※本サイトは一部アフィリエイトプログラムを利用しています

注目記事【30名に1000円分のQUOカードプレゼント】マネーの達人LINEアカウントを登録して1,2分のアンケートに答えるだけ!

遠距離介護

【親の介護】公的支援やサービス以外の知っておきたい介護費用「節約ワザ」 画像
シニア

【親の介護】公的支援やサービス以外の知っておきたい介護費用「節約ワザ」

親の介護については「必要になったら考えよう」と先延ばしにしやすく、公的支援やサービスも多いため「なんとかなるだろう」と思っている人も多いのではないでしょうか。 しかし介護にかかる「見えにくい出費」は意外と多く、介護が長引

+2
夫婦で認知症になったらどうする? 在宅介護と施設の選び方 画像
シニア

夫婦で認知症になったらどうする? 在宅介護と施設の選び方

介護施設では、夫婦で認知症になって、一緒に入居されている方が増えてきています。 夫婦で認知症になるということは、介護するご家族の大変さも2倍になります。 今回は、夫婦で認知症になった場合の介護について、対応と施設介護の選

+10
離れて暮らす高齢の両親のために 活用したい「見守りサービス」3選 画像
シニア

離れて暮らす高齢の両親のために 活用したい「見守りサービス」3選

介護保険の利用に関わらず、遠くに住んでいる両親が毎日、無事で暮らしているかどうかだけが心配という方も多いことでしょう。 そこで利用したいのが「見守り・安否確認サービス」です。 これは、何かあったらすぐに本人のもとに駆けつ

+5
遠距離介護の強い味方「見守りサービス」の種類・内容と料金 メリットも併せて解説 画像
シニア

遠距離介護の強い味方「見守りサービス」の種類・内容と料金 メリットも併せて解説

現代の日本は核家族化が進み、高齢者の1人暮らしや高齢者のみで生活する世帯も増加しています。 離れて生活する親などに介護が必要となった場合に仕事を辞めて同居する選択をする方もいますが、遠距離介護を選択する人も少なくありませ

+1
「遠距離介護」の不安を解消「緊急通報システム」 かかる費用と自治体の補助金制度 画像
シニア

「遠距離介護」の不安を解消「緊急通報システム」 かかる費用と自治体の補助金制度

離れて生活する親などが加齢や疾病に伴い介護が必要な状態になった際に始めは同居を考えますが、遠距離介護を選択する人は少なくありません。 遠距離介護をすると決めた際に心配になることの1つに「体調不良などによる緊急事態に気づく

+0
【遠距離介護の交通費】飛行機、鉄道の割引制度で2~4割安く 財布・心・体の負担を減らそう 画像
シニア

【遠距離介護の交通費】飛行機、鉄道の割引制度で2~4割安く 財布・心・体の負担を減らそう

令和元年版高齢社会白書によれば、65歳以上の高齢者の半数以上は「単独世帯」または「夫婦のみ世帯」に属している状況であり、子どもと同居せずに生活している高齢者人口の増加も顕著に見られています。 同居率が下がっている昨今は、

+7
同時進行のプロ、訪問ヘルパーの「時間とお金の節約術」 別居の家族介護に通うかたはぜひ取り入れて 画像
シニア

同時進行のプロ、訪問ヘルパーの「時間とお金の節約術」 別居の家族介護に通うかたはぜひ取り入れて

ヘルパーの時間とお金の節約術 介護保険訪問ヘルパーサービスは、限られた時間でケアプランに掲げられる必要な支援を行います。 買い物のサービスでは調理もセットで計画されている場合が多く、時間の配分がなかなか厳しいというのが実

+0
【遠距離介護の費用】「介護帰省割引」で1万5100円の節約! 負担大の「通信費」と「帰省費用」 知っておきたい節約のコツ 画像
シニア

【遠距離介護の費用】「介護帰省割引」で1万5100円の節約! 負担大の「通信費」と「帰省費用」 知っておきたい節約のコツ

「遠距離介護」という選択 親に介護が必要になったとき、事情により「遠距離介護」を選択する人も多いでしょう。 遠距離介護は親も子も転居の必要がなく、同居介護よりストレスが少ない反面、遠距離介護ならではのデメリットも少なくあ

+8
遠距離介護は珍しくない 施設職員が教える、無理せずうまく遠距離介護をする4つのコツ 画像
シニア

遠距離介護は珍しくない 施設職員が教える、無理せずうまく遠距離介護をする4つのコツ

「遠距離介護」は珍しくない 施設のソーシャルワーカーとして働いている私ですが、家族(身元引受人)が遠方に住んでいることって全然珍しくありません。 半日かけて飛行機で面会に来られる方もいます。 「身体の弱った親を残して、自

+0
見守りグッズはここまで進化した! 遠距離介護はもっと楽になる 画像
シニア

見守りグッズはここまで進化した! 遠距離介護はもっと楽になる

遠距離介護で心配なのが、離れて暮らしている両親のことでしょう。 介護が必要な状態であれば、なおさら不安になるでしょう。 実は、遠距離からでも離れて暮らす両親のことを見守るグッズはたくさんの種類が販売されています。 そこで

+0
    Page 1 of 1