ヘアバンドはさっと髪をまとめる時に便利です。

100円ショップから雑貨ショップなどであれこれ買ってみましたが、ゴムがきつすぎたり逆に緩すぎたりとなかなか自分サイズのヘアバンドに出会えません。

そこでなるべく縫わなくても良くて、サイズ調整もしやすいヘアバンドを作ってみました

ヘアバンドといってもいろいろなタイプがありますが、今回作ったのはこちらのタイプです。

手作りのヘアバンド

細長い布の端にゴムを八の字に通してあります。

ミシンがないので手縫いです。

【材料】

・ 布 60cm × 15cmほど

・ 輪っかになっていない、長いヘアゴム

【道具】

・ 針と糸

・ アイロンとアイロン台

・ メジャーか紐

・ 洗濯ばさみ

作り方(1) 長さを決める

自分サイズを作るのですから、採寸する道具が必要だと思われるかもしれません。

しかしメジャーがなくても、紐などちょっと長いものがあれば大丈夫です。

その方法は、耳の後ろから紐をぐるっとあてて、ヘアバンドの布部分のサイズを決めます

クリップや洗濯ばさみで目印にします

簡単な採寸方法

(1) で測った長さに、ゴムを通す用の長さを足します。

今回は約3cmずつ、足しました。

ゴム通しのために+3センチ

これでヘアバンドの長さが決まりました。

次は幅を決めます。

作り方(2) 幅を決める

今回はヘアバンドの縦の幅を5cmで作りました。

この幅はお好みで変えても大丈夫です。

好みの幅で作れます

どれくらいの幅が良いのかは布の柄やお好みで変わります。

鏡で見ながら、布を折って頭にあててみると完成イメージが沸きやすいです。

作りたい幅が決まったらそれを2倍にし、縫い代2cmを足します

図にするとこんな感じです。

【自分サイズヘアバンドの型紙】

ヘアバンドの型紙

自分のサイズで型紙を作っておくと作る時も便利です。

作り方(3) アイロンをかける

今回、最大の難関はここです。

アイロンという面倒くさい作業を入れることで、仕上がりが奇麗になりますし、その後の作業も楽になります。

縫い代が真ん中で重なるようにして、折り目にアイロンをかけます

折り目にアイロンをかけましょう

重なった部分は布用接着剤かアイロン接着テープでつなぎ合わせます。

縫う場合は裏表になるよう2つに折って、端から1cmのところを縫います

縫い終わったら表に返してアイロンをかけます。

縫い代が真ん中で重なるようにしアイロンをかける

作り方(4) ゴムを通す部分を縫う

両端を折って、ゴムが通る場所を縫います

両端を折って、ゴムが通るところを縫います。

先端が細くなるように折り、

赤い点線のところを縫います

端から1cmを2回折ります。

できればアイロンをかけましょう。

赤い点線のところを縫います

筆者は家にミシンがないので手縫いで縫いました。

ここまできたらほぼ完成です。

作り方(5) ゴムを8の字に通す

(4) で作った箇所にゴムを通します。

ヘアゴムは結ばれていない1本の紐状のものを使います。

図のように八の字になるように通して軽く結びます

八の字になるように通して軽く結ぶ

頭にセットして、ゴムの長さを調節します。これで完成です。

【アレンジ例1】形を変えてみる

すこし形を変えてもうひとつ作りました。

こちらはアイロンや接着剤を使わず、全て手縫いです。

Tシャツ素材なのでフィット感は良いのですが、その分伸びるのも早そうだと感じました

布部分が伸びてきたら、ヘアゴム部分を短くして調節します。

形や素材を変えてみる

【アレンジ例2】柄のあるYシャツ生地

Yシャツ生地は伸びないので、縫ったりアイロンかけたりと作業がしやすい生地です。

Tシャツ素材と比べると装着時の締め付け感があります

このような凹凸のない生地は滑りやすいので、ヘアピンで留めて使っています

伸びない生地は、布幅を広くしたほうが締め付け感が緩和され、滑り対策にもなりそうです。

Tシャツ素材でも作れます

リメイクすれば材料費は100円以下

今回作ったヘアバンドは、アイロンテープや接着剤を使わず手縫いで作れば材料費は三つとも100円以下で作れます。

その理由は全てリメイク作品だからです。

紺色はスカートの裏地、グレイは長袖Tシャツの袖部分、鳥柄は子どものシャツからできています。

色あせや胸元の落ちないシミなどで中古販売には出せない衣類の奇麗な部分を切って作りました

ハンカチや手ぬぐいも通気性が良いのでヘアバンドに向いている素材です。

わざわざ新しく布を買わなくても、クローゼットの中に材料が眠っているかもしれません

生地を購入する場合、横の長さは60cmあれば足りると思います。

今回の形なら縦の長さは12cmですが、お店で長い布をカットして購入するなら、作りたいサイズより数センチ多めにカットしてもらいましょう

洗濯で大きく縮むこともあります。

布製のヘアアクセサリーは節約効果抜群

2本で100円だった黒いヘアゴムは、ヘアバンド3つと子どもの通学用ヘアゴムになりました。

布製のヘアアクセサリーは、材料費を工夫しやすく節約効果が高いアイテムです。

おうち時間の充実と節約に、この夏挑戦してみてはいかがでしょうか。(執筆者:田中 よしえ)