高還元のクレカが長続きした試しはありません。

特定のお店で高還元というクレカもありますが、それも例外ではありません。

三井住友カード利用での 最大5%還元が終了

三井住友カードの高還元に変化があるそうなので、代わりの手段とともに紹介します。

対象のコンビニ・飲食店での三井住友カード利用で最大5%還元

三井住友カード利用で最大5%還元
≪画像元:三井住友カード

対象のコンビニ・飲食店で対象の三井住友カードを利用すると、0.5%分のVポイント還元に加えて2~4.5%還元率がアップし、最大5%還元されます。

現在の対象店舗は、以下の通りです。

・ セイコーマート(タイエー、ハマナスクラブ、ハセガワストア含む)

・ セブン-イレブン

・ ファミリーマート

・ ポプラ(生活彩家含む)

・ ローソン(ナチュラルローソン・ローソンストア100・ローソンスリーエフ含む)

・ マクドナルド

・ すき家

・ ココス

・ はま寿司

・ サイゼリヤ

・ ドトールコーヒーショップ

・ エクセルシオールカフェ

・ かっぱ寿司

12/15をもってファミマが離脱

ファミマが離脱
≪画像元:三井住友カード

しかし、2022年12月15日をもって、ファミリーマートが最大5%還元の対象外となります。

12月16日以降に三井住友カードをファミマで利用しても、ポイントの上乗せはありません。

家族ポイント・特約店も終了

家族ポイント・特約店も終了
≪画像元:三井住友カード

家族を登録の上で、対象のコンビニ・飲食店で対象の三井住友カードを利用すると、1人登録ごとに還元率が1%アップします(5人まで)。

この「家族ポイント」も、2022年12月15日をもってファミリーマートが対象外となり、12月16日以降はポイントの上乗せがありません。

還元率が4%アップします
≪画像元:三井住友カード

「三井住友カードプラチナプリファード」をファミマで利用すると、還元率が4%アップします。

こちらも12月15日をもって終了となり、12月16日以降はポイントの上乗せがありません。

ファミマでお得な支払い方法を改めて考える

ファミマには独自のキャッシュレス決済「FamiPay」があるため、他のコンビニほど支払い方法で優遇がありません。

とはいえ、わざわざファミマ専用でFamiPayを使いたくない人もいるでしょう。

いろいろなキャッシュレス決済を経由することでさらにお得になる方法もありますが、非常に面倒です。

ここからは、FamiPay以外かつシンプルにファミマでお得になれる支払い方法を考えます。

セゾンパール・アメックス×QUICPay:2%還元

セゾンパール・アメックス×QUICPay
≪画像元:クレディセゾン

まずは、セゾンパール・アメックスです。

QUICPayとして使うともともとは3%還元でしたが、8月からは還元率が2%にダウンしました。

還元率はひとまず2%で維持されていますが、11月からは年間30万円という上限が設けられました。

LINEプリカ×タッチ決済:2%還元

LINEプリカ×タッチ決済
≪画像元:LINE Pay

次は、Visa LINE Payプリペイドカード(LINEプリカ)です。

7月より、タッチ決済で2%還元というキャンペーンを実施しています。

5,000ポイント/月という上限がありますが、気にしなくてもいいでしょう。

ただし、LINEプリカの支払い元はLINE Pay残高のみで、LINEクレカや三井住友カードからの「チャージ&ペイ」は利用できません

JALカード:2%分マイル付与

2%分マイル付与

≪画像元:ファミリーマート

1マイルは1円以上の価値があるでしょうから、上記のカードよりは最終的な価値が高くなるでしょう。

ただし、JALカードショッピングマイル・プレミアムは、カード年会費に加えて3,300円が必要です。

エポスゴールドカード:最大2.5%還元

エポスゴールドカード
≪画像元:エポスカード

エポスゴールドカードの還元率は0.5%ですが、「選べるポイントアップショップ」に登録のお店では3倍の1.5%還元です。

もちろん、ファミリーマートも登録できます。

さらに、年間100万円以上利用で1万ポイントがもらえ(還元率1%)、合計最大2.5%還元も夢ではありません。

ファミマのヘビーユーザーならやはり「FamiPay」が有力候補

三井住友カードを利用するとファミマで5%還元でしたが、それも終了を迎えます。

ファミマをガンガン使う人なら、請求書払いにも利用できて、アプリ限定の高還元キャンペーンもある「FamiPay」が、やはりおすすめです。

 

請求書払いにも利用できて、アプリ限定の高還元キャンペーンもある「FamiPay」

 

≪画像元:ファミリーマート

ファミリーマートは、JALカードの特約店です。

JALカードショッピングマイル・プレミアムに登録したJALカードを利用すると、100円につき2マイルが貯まります。

1マイルは1円以上の価値があるでしょうから、上記のカードよりは最終的な価値が高くなるでしょう。

ただし、JALカードショッピングマイル・プレミアムは、カード年会費に加えて3,300円が必要です。

エポスゴールドカード:最大2.5%還元

エポスゴールドカード
≪画像元:エポスカード

エポスゴールドカードの還元率は0.5%ですが、「選べるポイントアップショップ」に登録のお店では3倍の1.5%還元です。

もちろん、ファミリーマートも登録できます。

さらに、年間100万円以上利用で1万ポイントがもらえ(還元率1%)、合計最大2.5%還元も夢ではありません。

ファミマのヘビーユーザーならやはり「FamiPay」が有力候補

三井住友カードを利用するとファミマで5%還元でしたが、それも終了を迎えます。

ファミマをガンガン使う人なら、請求書払いにも利用できて、アプリ限定の高還元キャンペーンもある「FamiPay」が、やはりおすすめです。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)