多めに購入した年賀はがきや書き損じ年賀はがきは、手数料を支払えば他の商品に交換することができます。

2021年1月17日(日)のお年玉付き年賀はがき抽選日をチェックして、残念ながら外れてしまった年賀はがきは、使い勝手が良い商品に交換しましょう。

今回は、未使用の年賀はがきや書き損じ年賀はがきと交換できる商品と交換手数料について解説します。

余った年賀状は再利用しよう

交換できる商品と交換手数料

未使用の年賀はがきや書き損じ年賀はがきは、以下の商品と交換可能です。

・ 郵便はがき

・ 普通切手

・ レターパック

・ スマートレター

年賀はがきの額面以上の商品でも、不足分を現金などで支払えば交換することができます

ただし、交換する年賀はがき1枚につき5円の交換手数料がかかります

お年玉付き年賀はがき抽選で当せんしている年賀はがき(未使用や書き損じの場合)は、賞品を受け取った後で商品交換が可能です。

まずは、抽せん番号を確認した後で、お得に活用してみましょう。

2021年お年玉付き年賀はがき 賞品紹介

オリンピックイヤーとなるはずだった2020年は、オリンピック関連賞品が当たる特等がありましたが、今年度は1〜3等の3種類となっています。

1等の現金30万円は現金書留で発送され、電子マネーは電子マネーギフトの提携先から好きな電子マネーを選んで交換できるようです。

懸賞に年賀はがきを活用する際の注意点

年賀はがきを他の商品に交換するためには手数料がかかりますが、懸賞応募なら通常のはがきと同様に使えます

懸賞応募の予定があればそのまま何枚かストックしておくのもおすすめです。

ただし、懸賞に年賀はがきを使う場合は、以下の点に注意が必要です。

・ はがきの「年賀」マークは二重線などで消す

・ 家族連名のはがきは自分の名前に〇をつけるか他の名前を消す

・ はがきの価格に変更があれば不足額が生じて返送されるため投函前に確認する

各種団体へ寄付することも可能

未投投函の年賀はがき・郵便はがき、未使用の切手を寄付できる団体も数多くあります。

それぞれの団体によって寄付の方法は異なりますが、年賀状を封筒に入れて指定の住所へ送る方法が一般的です。

「年賀状 寄付」でインターネット検索すると、寄付を呼びかけている団体を探すことができます。

余った年賀状や書き損じはがきは無駄なく活用しよう

多めに買っておいた年賀はがきや書き損じた年賀はがきは、所定の手数料を支払うことで他の商品に交換できます。

普段使い用に郵便はがきに変えるもよし、メルカリ発送用に切手やレターパックなどに交換するもよし、自分が使いやすい形に変えて無駄なく活用しましょう。

他年度発行の年賀はがきも同様に交換できるため、眠っている年賀はがきがあれば交換してみてはいかがでしょうか。(執筆者:成田 ミキ)