観葉植物も100均で!

おしゃれで育てやすい3つの植物を紹介します。

雑貨や日用品を取り扱っているイメージの強い100円ショップですが、実はインテリア用品の1つとして観葉植物も販売しています。

苗木や多肉植物、エアープランツやサボテンなど種類も多く、好きな植物を複数購入して寄せ植えすることも可能です。

今回はダイソーで手に入る観葉植物の中でも、おしゃれで育てやすい3つの植物をご紹介します。

1. ドラセナ

ドラセナは、主に亜熱帯地方に分布する常緑性の樹木です。

「ドラセナ」というのは属名で、約50種類が含まれます。

中国や台湾を中心に縁起の良い植物と考えられており、日本でも「幸福の木」と称されることがあります。

日陰に強い植物なので、やや日当たりの悪い室内でも問題なく育ちます

ただし白熱灯しかないような暗い部屋の中に置く場合は、1日5時間程度の日光浴が必要です。

直射日光の当たる室外に置いてしまうと、葉が変色してしまうことがあるため避けてくださいね。

水やりは土が乾いたらたっぷり与えます。

2~3日水やりを忘れたくらいでは枯れないので、安心してください。

寒さは苦手なので、寒い時期はなるべく暖かい室内に置いてあげましょう。

2. コーヒーの木


コーヒーの木は、その名の通りコーヒーの原材料となっている植物です。

日光が大好きなので、なるべく日当たりの良い場所に置いて育てます。

ただし、こちらも直射日光に当てると葉が変色してしまうことがあるため、レースカーテン越しに置くのがおすすめです。

冬は週1回程度、夏は2~3日に1度を目安に水をあげればOKです。

寒いと弱ってしまうので、冬場は必ず室内の暖かい場所に置いてあげてください。

ダイソーで販売しているのは小さな苗ですが、コーヒーの原材料には違いありません。

3~4年かけて1m以上の大きな木に育てたら、コーヒーの実をつけることもあるそうですよ。

3. 多肉植物(セダム)

多肉植物とは、葉や茎に水をたっぷりと貯蔵している植物のことです。

丸みを帯びたかわいらしいフォルムと育てやすさから、今とても人気のある観葉植物の1つです。

何千という種類があると言われており、ダイソーでも複数の種類の多肉植物が売られていますが、基本的にはどの種類であっても、日当たりと風通しが良い室内で育てるのがおすすめです。

水はあまりやりすぎない方が良いでしょう。

葉に少し張りがなくなったなと感じたら、水をあげるくらいで大丈夫です。

多肉植物を複数買って寄せ植えにする場合は、似た色合いで、高低差のある種類を集めて植えるとバランス良く決まりますよ。

おしゃれな園芸用品も100均で!

植物だけでなく、園芸用品も100円ショップで購入できます。

おしゃれなデザインのプランターも売っていました。

こちらに植え替えて窓辺に飾るだけで、インテリアに映えるグリーンの完成です。

水やりのためのじょうろも売られていました。

スチールに凹凸の文字やラインが施されていて、グリーンと一緒に置いていても絵になるデザインです。

このほかにも、スコップや寄せ植え用の土、鉢スタンドなども手に入ります。

かわいい食器やグラスを水受けとして使うなど、100円ショップならではのアレンジを楽しむこともできますよ。

育てやすさに定評あり!

ダイソーで購入できる観葉植物をご紹介しました。

園芸の専門店に行かなくても、気軽に観葉植物が手に入るのはうれしいですね。

園芸の専門店でないからこそ、ダイソーで扱っている観葉植物は、枯れにくく育てやすい種類がそろっているというメリットがあります。

今回ご紹介した3種類以外であっても、比較的生命力の強い植物を中心とした品ぞろえのため、初心者でも安心して購入できますよ。

部屋の中に生きたグリーンがあるというのは、とても心安らぐものです。

ぜひダイソーの100均観葉植物をインテリアに取り入れて、おしゃれな部屋作りに活かしてみてくださいね。(執筆者:青海 光)