IT技術は最近新たな展開がなされており、その一つがIoTです。

IoTは、システムの最適化などにより企業の生産能力を高めてくれます。

実際に、国内外のIoT市場は急速に伸びています。

さらに、次世代通信技術である5Gも組み合わさればこの技術はさらに進展するでしょう。

一方で、IoTは企業だけでなく一般家庭で使われている家電製品などにも導入されています。

この記事では、IoT技術やその市場などについて解説します。

IoTとは何か

IoTとは、インターネットに繋がっているたくさんのモノを統合的に制御するシステム

IoTはInternet of Thingsの略です。

直訳するとモノのインターネットですが、これではよくわからないと思います。

IoTとは、インターネットに繋がっているたくさんの装置(モノ)を統合的に制御するシステムです。

装置とは、工場での機械、ロボット、様々な家電製品(冷蔵庫、電子レンジ、洗濯機など)などを含みます。

おそらく、実際の例をご紹介した方が分かりやすいと思います。

身近なIoT

家庭でもIoT家電が導入されています。

一般的には、スマート家電とも呼ばれています。

スマート家電はインターネットに繋がっており、スマホやタブレットなどで自由に操作することが可能です。

例えば、監視カメラ、家や窓の鍵、電球、スピーカー、掃除機などをネットにつなげることができます。

電気の明るさを全体的に調整するなどの省エネ、省エネの目標値を設定したりすることが可能です。

また、中にいなくても出先でスマホなどを介してスマート家電をコントロールすることができます。

さらにAI(人工知能)技術が組み合わされば、一人一人に合わせたスマート家電システムを構築することが可能になり、非常に便利になるのではないでしょうか。

家じゅうの家電をスマホひとつで送さできる

自動運転システム

グーグルやトヨタなどが自動運転システムを開発しています。

自動運転の車に搭載されているセンサーが、周囲の走行状況や位置情報などのデータを取得します。

それらのデータはクラウド上に集積されます。

さらに、それらのデータはAIにより処理・分析されます。

そして、結果は自動運転車の運転に反映させて、安全なかつ安定した自動運転が可能となります。

国内IoT市場の概況

IoT技術の発展はまだこれからで、かつAIや5Gなどの先端技術と組み合わさればさらに発展することなどの理由からは、IoT市場は今後も伸びていくことが期待されています。

国内IoT市場は2018年の時点で約6兆円です。また、2023年までの年間平均成長率の予測は約13.3%です。

特に製造業(組立製造やプロセス製造)での需要が高くなるようです。

他には、スマート家電や農業分野などで需要が高まるとされています。つまり、IoTは様々な分野の市場を拡大させる可能性が高いでしょう。

今のうちにIoT関連銘柄を買い、売らずに長期に持っておくと良いかもしれません。

IoT国内関連銘柄の紹介

おすすめの国内関連銘柄を紹介

特にロボット産業などを含んだ製造業で需要が高まっているため、その分野の企業を中心にご紹介します。

1. 安川電機(6506)

世界的な産業用ロボット企業です。

AI(人工知能)にIoTシステムを組み合わせたであるI3-Mechatoronics(アイキューブメカトロニクス)を提供しています

インターネットにつながっている各機器からの情報をクラウド上に集め、AIにより解析され、現場にフィードバックされます。

一方、米国のIBMと共同で現場の作業における音を処理できるシステムを開発しています。

現場での音を装置あるいは機械が拾い集め、それをAIが解析して異常音を検出します。これにより、これまで熟練技術者に頼っていた音を使った品質検査が可能となります。

2. ファナック(6954)

この企業も世界的な産業用ロボット企業です。

2017年、同社はAIとIoTが組み合わされたシステムであるFIELDシステム (FANUC Intelligent Edge Link and Drive system ) の運用を開始しました

AIの導入には、日本の株式会社Preferred Networks からの協力を得ています。

FIELDシステムはオープンプラットフォームであるため、他の企業がFIELDシステムを利用して自由にシステムを開発および販売することが可能となっています。

3. ルネサスエレクトロニクス(6723)

同社の主な事業は、自動車向け事業と産業・インフラ・IoT向け事業です。半導体関連製品に強いに企業です

ただし、最近の半導体市場は成熟しています。そこで、同社はIoTあるいはAI分野へ進出しようとしています。

例えば、同社は道路や橋などにセンサーを取り付け、それを介して道路や橋の状態を常にチエックするためのシステムを開発しています。

一方で、同社は独自に半導体にAIを組み込んだ製品を開発しその提供を開始しました。

4. ジグソー(3914)

システムソフトウェアを得意とする企業です。

産業向けIoTプラットフォームシステムであるリトマスオートメーション(Litmus Automation)を提供しています

このシステムソフトウェアは、ルノー、日産、デル、インテルなどの大手企業に提供されています。

IoTへの新規参入は今後も増える

各々の企業は独自のIoTシステムの開発を続けているので、最新の情報を定期的にチェックしておくことをおすすめします。

また、ここに載せていない企業で、新たにIoT分野へ進出する企業も増えています。そのような企業もチェックしておくといいかもしれません。(執筆者:小田 茂和)