2020年5月に楽天ペイとSuicaが連携を開始し、楽天ペイアプリ上でSuicaの発行、チャージなどの機能が使えるようになりました。

ポイント還元や使いやすさなどの観点から、楽天ペイでSuicaを使うメリットやデメリットについて紹介します。

楽天ペイとSuicaの連携開始

楽天ペイとSuicaが連携
≪画像元:楽天ペイメント

今回の連携で、楽天ペイのアプリ内でSuicaの新規発行やチャージ、支払いなどの機能が使えるようになりました。

新規にSuicaを作る場合だけではなく、現在使用中のSuicaを移行させることもできます。

「モバイルSuicaと何が違うの?」と思われるかもしれませんが、最大の違いは、

楽天カードを支払い元に設定してチャージすることで、0.5%の楽天ポイントが還元される

ようになった点です。

モバイルSuicaやカード型のSuicaでもクレジットカードからSuicaへのチャージは可能ですが、チャージだけでクレジットカードのポイントが還元されるのはJREカードやビューカードなど一部のブランドに限られており、楽天カードは対象になっていません

その点、楽天カードユーザーにはうれしい連携と言えます。

現在のところ対応機種はおサイフケータイが搭載されたAndroid端末のみとなっておりますが、iPhoneなど他の端末でも楽天ペイアプリから対象のキャンペーンにエントリーすれば、楽天カードからのSuicaチャージにより同様のポイント還元を受けられます。

モバイルSuicaアプリ、またはApple Payが必要です。

メリット:楽天ポイントを貯めて使える

楽天ペイでSuicaを利用する最大のメリットは、Suicaへのチャージで楽天ポイントを貯められることです。

さらに今後、楽天ポイントをSuicaへのチャージに使えるようになると発表されています。

もともと楽天カードをメインで使っていて、Suicaの利用頻度も高いという人にとっては大きなメリットです。

楽天ペイに連携させたSuicaへのチャージは楽天カードからしかできないので、楽天カード以外のカードをメインカードにしている方にとってはメリットがありません。

デメリット:JREカード・Suicaチャージからの切り替えは還元率低下

JREだと不向きになる

現時点でJREカードやビューカード、ビックカメラSuicaカードなどからSuicaにチャージしているという方は1.5%のポイント還元を受けているので、楽天カードに切り替えるとポイント還元率が下がってしまい、メリットがありません

また、楽天ペイで発行したSuicaではオートチャージ機能、定期券機能、Suicaグリーン券が使えないというデメリットもあります。

これらの機能を使いたい場合にはモバイルSuicaアプリとの併用が必要になってしまうので、煩わしく感じられるかもしれません。

楽天ペイとSuicaの連携は楽天カードユーザーにとってはメリットがある一方で、JREカード、ビューカードのユーザーや定期券などのSuica機能をフルで使いたい人にとっては使いづらい仕様になっているかもしれません。

Suicaで楽天ポイントが貯まる&使えるようになる点では、楽天サービスに統一したい方におすすめです。

自分の生活スタイルに合わせて検討してみてください。(執筆者:趣味は貯金と投資 島村 妃奈 監修:角野 達仁)