10月より、「スシロー」と「くら寿司」で一部メニューの値上げを予定しています。

つまり、9月は値上げ前最後のフェア開催です。

価格改定前ラストの“大盤振る舞い”は、値上げを実施しない「はま寿司」とのフェアとお得感に違いはあるのでしょうか。

どこがお得?

今回は、スシロー・はま寿司・くら寿司の9月後半フェアの内容と、それぞれの目玉商品やお得感について紹介します。

※記事内の表記価格はすべて税込です

スシロー 価格改定前ラストの「100円祭」

価格改定前ラストの「100円祭」

≪画像元:スシロー

スシローでは、価格改定前の大盤振る舞いとして「スシロー100円祭」を開催してきました。

9月14日(水)からは、第5弾として、“うまい!腹いっぱい!楽しい!”スシロー渾身の寿司ネタを、一皿110円で提供します。

開催期間:2022年9月14日(水)~完売次第終了

対象メニュー・目玉ネタ

生サーモン(一貫):165円 → 110円 ※9/14~9/22144万食限定

ビントロ(二貫)※66万食限定

数の子(二貫)※66万食限定

えびマヨサラダ(二貫)※34万食限定

マーラー風味赤えび 揚げネギ添え(一貫)※79万食限定

牛塩カルビ(二貫)※60万食限定

えんがわ(二貫)※330万食限定

「生サーモン」は、スシローの一皿165円の商品ですが、期間中に限り65円引きの大特価。

その他、フェアでしか登場しない「ビントロ」や、シビ辛がアクセントになった「マーラー風赤えび 揚げネギ添え」も、今しか味わえない限定メニューです。

※沖縄県の店舗は、台風の影響で販売開始が遅延しています。

はま寿司 旬を先取り!「牡蠣とうまネタ祭り」

はま寿司 日本のうまいネタ祭り

≪画像元:はま寿司

はま寿司では、旬の海鮮を一足先に味わえる「はま寿司の牡蠣とうまネタ祭り」を開催します。

開催期間:2022年9月15日(木)~なくなり次第終了

秋が旬の「牡蠣」を主役に、はま寿司の看板メニュー「まぐろ」も、大とろ・中とろ・ほほ肉といった、さまざまな部位を堪能できます。

対象メニュー・目玉ネタ

はま寿司のフェアはいつも品数が多く、今回も30品以上の限定メニューを提供します。

この中から、コスパが良くレア感のあるおすすめ商品をピックアップしました。

広島県産 牡蠣握り(一貫):110円

広島県産 牡蠣握り もみじおろしのせ(一貫):110円

広島県産 牡蠣握り ポン酢ジュレのせ(一貫):110円

天然紅鮭(一貫):110円

大切りびんちょう(一貫):110円

大切りびんちょうレアステーキ(一貫):110円

厳選まぐろ 中とろ(一貫):165円

大切り本鮪大とろ(一貫):319円

本鮪ほほ肉握り(一貫):319円

一本穴子(一貫):480円

広島県産 カキフライ軍艦(二貫):165円

広島県産 カキフライ4個(タルタルソース):308円

和栗のモンブラン:286円

今回の主役「広島県産 牡蠣握り」は、迷わず食べておきたい一品。

濃厚な味わいの牡蠣を、一貫110円で楽しめるのはお得感がありますね。

ポン酢ジュレ、もみじおろしの変化球も同価格です。

ほどよく脂の乗った「天然紅鮭」や、希少価値の高い「本鮪ほほ肉握り」を堪能できるのも今だけ。

このほかにも、地域限定の「姿やりいか」やボリューム満点の「釜揚げ小えびつつみ」など、お腹も心も満たしてくれるリーズナブルなお寿司が目白押しです。

かっぱ寿司 贅沢の極み!「生サーモンとうにといくらフェア」

かっぱ寿司 生サーモンとうにといくらフェア

≪画像元:くら寿司

くら寿司では、贅沢ネタを勢ぞろい!「生サーモンとうにといくらフェア」を開催します。

開催期間:2022年9月16日(金)~なくなり次第終了

生サーモンに、新物のうに、いくら、まさに贅沢の極みです。

全国100の漁港をとタッグを組み、10年の歳月をかけて実現した今回のフェア。

寿司ネタを見る限り、9月の回転寿司チェーンNo.1の豪華さです。

対象メニュー・目玉ネタ

大切り生サーモン(一貫):220円 → 110円

生サーモンカルパッチョ(一貫):220円

生サーモンいくら(二貫):220円

特大切り!漬けサーモン(一貫):110円

新物うに軍艦(一貫):330円

大粒いくら軍艦(二貫):330円

紅鮭いくら軍艦(二貫):220円

味付けいくら(二貫):110円

極み漬けびんちょう(二貫):110円

特盛!まぐろ軍艦(二貫):220円

とろける穴子(二貫):220円

うな丼にぎり(一貫):220円

キャベツニザダイ(二貫):220円

あわびにぎり(二貫):220円

【北海道産】干しするめいかの天ぷら:220円

【北海道名産】濃厚味噌バターコーンらーめん:450円

あげもなか:220円

ブルーシールアイス(夕張メロン):380円

フェアの主役、「大切り生サーモン」「新物うに軍艦」「大粒いくら軍艦」の3商品は食べておきたいところ。

うに軍艦といくら軍艦は、一皿330円と回転寿司として高めの価格ですが、うにに関しては貴重価値の高い新物です。

テイクアウトで食べ比べを楽しむのもアリ

9月後半の、スシロー・はま寿司・くら寿司のフェアは、どれも甲乙つけがたい魅力的な内容です。

 

一皿100円でお得感を優先したい方は「スシロー

旬の牡蠣をお得に味わいたい方は「はま寿司

ちょっと高くても贅沢ネタを堪能したい方は「くら寿司

 

がおすすめです。

店選びを迷ってしまう方は、お目当てのネタをテイクアウトして、お寿司の食べ比べを楽しむのも良いでしょう。

開店寿司チェーン店各社のフェア商品は、すべて期間・数量限定ですので、ぜひお早めに来店してください。(執筆者:三木 千奈)