介護費用については、予測が立たないものですから、できるだけ少ない費用にする準備をしておきたいですね。今から知っておくと、将来的に介護費用を少なくできるコツをお伝えします。

国も介護費用軽減をめざす


介護保険で利用した介護サービスの費用は、1割負担(又は、2割負担)といえども、毎月、何年も続くとなると、負担は大きなものになります。一度、重度の要介護状態になれば、何もしなければ、良くなる見込みは期待できません。本人、家族の負担は、はかりしれません。

国からの立場で考えてみると、私たちが介護サービスを利用すると、国は9割、8割を負担していることになります。私たちが負担に感じていることは、同時に国も、同じ気持ちでいるのです。いくら予算を立てても、足りないので、介護保険料も上がります。

介護保険料は右肩上がり

2000年度から介護保険料の徴収が始まりました。介護保険料は、年齢、所得段階、市区町村で変わりますが、全国平均をみてみると、第1期の2000年度は、2,911円でした。これくらいなら、まぁ支払っても仕方ないかな、と思った方も多いのでは、ないのでしょうか。

以降、三年毎に、

第2期 3,293円
第3期 4,090円
第4期 4,160円
第5期 4,972円

となり、今回の第6期では、5,500円程度と見込まれています。さらに、現状のままの試算でいけば、2025年度には、8,200円程度と予想されています

介護費用軽減に向けて、国が用意した2つのこと

1つ目は、介護を受ける人を減らすこと。元気な高齢者には、いつまでも元気でいてもらうこと。最期まで住み慣れた自宅で暮らせるよう、お一人お一人に積極的に介護予防を心がけてもらいます。

2つ目は、地域包括ケアシステムと名付けて、介護予防を街スケールでめざします。これは、住まい、介護予防、介護、医療、生活支援など、様々な専門機関が連携して、身近な地域で包括できる体制を目指しています。

デイサービスは進化する


在宅で介護予防、介護を考えるとき、一番身近にあるのがデイサービスです。

デイサービスは昼間、高齢者が施設へ出かけて、食事、入浴、趣味活動や体操などを行うサービスです。高齢者の中では、今だに「お年寄りの寄り合い」と思い込み懸念される方もいますが、説明のとおり、現在は、高齢者にとって楽しめる場所に変わっています

新しい介護予防の考えから、デイサービスは期待されています。これからは、楽しむ場所だけではなく、元気な高齢者が活躍できる場所へ進化していきます。

例えば、今では、職員が行っていた、レクリエーションの選択、趣味活動のしきりなど、高齢者に任せる、いわば、高齢者が高齢者にサービスをするサロン型、というタイプが登場しています。やりがい、生きがいをもつことが、介護予防にもなります。

これからの介護費用軽減を目指すならば、あなたの街の包括支援センターが、介護予防への準備をしてくれています。上手く利用することで、忍び寄る介護費用の負担の始まりを、1年も2年も先延ばしにすることができますよ。(執筆者:佐々木 政子)