社会保険とは主に、健康保険、厚生年金保険、介護保険、のことを言います。

パートだから関係ないとおもっていても働き方によってはこの社会保険に該当する可能性がありますので、要件についてみていきましょう。

社会保険に加入すべき事務所

会社員が整列

社会保険の適用を受ける事業所を適用事業所といい、適用事業所には2種類あります

法律によって加入が義務となっている「強制適用事業所」と、任意で加入することができる「任意適用事業所」です。

強制適用事業所

強制適用事業所とは以下2つの要件に該当する事業所を指します。

(1) 国、地方公共団体または法人の事業所であって、常時従業員を使用するもの

(2) 個人経営の事業所で、常時5人以上の従業員を使用する法定業種に該当するもの

この要件に該当すると、事業主やその従業員の意志に関係なく、社会保険に加入となります。

任意適用事業所

任意適用事業所は以下3つの要件に該当する事業所のことです。

(1) 強制適用事業所以外の事業所の事業主の認可申請
(2) 事業所に使用される者(被保険者となる者に限る)の2分の1以上の同意
(3) 厚生労働大臣の同意

被保険者の加入要件

被保険者とは、70歳未満の方で、国籍や性別、年金の受給の有無に関わらず、強制適用事業所、または、任意適用事業所に常時使用される方のことです。

被保険者になる人とならない人の表

パートタイマー、アルバイトは被保険者になる?

パートタイマー、アルバイトの方々が被保険者の対象になるかどうかをみていきます。

被保険者に該当するかどうかは、同一事業所で同様の業務に従事する社員の所定労働時間および所定労働日数を基準に判断していきます。

判断基準は、

・ 労働時間が一週間の所定労働日数が社員の4分の3以上

・ 労働日数が1か月の所定労働日数が社員の4分の3以上

の2点で、この両方に該当する場合は被保険者に該当します。

もし該当しない場合でも、以下の要件すべてを満たす方は、被保険者となります。

(1) 週の所定労働時間が20時間以上
(2) 雇用期間が一年以上見込まれている
(3) 賃金の月額が88,000円以上
(4) 学生ではないこと
(5) 常時501人以上の企業に勤めていること

以上が社会保険の加入要件となります。

社会保険加入にはメリット、デメリットがありますので、そちらをしっかりっと見極め対処していきましょう。(執筆者:編集部)