この春、新しいクレジットカードを検討している方も多いのではないでしょうか。

でも、多くあり過ぎてどれを選べばよいか、分かりません。

そこで今回は、メインカードとして持っていても十分なおすすめカードを、9枚紹介しましょう。

1. 楽天カード:ハードルも低く、持っていて損はなし

楽天カードは持っていて損はなし
≪画像元:楽天カード

「楽天カード」は、とりあえず持っていても間違いありません。

学生や主婦の方でも作れる可能性が高く、年会費無料ですから使わなくても維持コストはゼロです。

還元率は1%で、これ1枚にクレカ・楽天ポイントカード・楽天Edyと全部入り、サイフをスマートにできます。

楽天経済圏の住民になりたいなら、楽天カードは「住民票」といっても過言ではありません。

ただし、税金や公共料金の支払いでは還元率が下がる予定ですので、それは他のカードに任せましょう

2. リクルートカード:多くの支払いで1.2%の高還元

リクルートカードは高還元
≪画像元:リクルート

「リクルートカード」も楽天カードと同様、持っていて損をしません。

年会費無料ながら、還元率1.2%と楽天カードをしのぐ高還元です。

楽天カードは、他の電子マネーへのチャージがことごとく還元されません。

しかしリクルートカード(Visa/Mastercard)なら、「モバイルSuica」「楽天Edy」「SMART ICOCA」へのチャージでも1.2%還元されます(上限月3万円)

電子マネーを搭載していないのが、ネックかもしれません。

3. Orico Card THE POINT:入会半年は2%還元

オリコカード半年間高還元
≪画像元:オリコ

欠点の少なさでいうと、リクルートカードと並んで「Orico Card THE POINT」も候補です。

年会費無料で還元率1%はリクルートか度に若干及ばないものの、入会6か月間は還元率が2%にアップします。

物入りの新生活の時期なら、一気に大量ポイントゲットのチャンスです。

「iD」「QUICPay」という電子マネーを搭載しているのも、リクルートカードにはないメリットといえます。

旅行傷害保険が付帯していないので、その点だけ注意しましょう。

4. dカード GOLD:キャンペーンが激アツ

dカード GOLDはキャンペーンがすごい
≪画像元:NTTドコモ

「dカード GOLD」は、特に新社会人におすすめのカードです。

楽天カードと同様、これ1枚にクレカ・dポイントカード・電子マネーiDと機能がてんこ盛りです。

新年度を機に、携帯電話会社をドコモ(またはahamo)にする方も、dカード GOLDは持っていて得をします。

家計丸ごとd払いで支払う
≪画像元:NTTドコモ

新生活に向けて公共料金を切り替える人もいるでしょうが、公共料金をdカードで初めて支払うと、2,100ポイント還元されるキャンペーンを実施しています。

また、dカード GOLDの新規入会&利用で大量ポイントがもらえるキャンペーンも実施中ですので、以下の記事でチェックしてください。

5. LINEクレカ:圧倒的な還元率3%

LINEクレカも高還元
≪画像元:三井住友カード

Visa LINE Payクレジットカード(LINEクレカ)は、年会費実質無料ながら、ショッピング利用で3%のLINEポイントが還元されます

新年度は何かと物入りなことが多いので、3%還元は大きいです。

LINEポイントはLINE内のサービスだけでなく、PayPayボーナスへの交換も解禁され、使い道が一気に広がりました

ただし、5月からは還元率が1%ダウン、チャージ&ペイの還元率もダウンするので、LINEポイントが若干貯まりにくくなります。

6. セゾンパール・アメックス:憧れのアメックスが実質年会費無料

セゾンパール・アメックスは実質年会費無料
≪画像元:クレディセゾン

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード(セゾンパール・アメックス)は、年1回の利用で翌年度の年会費が無料になります。

それでいて、券面にセンチュリオン(ローマ帝国の百人隊長)の描かれた、憧れのアメックスを持てるのです。

カード利用で貯まるポイントには期限がないため、じっくりとポイントを貯められ、西友などでの割引もあります。

もちろん、アメックスの優待も受けられます

ただし、他の国際ブランドよりアメックスは使える場所が少ないので、メインカードではなくサブカードでもいいかもしれません。

7. 三井住友カードデビュープラス:1%還元&ランクアップにおすすめ

三井住友カードデビュープラスは25歳までのカード
≪画像元:三井住友カード

「三井住友カードデビュープラス」は、18歳~25歳が申し込めるカードです。

利用枠が異なる「学生用」と「社会人用」があるので、好きな方を選んでください。

年1回でも利用すれば年会費無料ながら、還元率は1%となかなかの高還元です。

満26歳以降は「プライムゴールド」に、満30歳以降は「ゴールド」に切り替わり、着実にランクアップができます(一般カードへの移行も可能)。

8. JCBカードW/JCBカードW plus L:新規入会でAmazonがお得

JCBカードは39歳以下が申し込める
≪画像元:JCB

「JCBカードW/JCBカードW plus L」は、デビュープラスと同じく年齢制限があり、39歳以下が申し込めるカードです。

年会費無料で還元率1%というのも、デビュープラスと変わりません。

デビュープラスとは異なり、ランクアップができないカードですが、39歳以下で申し込めば、40歳になってからでも有効です。

新規入会はダブルでお得です
≪画像元:JCB

JCBカードW/JCBカードW plus Lはインターネット申込限定で、3月31日までに新規入会すると

・ Amazonプライムギフトコードを3か月分プレゼント

・ Amazonでの利用で30%キャッシュバック

と、アマゾンをお得に利用できます。

9. デポジット型ライフカード:再スタートにもおすすめ

デポジット型ライフカード
≪画像元:ライフカード

「デポジット型ライフカード」は、再スタートを切りたい方にもおすすめです。

事前にデポジットを預けて、カード会社側の貸し倒れリスクをなくすことで、柔軟な審査を可能にします。

クレカを作ったことがない人はもちろん、過去にクレカで延滞したことがある人などにもおすすめです。

5万円~190万円預けるデポジット(=利用限度額)は、延滞している利用代金に充当され、通常の利用代金には使われません。

何を重視するかでカード選びは異なる

今回は、新規入会におすすめな9枚のクレジットカードを紹介しました。

穴のないクレカなら、楽天カード、リクルートカード、Orico Card THE POINTがいいでしょう。

若者なら、三井住友デビュープラスやJCBカードWがお得です。

ステータス重視なら、dカード GOLDやセゾンパール・アメックスもありです。

何を重視するかでカード選びは異なるので、よく考えて申し込みましょう。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)