貯金とダイエットは似ている

節約もダイエットも、計算式は同じです。

・ 節約【収入 -支出=黒字(赤字)】

・ ダイエット【摂取カロリー -消費カロリー=体重増(体重減)】

計算式は単純でも、そう簡単にいかないのがこの2つの悩ましいところです。

でも、この2つを解決する答えは、ほぼ明らかになっています。

それは、「無理をしないこと」に尽きるのです。

貯金とダイエットは似ている

つまり、ストイックにがんばらず、ストレスをためないこと。

貯金は人生のある一時のためのものではなく、老後を送るそのときまで必要になってくるものです。

スポーツにたとえるなら、マラソンと同じ。

多くの人が勘違いをしているのが、ここなのです。

貯金生活を始めると、「さあ、がんばるぞ」と短距離走のようなスタートダッシュをしてしまいがちです。

でも、マラソンでそれをやれば、当然のように途中で息切れしてしまいます。

ストレスがかかる方法はほぼ失敗する

・ お金を貯めるために、毎日家計簿をつける

・ 日用品を1円でも安く買うために、遠方のお店まで行く

といったことが続くのは、根性がある人だけ。

運動部員のように、コツコツと練習を積み上げて得られる達成感に喜びを感じる人にとって、それは最適な方法です。

でも、それ以外の人がやると、途中でリタイアするはめになります。

そもそも、現代人がこのような細かいことをする余裕なんてほとんどないでしょう。

食事も買い物も切りつめた結果、ストレスでリバウンドする。これが失敗のパターンです

実際、私は相談者にまずは常識的な節約をすすめます。

でも、多くの人は途中で脱落してしまうのです。

であれば、手間がかからず、楽しくて疲れない方法を長く続けたほうが確実に貯まります

楽しくて疲れない方法を長く続ける

本書を読んで、まずは「これなら自分に合っている」、「面白そう」と感じるものを1つ始めましょう

それをとりあえず1か月続けてください

貯金成功の鍵は、楽しく続けることです。

1つ、また1つとクリアしていくと、あなたの貯めるエンジンは回転数を上げていきます。

それがある一定のラインを超えると、マラソンランナーが走行中に快感を覚える、ランナーズハイのような現象が起こります。

要は、お金が貯まっていくことで気分がよくなっていくのです。

お金を貯める際に最も大切なことは、気持ちに働きかけることなんです。

本記事は以下書籍から内容を一部抜粋して掲載しております。
「ズボラでもお金がみるみる貯まる37の方法」飯村 久美
書籍購入は以下から行えます(Amazon)