慎重に選びたい「車椅子」 レンタル、購入、中古品どれがお得で便利?

車椅子が必要となる場面とは?

この記事に目を通してくださっている人は、身近な人に車椅子が必要となり介護保険サービスのレンタルがいいのか、購入する方がいいのか考えているところだと思います。

車椅子が必要となる場合とは、完全に歩けない場合か、屋外等の一部に限り歩行がスムーズでないため車椅子に頼る場合があります

歩行が困難な人にとって、車椅子は自分の足に代わるものであり、福祉用具のなかでも大変重要なものの中のひとつになります

それだけ、慎重に選んで後悔のないようにしたいところですね。

レンタルと購入どちらがお得?

レンタルの場合はいくらぐらいかかる?

車椅子はホームセンターなので簡単に購入することができます。

もちろん、ネット販売でも購入することができます。

≪画像元:楽天市場

画像の通り、購入したとしてもそんなに高額なものではありません。

大体2~3万円のものが多いでしょう。

ホームセンターなら介護用品のコーナーに置いており、安価なものなら1万5,000円程でも購入することができます

但し、商品は金額相当のものになります。

レンタルするならいくらぐらい?

車椅子のタイプによって異なりますが、月々400円~700円ぐらいです。

最近の車椅子は高性能で利用する人にピッタリのものをレンタルすることができるのです。

下の通り、介護保険を利用してのレンタルには条件があります。

介護保険を利用してのレンタルには条件があります

≪画像元:ワムネット

車椅子とセットで付属品をレンタルすれば、自分の身体にピッタリの乗り心地にすることができます。

車椅子とセットで付属品をレンタルすればフィットします

レンタルって使用感がったり、汚れが目立ったりするのでは?

車椅子に限らず、福祉用具のレンタルは非常にキレイな状態で借りることができるのです。

個人的な印象ですがほぼ新品です。

目立った汚れがあることはないと思っていて大丈夫です

レンタルですので、身体に状態に変化があり違うタイプの車椅子が必要となれば、また別の車椅子をレンタルすることができるのです

そして、メンテナンスも業者がしてくれます

ブレーキの具合やパンク修理もお任せしても大丈夫なのです。

最終的に必要がなくなれば返却するだけなので場所も取ることがありません。

中古を購入する選択肢は?

ネットでも業者でも中古車の取り扱いは行っているでしょう。

多くの場合はホームセンター等で販売している格安の車椅子ではなくて、一台10万円前後するものを中古として販売しています。

≪画像元:げんき介

上記の画像は1万8,000円ですがメーカーは一流の松永製作所です。

製品自体はとても良いのですが、購入ですので自分でメンテナンスが必要となります

また、補償についても購入の際に確認しておく必要があります

良いもの安く手に入れるためには中古の車椅子を購入してもいいかもしれませんが、メンテナンス等の事も含め総合的に判断して購入するか決定する必要があります。

結局どちらがお得で便利なの!?

後々のことを考えた場合、介護保険を利用したレンタルがお得で便利だと思います

その理由を以下の点にまとめてみました。

(1) レンタルとは言っても非常に備品である
(2) 月々の支払いが安い
(3) メンテナンス等余計なストレスがなくてすむ
(4) 使わなくなれば返却できる
(5) 乗り心地が悪かったり、身体状態に合わなくなればまた別の商品をレンタルできる

安価なものを購入してメンテナンスが面倒だったという話もよく耳にしますね。(執筆者:陽田 裕也)

この記事を書いた人

陽田 裕也 陽田 裕也»筆者の記事一覧 (47)

介護福祉士の養成校を卒業後、介護福祉士として特別養護老人ホームに勤務する。その後、介護支援専門員や社会福祉士を取得して、現在は生活相談員として相談援助の分野で高齢者福祉に関わっている。高齢者虐待予防や適正な身体拘束についても取り組みを強化し、日々自己研鑽に務めながら、介護保険制度についても理解を深めている。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう