いざ、実験! どちらが使いやすい?「100円」VS「1000円」の味噌マドラー»マネーの達人

いざ、実験! どちらが使いやすい?「100円」VS「1000円」の味噌マドラー

「100円味噌マドラー」VS「1,000円味噌マドラー」

今や、我が家では欠かせないお料理アイテムになった味噌マドラー。

お味噌汁作りが楽になりましたし、味も一定になったので家族からも好評です

味噌マドラー、実験


味噌マドラーにはいろいろ種類がありますが、今回は1,000円味噌マドラーとセリアの100円味噌マドラーを、溶け方や使い勝手などの面から実験して比べてみたいとおもいます。

結果は意外にもセリアが大健闘! それでは早速実験結果をご覧ください。


1. 味噌マドラーは料理下手筆者のマストアイテム

お料理が苦手な筆者にとって、今や味噌マドラーは欠かせないアイテムです。

味噌マドラーとは、味噌を一定量味噌カップから取り出せる上に、お鍋の中でくるくるかき混ぜるだけでお味噌が溶かせる優れもの。

私は、以前はお玉ですくう派だったのですが、料理下手も合間って、毎回取れる味噌の量がバラバラで毎日微妙な味の、なんとも言えない残念お味噌汁になっていました。

薄かったり、激しく濃かったり。

かといって、大さじなどでお味噌をとると、溶かすのに時間がかかって面倒なんです。

けど、味噌マドラーと出会ってあっという間にお味噌汁上手に。

私みたいに味噌汁すら下手くそになってしまうお料理下手さんはあんまりいないと思いますが、毎回決まった量が取れる味噌マドラーは主婦の味方になるはずです。


2. 実験! 味噌マドラー!

さて、早速実験してみましょう。

用意するのはこちら。

・ 1,000円の味噌マドラー
・ セリアの100円味噌マドラー
・ はかり
・ ストップウォッチ
・ 400cc分の味噌を入れる前のお味噌汁を2つ。

お味噌汁の具は、私調べ「2大味噌マドラーに引っかかりやすい具」の「ワカメとネギ」です。

外観を比較


まずはこちらが1,000円の味噌マドラー。




小さい方が大さじ1で、大きい方が大さじ2です

味噌マドラーとしてだけではなく、ちょっとした混ぜ物にも使えるので重宝しています。

こちらはセリアの味噌マドラーです。



大さじ2しか取れませんのでその点は1,000円マドラーの方が便利です。

2つを並べたらこんな感じです。



味噌の取れ方を比較


次は、お味噌がの取れ方を比べて見ます。

こちらが1,000円マドラーでお味噌を取った場合。



こちらがセリアの100円マドラーです。



どちらも取る手間は変わりませんでしたが、1,000円マドラーはくるくる回して奇麗に取れるので、味噌を取るのが少しだけ楽しくなります。

けど、100円味噌マドラーに軍配が上がるのが「お味噌がなくなりかけたとき」です

お味噌パックは角が四角いので「角に残っているお味噌」もサクッと取れます。

1,000円マドラーは丸いので、どうしてもちょっとだけ残ってしまうので、この点では100円味噌マドラーの方が便利です

正確性の比較


次は正確性を確かましょう。

我が家の味噌を大さじ2、計量スプーンにとって計るとちょうど40gです。

それに対してそれぞれのマドラーの計測結果がこちら。

・ 1,000円マドラー 35g
・ セリア100円マドラー 35g

あれ? どちらも5gの誤差ありです。

大した量じゃないかもしれないけど、正確にお味噌を取りたい場合は困りますね。

我が家は、血圧注意報の家族がいるので、「減塩」ということでよしとしています。

溶け方を比較


次は、お味噌が溶けるスピードなどを比べて見ます。

ワカメとネギのお味噌汁の作りかけを2つ用意して、それぞれ大さじ2ずつのお味噌を入れて、1秒に1回のペースでぐるぐるとかき混ぜます



計測結果はこちら。

・ 1,000円マドラー 68秒
・ セリア100円マドラー 23秒



なんと、セリア100円マドラーのほうが半分以下のお時間で味噌が溶けました。

その差は45秒!

味噌を溶かす時間も惜しい忙しい方はセリアが良さそうです。

具の絡み方を比較


地味に面倒なのが、マドラーに具が絡むことです。

具が絡まないようにザルを使えばいいのですが私は面倒臭がりなので、そのままぐるぐるかき混ぜたいのです。

では、ぐるぐるかき混ぜた後のマドラーを比べてみましょう。


どちらもネギやワカメが絡んでいますが、どちらかというとセリアのほうが絡みづらいです。

そして、味噌が溶けやすかったことでもわかるように、絡んだ具もぐるぐる回せば取れます。

それに対して1,000円マドラーはぐるぐる回してもなかなか取れないので若干面倒です。


3、実験結果

では実験結果をおさらいしましょう。

味噌の取れ方


1,000円マドラーとセリア100円マドラーに大差なし。

1,000円マドラーは大さじ1もついているから調整しやすい

味噌がなくなりかけた時は、セリアのほうが便利

正確性


両者とも、実際の大さじ2=40g(我が家の味噌の場合です)と5gの誤差があり。

味噌の溶け方


1,000円マドラー68秒、セリア23秒で、セリア100円マドラーの圧勝

具の絡み方


セリアのほうが絡みづらく取りやすい


結論

セリアの味噌マドラーは使い勝手の面で、1,000円マドラーより優秀

味噌が溶ける時間が圧倒的に早かったのが、セリアの味噌マドラーだったので、今回の対決はセリアに軍配が上がりました。

ただ、セリアの味噌マドラーは触るとグラグラ揺れて、長期間使うと壊れるかもしれません。

それに対して1,000円味噌マドラーはしっかりとした作りなので長持ちしそう。

耐久性と使い勝手、どちらを選ぶかはあなた次第なので、好きな方を選ぶと良いでしょう。

ちなみに私はセリアの味噌マドラーを買ってからというもの、1,000円味噌マドラーは卵を混ぜたり、ホットケーキを作ったりするときに活躍するようになりました。(執筆者:平林 亮子)

この記事を書いた人

平林 亮子 平林 亮子»筆者の記事一覧 (29)

小さな商社から損害保険会社に転職後、結婚、妊娠を経て専業主婦になりました。今はライターとして保険、税金、美容関係の記事を執筆しています。趣味は貯金!特技も貯金!節約から株式投資まで、資産形成のために奮闘中です。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
味噌マドラー、実験
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ