「IPO投資」ってなんで人気なの? 概要と人気の理由、申し込み時の注意点を解説します。

IPOとは

IPOとは日本語で言うと新規公開株です。

株は基本的に市場に上場していないと売買できません。

そのために、未上場の株を投資家に売り出して取引所に上場させるものです。

IPOに当選するためには

IPOが人気の理由

IPOばかりを狙う投資家もいるように、投資家の間でも人気のある投資手法です。

人気の理由は、人気のIPO銘柄は上場日の初値が大きく値上がりする可能性があるからです。

IPOは証券会社に申込みをすると抽選がおこなわれ、当選すると買う権利が貰えます。

IPO株の購入は抽選です。

どの証券会社でも手数料なしで購入でき、上場日の初値で売るという手法の簡単さも人気の理由です。

売るときは手数料がいりますが、買うときは手数料がいらないのも利益が出しやすい理由です。

また、中には多くの投資家に申し込んでもらうために、企業の業績などからは割安な株価設定になっている場合もあります。

どこの証券会社も同じではない

IPOは取り扱いしている証券会社以外では申し込めません。

IPOは申込みをしなければ当選もしません。

上場している銘柄はどこの証券会社でも購入できますが、IPOは取り扱いしている証券会社以外では申し込めません。

つまり、人気のIPO銘柄でも、普段取引している証券会社では申込めない可能性があるのです。

証券会社のホームページなどを確認すれば、取り扱いしている銘柄が分かります。

いつも取引している証券会社で取り扱いをしていない場合は、取り扱いしている証券会社に口座を開設して申込む必要があります。

主幹事と幹事

IPOには主幹事幹事証券会社があります。

この2種類の証券会社がそのIPOの銘柄を取り扱いしています。

主幹事証券会社は、その企業が上場するにあたりサポートした証券会社です。

幹事証券会社は、そのIPOをただ取り扱いしている証券会社です。

主幹事の証券会社は、IPO銘柄を多く保有しているため当たりやすくなります。

幹事証券会社は分配された株数を保有しているので、多い場合もあれば少ない場合もあります。

企業の上場をサポートするためには、一般的に法人部門が行うので、ある程度規模の大きい証券会社が必然的に多くなります。

総合証券はIPOの抽選に優遇ステージを使用している

抽選確率が違う場合がある

普段はネット証券で手数料が安いところで取引をし、IPOのために総合証券に口座を開設しておく方法もあります。

しかし、総合証券はIPOの抽選に優遇ステージを使用している場合があります。

これは知らない間に決まるのではなく、証券会社のホームページに記載されています。

優遇ステージは、預けている資産が多く取引量の多い顧客ほど当選確率が高くなっています。

そのため、IPOのためだけに利用しても人気の銘柄は当たりにくいです。

中には、取り扱い株数が多い場合は公平なこともあるのでチェックしてみましょう。(執筆者:成田 恵)

この記事を書いた人

成田 恵 成田 恵(なりた めぐみ)»筆者の記事一覧 (38)

証券会社で6年間営業をしたあと、結婚を機に退職し、自分でも株式や投資信託などの投資を行っています。現在は、子育てや家事の合間に投資やライティングをしています。
<保有資格>証券外務員1種
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう