ついに10月に入り、消費税が10%になりました。

増税により日常生活に影響がでないよう軽減税率が導入されましたがお店はレジを変更したり、店内飲食をなくしたりと対応に追われていました。

私たち消費者側も何が8%で何が10%なのか、慣れるまで時間がかかりそうです。

他にも、軽減税率だけでなく「キャッシュレス決済」により消費者に還元される施策が導入されています

これもまた、導入まで短期間でしたので各社対応に追われておりました。

いわゆる現金払いでない「キャッシュレス決済」にした場合、ポイント還元が受けられる施策なのですが、どのようなものなのか、私たち消費者にどんなメリットがあるのかを調べてみました。

キャッシュレス決済とは

キャッシュレス決済と言っても、今はいろいろな手段があります。

キャッシュレス決済とは

現金ではなく、カードやスマートフォンなどで支払いができます。

では、キャッシュレス決済をすることでポイント還元される施策とは、どんなものなのでしょうか。

キャッシュレス・消費者還元事業

消費税の増税により、急に消費が落ち込まないよう緩和するために実施された施策です。

支払いをキャッシュレス決済にすることでポイントが還元されます

キャッシュレス・消費者還元事業の概要

実施期間:2019年10月より9か月間(2020年6月まで)

支援内容:事業者の規模により、2%~最大5%が還元されます。

参考元:経済産業省(pdf)

事業者の規模により、2%~最大5%が還元

コンビニについては別途、独自施策がありますので補足をご確認ください。

ポイント還元ですが、お店の規模により還元率が異なります

2%のところもあれば、5%のところもあるので、どのお店が何%のポイント還元なのか消費者はわかりにくいです

国の補助金を使う施策ですが、導入側の店舗や企業も大変だと思います。

しかし、消費低下の緩和だけでなく、キャッシュレス決済の推進にも役立つ施策だと思います

諸外国の中でもキャッシュレス決済が進んでいない日本なのですが、来年のオリンピックに向けてキャッシュレス決済ができるお店は増えたほうが良いでしょう。

補足

コンビニは自社が運営する直営店(還元率0%)もあれば、オーナーさんが運営するフランチャイズ店(還元率2%)もあるので、本来であれば還元率がお店によって異なります。

しかし、それでは消費者に分りにくいということで、ローソン、セブンイレブン、ファミリーマートは全店舗で統一して2%のポイント即時充当を行うことを発表しています。

直営店の分は自社負担です。

ここまで、キャッシュレス決済のポイント還元についてお伝えしてきましたが、さらにおトクな買い方もありますのでお伝えいたします。

楽天ペイでのおトクなお買い物

決済アプリが次々と登場しています。

今回は楽天ペイでのおトクなお買い物をご紹介します。

楽天ペイというのは、アプリでQRコードを読み取ったり、バーコードをお店側に読み取ってもらうことで決済する、スマホさえあれば支払いができる便利なアプリです。

楽天ペイでは、前述の「店舗によりポイント還元率がわからない」という問題を払拭するために「全店舗対象!!期間中ずーっと5%還元」というキャンペーンを行っています

全店舗対象!!期間中ずーっと5%還元

≪画像元:楽天ペイ

楽天ペイで支払いすることで、どの店舗区分でも合計5%が還元されます

キャッシュレス・消費者還元事業の還元ポイントが2%のお店でも、楽天ペイから3%が還元され、還元ポイントが0%のお店でも、楽天ペイから5%が還元されますので合計5%の還元率となります。

還元ポイントが0%のお店でも、楽天ペイから5%が還元されます

≪画像元:楽天ペイ

楽天ペイでは「楽手スーパーポイント」が還元されますが、ポイントは他のお買い物に使えたり支払いにあてられたりと使い勝手が良いのも魅力です。

例:楽天市場、ラクマ、楽天証券など

また、楽天ペイで支払い、引落し先が「楽天カード」に設定されているとさらに+1%のポイントが還元されます。とってもお得です。

例えば、2万円のお支払いの場合、現金払いでしたら還元率は0%ですが、楽天ペイでお支払いすると店舗区分にかかわらず5%が還元され、さらに楽天カード払いの場合はプラス1%が還元され、合計6%(1,200ポイント)を受けられます

楽天カードでさらに+1%のポイントが還元

≪画像元:楽天ペイ

また、コンビニでは2%のポイント即時充当があると書きましたが、楽天ペイで支払った場合は、即時充当に加えて、楽天ペイおよび、楽天カード分のポイント還元を受けられるのでさらにお得となります

お買い物をする場所や支払い方法を工夫することで、よりおトクにお買い物ができたら消費者としてはうれしいです。

キャッシュレス決済を日常化させるには良い機会です

今回はキャッシュレス決済やポイント還元についてお伝えしてきました。

キャッシュレス・消費者還元事業や楽天ペイのキャンペーンに期間がありますがキャッシュレス決済を日常化させるには良い機会だと思います。

新たな施策の導入は労力がかかり大変なのは確かです。

問題も多いのですが、今後も増税は予測されます。

私たち消費者も日頃の消費について考えたり、お金の使い方を工夫したりと増税に負けない家計づくりをしていく必要があります。

増税に対応した施策やさまざまなキャンペーンがありますので、皆さんの使いやすいものやおトクと感じられるものを探してみてください。(執筆者:藤井 亜也)