節約主婦がおすすめするローソンストア100、2月15日からdポイントカードを提示してdポイントが最大10倍付与になります。

そして、期間中はau PAYで支払うことでキャンペーン2重取りになり、auPAYでの最大10%還元も受けられるのです。

もともと、商品が安くて、業スよりローソンストア100を愛している節約主婦の筆者がおすすめする商品も10品選びました。

dポイント最大10倍

期間中はローソンストア100でお買物することでポイントもざくざくたまります。

ローソン・ナチュラルローソン・ローソンストア100 「dポイント大量GET!」キャンペーン

dポイント大量GET!

≪画像元:dポイントクラブ

ローソン、ナチュラルローソン、ローソンストア100で、dポイントがたくさんたまります。

2022年2月15日~2月28日「dポイント大量GET!」キャンペーンを実施します。

ローソン、ナチュラルローソン、ローソンストア100で、

「はじめてdポイントカードを提示した人は最大10倍ポイント」

「これまでにdポイントカードを提示したことのある人は最大5倍ポイント」

がたまります。

エントリーが必要なキャンペーンです、忘れずにしておきましょう。

参加方法

参加方法は、

1.  キャンペーンサイトからエントリーしておく

2. dポイントカードを提示する(アプリでも可)

3. ローソン、ナチュラルローソン、ローソンストア100で税抜200円以上のお買物をする

利用とエントリーの順番はどちらが先でもかまいません。

エントリーdアカウント、提示するdポイントカードが一緒であることが条件です。

注意点は税抜200円以上のお買物をすること。

税抜200円ごとが基準のため、100円商品なら2個、4個、6個と偶数個買うのがおすすめです。

ポイント付与は最大5%~10%還元

ポイント付与額を計算してみました。

通常税抜200円で1ポイントなので

・ 10倍だと → 税抜200円で10ポイント(最大10%還元)

・ 5倍だと → 税抜200円で5ポイント(最大5%還元)

最大5%~10%の還元率です。

実際の付与額を計算すると税込216円~220円で5ポイント~10ポイントが付与されます。

付与上限はローソン、ナチュラルローソン、ローソンストア100を合わせて500ポイントのため、10倍の人は税抜1万円まで、5倍の人は税抜2万円まで利用できます。

進呈ポイント

≪画像元:dポイントクラブ

従来、日中帯(午前0:00~午後3:59)は1ポイント、夕夜間帯(午後4:00~午後11:59)は2ポイントルールがあります。

キャンペーン詳細から、キャンペーン時は、一律10倍は税抜200円につき10ポイントで、5倍は税抜200円につき5ポイント付与とわかりました。

いつの時間でも、10倍の人は10ポイント、5倍の人は5ポイント付与です。

ボーナスポイントは2022年4月上旬ごろに、dポイント(期間・用途限定)で進呈される予定です。

【au経済圏】auPAY「たぬきの大恩返し 春」と併用できる

併用できるキャンペーンがあります。

それは、au PAY「たぬきの大恩返し 春」です。

たぬきの大恩返し 春

≪画像元:KDDI

2022年2月1日~3月15日、au PAY「たぬきの大恩返し 春」が開催されています。

ローソン、ナチュラルローソン、ローソンストア100で、最大10%還元が受けられます。

税込200円ごとに10%20ポイントが還元されるキャンペーンで、1回あたり500ポイント、期間中1,000ポイント付与。こちらもエントリーが必要です。

dポイントキャンペーンと併用したい時の注意点があります。

・ au PAY「たぬきの大恩返し 春」にエントリーしておくこと

・ 2月28日までに参加すること

・ 1回あたりは税込5,000円まで

・ 期間中合計は税込1万円まで

「たぬきの大恩返し 春」は3月15日まで開催されていますが、dポイントのキャンペーンは2月28日までです。

また、「たぬきの大恩返し 春」に上限金額があるため、1回あたり、期間あたりの上限金額を守って利用しましょう。

節約主婦がおすすめする商品10個

ローソンストア100は、節約もポイ活もできる場所です。

節約主婦としてはdポイントかPontaポイントが「たまる」「つかえる」ほか、楽天ペイまでも利用でき、ポイ活をする者として、節約したい時には業スよりも利用している気がします。

プライベートブランドの「VL(バリューライン)」は安く、家族にも1人暮らしの人にも使いやすい商品があります。

そして、パッケージには有名メーカーの名前が書いてあることにも気づきます。

私がおすすめする商品を10個紹介します。

おすすめ (1) オレンジジュース 1,000ml

オレンジジュース

≪画像元:ローソンストア100

内容量は1,000ml。オレンジ果汁100%を使用したオレンジジュースが税込108円です。

そのまま飲むほか、炭酸水と割って飲むのもおいしいです。

おすすめ (2) 食塩無添加トマトジュース

食塩無添加トマトジュース

≪画像元:ローソンストア100

スーパーよりも安く買えるトマトジュースは、食塩無添加。

料理にも使え、筆者がよく利用するのはミネストローネ。

食塩無添加なので、パスタソースや煮込みハンバーグソースなど料理に活用できます。

おすすめ (3) おいしい低脂肪

おいしい低脂肪

≪画像元:ローソンストア100

低脂肪牛乳です。

脂肪分が少ないのでダイエット時にも使え、コーヒーや紅茶に入れて飲むのがおすすめ。

わが家ではヨーグルトメーカーで飲むヨーグルトを作っていますが、その時に低脂肪牛乳が必要です。

自家製飲むヨーグルトを作る時に安い低脂肪牛乳は助かっています。

おすすめ (4) ごま豆乳鍋つゆ

ごま豆乳鍋つゆ

≪画像元:ローソンストア100

ローソン100には、鍋つゆが108円で売っています。

イオンのトップバリュ製品よりも安く、最初は「こんなに安くて大丈夫なの?」と躊躇もありましたが、よく見ると「永谷園とのコラボ商品」で味もまずまずです。

400g入りで、キムチ鍋つゆ、鶏塩鍋つゆ、味噌鍋つゆなど種類も多いです。

いりごま、すりごま、ごま油を入れたりするとコクが深くなりさらにおいしくなります。

おすすめ (5) サラダチキン

サラダチキン

≪画像元:ローソンストア100

ローソン100ではサラダチキンも108円。

プレーンのほか、スモーク、レモン風味もあります。

ダイエットに最適なサラダチキンは、そのまま食べるほか、一口大に裂いて、タレをかけてバンバンジーのようにして食べるほか、スープに入れてもおいしいです。

ごてあらポー!!(御殿場高原あらびきポーク)でも知られるyonekyu(米久)の製品です。

おすすめ (6) 皮なしウインナー

皮なしウインナー

≪画像元:ローソンストア100

子供の朝食にするほか、子供向けのたこ焼きのたこの代用品として使うこともできる皮なしウインナー。

食べやすい皮なしタイプで、1本あたりも小さめサイズなので、お弁当に入れたりするのもおすすめです。

スーパーよりも安いのに、パッケージを見ると伊藤ハム製品。

有名メーカー品で安心感もあります。

おすすめ (7) 豚汁ミックス

豚汁ミックス

≪画像元:ローソンストア100

主婦の味方、冷凍食品のイチオシが豚汁用ミックス野菜。

160g入りでこれで108円です。

だいこん、にんじん、さといも、ささがきごぼう、油揚げがミックスされていて、これと豚肉があれば豚汁ができます

野菜の皮をむく手間もカットする手間もなく、冷凍庫から出してそのまま調理。

手軽で時短にもなります。

おすすめ (8) 洋風ミックス野菜

洋風ミックス野菜

≪画像元:ローソンストア100

冷凍野菜のイチオシ、洋風ミックス野菜です。

ブロッコリーやカリフラワー、にんじんミックスの冷凍野菜です。

これもそのまま料理に使うと時短につながります。

シチューなどのスープにこのまま入れることができて便利です。

レンジで温めてハンバーグの付け合わせにもなります。

おすすめ (9) 塩あじ茶豆

塩あじ茶豆

≪画像元:ローソンストア100

流水解凍すれば1品として足せる塩あじ茶豆もおすすめです。

既に塩味がついているのでそのまま食卓に出せます。140g入り。

底値を極めたいのなら、225g108円の塩あじえだまめもあります

おすすめ (10) ブロッコリー

ブロッコリー

≪画像元:ローソンストア100

冷凍野菜は、保存しておくと便利な商品です。

電子レンジで温めて塩だれドレッシングをかけるだけでも1品になります。

野菜不足な食事に、1品追加できます。

食費が助かりポイ活もはかどるキャンペーンに注目

dポイントカードを提示して支払いはau PAYで、2つのキャンペーンに同時参加。

エントリー必須で2月28日までに参加など条件もあるものの、ローソン100の商品を買うことで食費も助かり、ポイ活ではポイントもたくさんもらえるキャンペーン期間中、節約主婦にとってありがたい期間です。

見逃さずに利用することをおすすめします。

筆者は既存利用者のため、dポイントは5倍にしかならないのですが、それでもau PAYのキャンペーン上限金額を超えたら、楽天ペイ支払いで継続参加しようと目論んでいます。

お得なタイミングでdポイントをたくさん獲得しちゃいましょう。(執筆者:節約への情熱は誰にも負けない谷口 久美子)