいなくても気軽に相談できます。

【おすすめの理由】
元裁判官の経歴を持つ弁護士が担当
債務整理の経験と受任実績が豊富
出張相談にも対応可能

【債務整理の費用】
任意整理:1社 22,000円(税込)~
個人再生:330,000円(税込)~
自己破産:330,000円(税込)~

【アクセス】
都営地下鉄内幸町駅より徒歩2分

【電話番号】
03-6383-2430

【営業時間】
10時~19時(事前予約で時間外対応可)

【無料相談】
あり

ベリーベスト法律事務所

ベリーベスト法律事務所は、東京を中心に全国各地で63拠点を展開する大規模法律事務所です。相談件数は業界トップクラスで、経験豊富な弁護士が依頼者の悩みに親身に寄り添います。相談は何度でも無料でおこなえるため、納得いくまで話せます。

また、直接の相談は気まずいという方に向けて、電話での相談対応も可能です。24時間365日いつでも相談が可能なため、家族が寝静まったあとや一人でいるときなど、時間を気にせずに相談できるのもメリットのひとつです。

【おすすめの理由】
全国に63拠点を構える大規模法律事務所
無料相談は何度でも対応可能
電話相談なら24時間365日受け付け可能

【債務整理の費用】
任意整理:1社 22,000円(税込)~
個人再生:495,000円(税込)~
自己破産:385,000円(税込)~

【アクセス】
東京メトロ南北線六本木一丁目2番出口より徒歩3分

【電話番号】
0120-666-694

【営業時間】
平日:9時30分~21時
土日祝:9時30分~18時

【無料相談】
あり

赤瀬法律事務所

赤瀬法律事務所は、債務整理をはじめとするさまざまな法律トラブルを取り扱っています。解決実績が豊富で交渉力も優れているため、利用者からの満足度も高いです。

債務整理では、任意整理、個人再生、自己破産の3種類を主に取り扱っています。手続きをおこなううえで、丁寧さとスピードを最も重視しているため、急いで終結まで終わらせたい方にはとくにおすすめです。

【おすすめの理由】
解決実績が豊富で交渉力もトップクラス
スピード重視のため、手続きを早く終わらせたい方におすすめ
予約をすれば夜間や土日祝も相談対応可能

【債務整理の費用】
任意整理:1社 27,500円(税込)~
個人再生:165,000円(税込)~
自己破産:330,000円(税込)~

【アクセス】
京王電鉄井の頭線神泉駅より徒歩6分

【電話番号】
03-5456-7711

【営業時間】
平日:9時30分~17時30分

【無料相談】
あり

司法書士法人杉山事務所

司法書士法人杉山事務所は、相談料、着手金、調査料が一切かからない点が特徴で、業界でも珍しい完全成功報酬制を採用しています。豊富な経験と確かな実績を活かした高い交渉力で、依頼者の悩みをスムーズに解決へと導きます。東京事務所は新宿区にありますが、無料出張相談にも対応しているため、郊外に住んでいる方でも気軽に利用できる点がポイントです。

【おすすめの理由】
業界でも珍しい完全成功報酬制を採用
豊富な経験と実績を活かした高い交渉力
無料で出張相談にも対応

【債務整理の費用】
任意整理:1社 11,000円(税込)~
個人再生:440,000円(税込)~
自己破産:440,000円(税込)~

【アクセス】
新宿三丁目駅C8出口より徒歩3分

【電話番号】
0120-065-039

【営業時間】
平日:9時~19時

【無料相談】
あり

司法書士法人みどり法務事務所

司法書士法人みどり法務事務所は、債務整理や過払い金請求に特化した法務事務所です。相談は何度でも無料でおこなえるため、納得のいくまで相談できます。また、依頼費用の分割払いにも対応しています。まずは気軽に相談したい方に向けて、匿名OK、24時間受付可能なLINE相談も用意されています。スマートフォンでのビデオ面談も可能です。

【おすすめの理由】
債務整理や過払い金請求に特化した法務事務所
相談は何度でも無料
依頼費用の分割払いも対応可能

【債務整理の費用】
任意整理:1社 11,000円(税込)~
個人再生:110,000円(税込)~
自己破産:110,000円(税込)~

【アクセス】
九段下駅2番出口より徒歩5分

【電話番号】
0120-506-070

【営業時間】
平日:9時~19時

【無料相談】
あり

アディーレ法律事務所

アディーレ法律事務所は、全国に60拠点以上を展開する大手法律事務所です。東京都内にも5つの支店を構えており、自宅や勤務先からも通いやすい点が特徴です。

家族や友人に知られずに借金を減額したい方でも安心して利用できるように、書面の送付先指定や個人名で郵便物を送付するなど、プライバシーにも最大限の配慮をしています。債務整理に関する相談は何度でも無料なため、初めての方でも気軽に利用できるのもポイントです。

【おすすめの理由】
東京都内に複数の支店があるため通いやすい
家族や友人に知られずに債務整理ができる
何度でも無料で相談が可能

【債務整理の費用】
任意整理:1社 44,000円(税込)~
個人再生:550,000円(税込)~
自己破産:437,800円(税込)~

【アクセス】
JR池袋駅東口より徒歩8分

【電話番号】
0120-316-742

【営業時間】
平日:9時~22時

【無料相談】
あり

グリーン司法書士法人

グリーン司法書士法人は、東京と大阪に支店を構える事務所です。債務整理を中心としたさまざまなトラブルに対応しており、豊富な実績と経験から築き上げたノウハウで、依頼者の悩みを解決します。依頼費用がほかの事務所に比べても安価なため、コストを抑えて手続きを進めたい方におすすめです。

【おすすめの理由】
債務整理を中心とするさまざまなトラブルに対応
依頼費用が相場よりも安い
初回相談料無料

【債務整理の費用】
任意整理:1社 21,780円(税込)~
個人再生:319,000円(税込)~
自己破産:209,000円(税込)~

【アクセス】
東京メトロ新宿三丁目駅C7出口より徒歩3分

【電話番号】
0120-797-031

【営業時間】
平日:9時~20時
土日祝:10時~17時

【無料相談】
あり

債務整理の事務所を選ぶポイント

債務整理をおこなうにあたって、どの事務所に依頼するのかはとても重要です。事務所によって交渉の良し悪しや、手続きのスムーズさは異なります。納得のいく結果を得るためにも、しっかりと見極めて依頼先を決めるようにしましょう。ここでは、債務整理の事務所を選ぶポイントを6つ紹介します。

  • 債務整理の実績は豊富か
  • 債務整理の分野に強い事務所か
  • 費用が相場からかけ離れていないか
  • 通いやすさ、アクセスのよさ
  • 弁護士や司法書士か
  • 無料相談での対応は丁寧か

債務整理の実績が豊富であるか確認

事務所を選ぶ際には、まず債務整理の実績が豊富かどうなのかを確認しましょう。

債務整理の実績が少ない事務所に依頼しても、納得のいく結果が得られなかったり、手続きに時間がかかってストレスを感じたりする場合があります。反対に、債務整理の実績が豊富な事務所に依頼すれば、交渉の成功率も上がり、手続きがスムーズに進む可能性も高まります。

事務所の実績は公式サイトで確認可能なため、依頼をする前に必ずチェックしておきましょう。不安な場合は、電話やメールで問い合わせてみるのもおすすめです。

債務整理の分野に強い事務所であるか

なるべく債務整理を専門で扱っている事務所を選びましょう。弁護士や司法書士の対応範囲は広く、さまざまな分野を取り扱っている事務所も少なくありません。しかし、多くの分野を取り扱っている事務所より、債務整理を専門に扱っている方が実績も多く、安心して任せられます。

債務整理を専門に扱っているかどうかは、事務所の公式サイトを確認するといいでしょう。

費用が相場からかけ離れていないか

依頼費用が相場からかけ離れていないかも重要なチェックポイントになります。以前までは、弁護士会や司法書士会が費用の基準を定めていたため、事務所ごとにそれほど差はありませんでした。しかし、現在は基準が撤廃され、それぞれが希望する金額で依頼費用を定められるようになりました。

一般的な費用相場は、任意整理で1社50,000円程度といわれています。費用が高すぎるのはもちろん、安すぎても納得のいく結果が見込めない恐れがあるため、最低でも1社20,000円~30,000円程度に設定しているところから選ぶようにしましょう。

通いやすさ、アクセスのよさも大事

自宅や勤務先から事務所が通いやすい場所にあるのかも重要です。任意整理の場合だと事務所に通うのは1度きりですが、自己破産や個人再生の場合には事務所に何度か足を運ぶ必要があります。

そのため、自宅や勤務先からの距離が遠い事務所だと負担になってしまう場合があります。自宅や勤務先から距離が近いのはもちろん、最寄り駅から徒歩10分以内でいけるなど、交通アクセスが良好なのかも、依頼する前にしっかりと確認しましょう。

弁護士か司法書士か

弁護士か司法書士、どちらに相談するのかも事務所選びの重要なポイントです。

弁護士は、法律に関するすべての業務をおこなうことが可能です。生活の中で起こるさまざまなトラブルを解決に導くために、サポートやアドバイスをおこない、依頼者の代理として交渉します。

一方で司法書士は、不動産の登記手続きや、裁判所に提出する書類の作成、提出代行を主な業務としています。訴訟の代理人になることはできません。

弁護士は債権金額を問わず、法律相談や交渉、訴訟をおこなうことが可能ですが、司法書士の場合は債権金額が140万円以下のケースしか対応できません。その分依頼費用は司法書士の方が安く抑えられますが、債権金額が140万以上の方や、債権対象が複数ある場合は弁護士への依頼をおすすめします。

無料相談で対応の丁寧さを確認

東京にある大半の事務所では、債務整理についての無料相談を受け付けています。事務所を選ぶ際には、無料相談での対応が丁寧かどうかも必ず確認してください。

費用とスケジュールを明確に示さなかったり、話を親身に聞いてくれなかったりしたなど、相談時の対応があまり丁寧ではない事務所は交渉もスムーズにいかない可能性があります。また、1社のみに絞らず、複数の事務所で無料相談をおこなうことも大切です。

債務整理を弁護士や司法書士に相談するタイミングとは?

債務整理を検討している方のなかには、どのタイミングで相談すればいいかわからないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。結論をいうと、債務整理のタイミングは、早ければ早いほどよいでしょう。債務整理の相談をしてもいいのか迷っている方は、次で紹介する3つのタイミングを参考にしてみてください。

借金を解決するには相談が早ければ早いほどよい

借金を解決するには、できるだけ早いタイミングで債務整理について相談することが大切です。完済の目途がたっていれば話は別ですが、完済の目途どころか、毎月の返済すら難しい状況ならすぐにでも債務整理をおこなってください。

借金を返済するためにほかの業者からさらに借金を重ねる方もいますが、返済金額が膨れ上がるだけです。返済が難しいと思ったタイミングで、早めに債務整理に取り掛かりましょう。

借金の金額が月収の3分の1以上

借金の金額が月収の3分の1以上であれば、債務整理を検討するタイミングだといえます。金融業者には、総量規制制度が定められており、借金の金額が年収の3分の1を超える場合は破綻のリスクが高まるため、新規でお金を借りられない決まりです。該当する方は、なるべく早めに債務整理を依頼することをおすすめします。

借金の利息しか返済できず、借金を繰り返している

利息分しか返済できておらず、借金を繰り返している方も債務整理をすぐに検討する必要があります。この場合、利息が高いことが原因となっていることが多く、払っては借りる…の繰り返しになっている方が大半ではないでしょうか。

債務整理をおこなうと利息分が免除されることが多く、元金のみ返せばいい状態になるため、返済が今よりも楽になります。
利息しか返済できず借金を繰り返している方は、すぐに債務整理を相談してみてください。

東京の債務整理に関するよくある質問

最後に、東京の債務整理に関するよくある質問に答えていきます。これから債務整理を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

過払い金や借金に時効はありますか?

結論をいうと、どちらの場合にも時効が存在します。

過払い金の返金を請求する際の時効は10年です。借金を完済した日から10年が経過すると、過払い金請求の権利は消滅してしまいます。借金をした日から10年ではなく、完済した日から10年となるため注意が必要です。

また、借金の時効も存在します。消滅時効や時効援助ともよばれ、借金を長期間(通常の場合5年)放置していた場合に、債権者に時効を主張することで借金を消滅させる制度です。

時効となる期間は、5年と10年の2種類あり、5年の場合は消費者金融のキャッシングやクレジットカードの債務などが例に挙げられます。10年の場合は、信金や労金の債務、奨学金や個人間の貸し借りなどが該当します。

なお、すべての借金が時効になるわけではなく、認められないケースもあります。過去に裁判を起こされて債務名義を取られていたり、債権者に対して債務があることを認めたり(債務承認)した場合は、時効が認められない可能性が高いです。

債務整理を弁護士や司法書士に依頼するメリットを教えてください

債務整理を弁護士や司法書士に依頼するメリットは、依頼後すぐに債権者からの督促をなくすことが可能な点です。債務整理を開始すると受任通知が送られる仕組みになっており、これによって債権者は債務者に対して一切の督促行為をおこなえなくなります。

また、債権者との交渉や書類の作成、提出など、多くの手続きを代行してくれるため、依頼者への負担がなくなります。

このことから、債務整理を弁護士や司法書士に依頼するメリットは十分にあるといえます。

会社や家族に発覚することなく債務整理はできますか?

債務整理の方法を任意整理にすれば、会社や家族に発覚することなく手続きを進められます。

任意整理は、裁判所外でおこなう交渉のため官報で公表されることもありませんし、ブラックリストは本人または本人の委任を受けた方以外は見られないため、会社や家族に知られる心配もありません。

しかし、債務整理に関する書類を見られてしまった場合は、当然ですが借金があることを知られてしまいます。誰にも知られたくない方は、書類の管理には十分注意してください。

まとめ

本記事では、債務整理におすすめの弁護士や司法書士事務所を紹介しました。

借金の問題をなかなか他人に相談できず、一人で悩んでいる方も多くいますが、今回紹介した弁護士や司法書士事務所は、無料で相談をおこなっているところが大半です。一人で抱え込まず、まずは一度相談してみることをおすすめします。

※本記事の情報は2022年12月時点のものです。
※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。キャンペーンを含む最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。
※本記事で紹介しているサービス・商品に関するお問い合わせは、サービス・商品元に直接お問い合わせください。

<参考>
はたの法律事務所
東京ロータス法律事務所
弁護士法人ひばり法律事務所

目次