※本サイトは一部アフィリエイトプログラムを利用しています

注目記事【30名に1000円分のQUOカードプレゼント】マネーの達人LINEアカウントを登録して1,2分のアンケートに答えるだけ!

聞こえる生活で活動力アップ!高齢者の失敗しない補聴器選び3タイプの価格やメリット・デメリット

シニア 介護
聞こえる生活で活動力アップ!高齢者の失敗しない補聴器選び3タイプの価格やメリット・デメリット

高齢になってくると、身体の節々が痛くなってきたり、歩くのがおっくうになってくることもありますが、耳の聞こえが悪くなったという声も多く聞きます。

家にいる時には、電話やテレビの音を大きくすることで対応できますが、人と会話する際に何度も聞き返すことになり、人と話すことが嫌になる方もいます。

人との交流を避けると、閉じこもりがちになり、認知症のきっかけになる可能性があります。

今回は、聞こえの助けになる補聴器についてご紹介します。

補聴器

補聴器には、主に3種類の形がある

補聴器の形には、

  • 耳あな型
  • 耳かけ型
  • ポケット型

などがあります。

皆さんが高齢者の補聴器というと思い浮かべる形は、耳あな式です。

補聴器には3つも種類があるように、聞こえの度合いによって選ぶ補聴器は異なります。

また、利用する方の状態によっても最適な補聴器の形は異なります。

補聴器は、値段が高いものですので、後悔のないように慎重に選びたい物の1つです。

軽度難聴で補聴器が目立たない「耳あな型補聴器」

耳あな型の補聴器は、耳に収まり人から見えにくいため、人気があります。

しかし、補聴器が小さければ小さいほど外部からは見えにくくはなりますが、小さいものは軽度難聴の方のみ対応した性能になっています。

また、耳に入れる際に小さい為にボリュームボタンを避けて持つことができず、ボリュームボタンにさわってしまい、装着した後に音が聞こえないと言われる方も少なくありません。

他には、小さすぎるため、耳に入っていることを忘れて洗髪してしまい壊れたり、うっかり捨ててしまったりする場合もあります。

耳あな型補聴器は、ボタン電池で動いている為、小さい電池の交換を行うことも、高齢の方にとっては難しい作業です。

しかし、人から見えにくい点は大きな魅力です。

耳あな型補聴器を上手に利用できる方は、手先が器用な方、認知面がしっかりしている方です。

おすすめの耳あな型補聴器は

リオネット補聴器 リオネットシリーズ マキシエンス HI₋C2AAです。

リオネット補聴器 リオネットシリーズ マキシエンス HI₋C2AA

≪画像元:リオネット補聴器

価格は、両耳(2台) 69万7,000円、片耳(1台)41万円になります。

オーダーメイドの商品で耳の外耳道のかたどりを行い、耳の形にピッタリとあった補聴器をつくることができます。

横や後ろの音を抑え、正面の人との会話音を聞き取りやすくできます。

耳あな型補聴器をしっかりと管理できる、軽度難聴で補聴器を目立たせたくない方におすすめめです。

おしゃれな見た目で電池交換なしの「耳かけ型補聴器」

耳かけ型の補聴器は本体が耳あな式より大きいため、音量などが操作しやすいところが魅力です。

電池交換の手間がない充電式の機種もあります。

小さなタイプも出てきており、使用中も目立たなくなってきています。

しかし、高度以上の難聴の方の場合、本体が大きくなっていきます

おすすめの耳かけ型は

Panasonic 充電式補聴器 耳かけ型 R4シリーズです。

小型で目立ちにくいRIC型の補聴器です。

音声出力部分が耳の中に入る部分にあり、鼓膜に近くなる為、ダイレクトに音が伝わります。

非接触式の充電方式の為、夜寝る前に充電器に置いておくだけで、朝に充電が完了します。

スティックタイプのリモコンとスマホアプリにより、簡単に音量調節ができます。

汗やほこりなどによる故障がしにくい仕様になっています

Panasonic 充電式補聴器 耳かけ型 R4シリーズ

≪画像元:パナソニック

価格は、グレードで3段階あります。

型番両耳片耳
WH-R4786万9,000円48万4,000円
WH-R4564万9,000円36万3,000円
WE-R4343万7,800円24万7,500円

また、全10色で、丸っこくおしゃれな見た目をしています。

補聴器も自分らしくこだわりたい、手軽に利用し続けたい方にピッタリな補聴器です。

ポケット型補聴器

ポケット型補聴器は、本体を首からかけて、耳にイヤホンをして使います。

首からかけるため補聴器をしていると見てわかりますが、イヤホンをしたまま手元で操作ができるので操作性は抜群です。

さらに、トリマー式補聴器は自分で簡単な調整ができます。

他の補聴器と比べ、価格も安いという点も魅力です。

おすすめのポケット型は

リオネット補聴器 HD-31です。

リオネット補聴器 HD-31

≪画像元:リオネット補聴器

価格は、片耳(1台) 6万3,000円になります。

本体が大きいため、紛失しにくく操作も簡単な為、置き忘れがあったり細かい作業が苦手な方におすすめです。

高い買い物なので使用者に合うものを選ぼう、レンタルや助成も検討

今回は、3タイプの補聴器をご紹介しました。

補聴器は高い買い物ですので、気軽に買い替えができない物です。

最初からそれぞれの状態にあった物を選ぶことが重要です。

今回は3タイプとも国内メーカーの補聴器ですが、海外メーカーの補聴器や骨伝導型や骨導メガネなどもあります。

自分の生活スタイルに合う補聴器を選ぶために、色々な機能や形の補聴器を試してみてください。

お店によっては、長くお試し期間をとっているところもあります。

費用が心配という方には、購入ではなくレンタルの補聴器もあります。

市区町村によっては、補聴器購入費用の助成を受けられる場合もあるので、事前に助成があるか調べてみることをおすすめします。

聞こえづらさを放っておかずに、ぜひ検討してみてください。(執筆者:現役老人ホーム施設長 佐々木 政子)

《佐々木 政子》
この記事は役に立ちましたか?
+0

関連タグ

佐々木 政子

執筆者:現役老人ホーム施設長 佐々木 政子 佐々木 政子

ケアマネージャーを7年経験して、現在は現役で老人ホームの施設長を務める介護のプロです。女性ならではの目線も入れながら、介護に悩み困り不安を持つ皆さまにお役立ち情報を提供していきたいと思います。我が家の親も要介護者です。同じ目線で不安と戦っていきましょう! 寄稿者にメッセージを送る

今、あなたにおススメの記事

特集