※本サイトは一部アフィリエイトプログラムを利用しています

注目記事

国民年金

将来の廃止がうわさされる国民年金の「第3号被保険者」とは 画像
税金

将来の廃止がうわさされる国民年金の「第3号被保険者」とは

最近では、「扶養制度」の見直しについてのいろいろな議論が加速しています。 社会保険の加入適用者の拡大により、パートやアルバイトなどの短時間労働者への社会保険への加入対象者も増えていく方向です。 また、「年収106万円の壁

+14
20歳未満や60歳以上の厚生年金加入者は、その期間も老齢基礎年金の年金額に反映されるのか? 画像
税金

20歳未満や60歳以上の厚生年金加入者は、その期間も老齢基礎年金の年金額に反映されるのか?

日本の公的年金である国民年金は、日本に住んでいる20歳以上60歳未満のすべての方が加入しなければいけません。 国民年金は、被保険者の種類によって第1号被保険者、第2号被保険者、第3号被保険者の3種類に分かれます。 その中

+0
「学生納付特例制度」を利用後、追納した人としてない人との年金額の差 画像
税金

「学生納付特例制度」を利用後、追納した人としてない人との年金額の差

国民年金は、日本に住民票のある20歳以上60歳未満のすべての人が加入しなければなりません。 もちろん20歳以上であれば、収入のない学生であっても例外なく国民年金に加入する必要があります。 国民年金に加入している自営業者や

+12
老齢基礎年金を満額受給できない場合、年金額を増やす「国民年金の任意加入制度」について 画像
税金

老齢基礎年金を満額受給できない場合、年金額を増やす「国民年金の任意加入制度」について

日本の公的年金の中には、日本に住んでいる20歳から60歳未満のすべての方が加入しなければならない国民年金があります。 国民年金の老齢のための給付に、老齢基礎年金があります。 老齢基礎年金は、保険料納付済期間と保険料免除期

+11
損をしたくない方は知っておきたい、年金と年金生活者支援給付金の違い 画像
税金

損をしたくない方は知っておきたい、年金と年金生活者支援給付金の違い

日本国内に住んでいる20歳以上60歳未満の方は、加入する意思の有無にかかわらず、国民年金に加入しなければなりません。 国民年金の年金としては、一定の障害状態になった時に支給される障害基礎年金、死亡した時に支給される遺族基

+22
国民年金保険料の免除制度を利用した場合の老齢基礎年金の受給額 画像
税金

国民年金保険料の免除制度を利用した場合の老齢基礎年金の受給額

国民年金とは、日本に居住する20歳以上60歳未満のすべての方が加入しなければならない公的年金制度です。 国民年金の被保険者の中でも自営業や学生の方などの第1号被保険者は、20歳から60歳までの国民年金の被保険者期間である

+11
【国民年金】被保険者の種類ごとの保険料と支払い方の違いについて 画像
税金

【国民年金】被保険者の種類ごとの保険料と支払い方の違いについて

国民年金は、日本に居住している20歳から60歳未満のすべての方が加入しなければならない公的年金制度です。 国民年金は、被保険者の種類を加入者によって第1号被保険者、第2号被保険者、第3号被保険者の3種類に分けています。

+2
免除期間の国民年金の保険料を追納するなら、入社直後か2023年が良い理由 画像
税金

免除期間の国民年金の保険料を追納するなら、入社直後か2023年が良い理由

会社などに雇用されている方(正社員、契約社員、パートタイマー、アルバイトなど)に課税される所得税の計算方法は、大まかに表現すると次のようになります。 (A)1~12月に勤務先から支払われた給与(月給だけでなく賞与も含む)

+21
生活保護の申請よりも国民年金の未納の方が、親族に負担がかかる理由 画像
税金

生活保護の申請よりも国民年金の未納の方が、親族に負担がかかる理由

2023年8月2日に厚生労働省から、同年5月の生活保護の申請件数が、全国で2万2,680件になったというデータが発表されました。 これは前年の同月よりも11.4%の増加であり、申請件数が前年の同月を上回るのは5か月連続に

+32
国民年金の学生納付特例制度(20歳~22歳)利用後、追納する・しないで「老齢基礎年金額」はどのくらい違うか。 画像
税金

国民年金の学生納付特例制度(20歳~22歳)利用後、追納する・しないで「老齢基礎年金額」はどのくらい違うか。

国民年金とは、日本に居住している20歳以上60歳未満のすべての人が加入しなければならない公的年金制度です。 国民年金は、以下の3種類の被保険者区分があります。 ・自営業、学生、無職の方などの「第1号被保険者」 ・会社員、

+16
学生であれば活用したい「国民年金の学生納付特例制度」とは 要件、よくある誤解、留意点も解説 画像
税金

学生であれば活用したい「国民年金の学生納付特例制度」とは 要件、よくある誤解、留意点も解説

わが国の年金制度の1階部分にあたる国民年金は、20歳から60歳までの480か月間にどれだけ保険料を納めたかによって(国民年金制度から支給される)、老齢基礎年金額が決定します。 しかし、20歳と言えば、勉学に主軸を置いてい

+3
自営業の方が亡くなった場合に、配偶者の方が遺族基礎年金を受給できる条件 画像
税金

自営業の方が亡くなった場合に、配偶者の方が遺族基礎年金を受給できる条件

日本の公的年金には、国民年金と厚生年金保険があります。 国民年金は、日本国内に住んでいる20歳以上60歳未満のすべての方が加入しなければいけない年金制度です。 一方、厚生年金保険は、厚生年金の適用事業所に勤務する会社員や

+10
65歳になって年金の受給資格がない方が年金を受給するにはどうすればよい? 画像
税金

65歳になって年金の受給資格がない方が年金を受給するにはどうすればよい?

老齢のための日本の公的年金である老齢年金は、要件を満たした場合に原則65歳から受給できます。 老齢年金には、国民年金の給付である老齢基礎年金と、厚生年金保険の給付である老齢厚生年金があります。 しかし、65歳を迎えても老

+51
国民年金の保険料免除制度4種類ごとの「老齢基礎年金の受給額」の違い 画像
税金

国民年金の保険料免除制度4種類ごとの「老齢基礎年金の受給額」の違い

国民年金とは、日本に居住している20歳から60歳までのすべての方が加入しなければならない公的年金です。 その中で自営業や学生などの国民年金の第1号被保険者は、国民年金保険料を自ら払わなければなりません。 令和5年度の国民

+17
国民年金保険料を40年間全額免除だった場合、老齢基礎年金をいくら受給できるか 画像
税金

国民年金保険料を40年間全額免除だった場合、老齢基礎年金をいくら受給できるか

自営業や学生の方などの国民年金の第1号被保険者は、国民年金保険料を払わなければなりません。 国民年金保険料は、20歳から60歳までの国民年金の被保険者期間である40年間納付する必要があります。 しかし、収入が少なく保険料

+575
国民年金保険料の納付済期間が10年未満の場合に、老齢年金の受給資格を満たす4つの方法 画像
税金

国民年金保険料の納付済期間が10年未満の場合に、老齢年金の受給資格を満たす4つの方法

日本の公的年金の老齢のための給付には、国民年金の給付である「老齢基礎年金」と厚生年金保険の給付である「老齢厚生年金」があります。 会社員や公務員などの65歳未満の厚生年金保険の被保険者は、国民年金の第2号被保険者でもあり

+14
国民年金の免除要件を満たす場合でも、受けない方が良い3つのケース 画像
税金

国民年金の免除要件を満たす場合でも、受けない方が良い3つのケース

新年度が始まる4月になると、賃金や物価の変動率を元にして、国民年金の保険料は金額が改定されます。 2023年度の国民年金の保険料は、前年度より月70円ほど減って、月1万6,520円という結果になりました。 国民年金の第1

+17
国民年金保険料を払わないと起こる3つのデメリット 画像
税金

国民年金保険料を払わないと起こる3つのデメリット

国民年金は、日本に住んでいる20歳から60歳未満のすべての方が加入しなければならない公的年金制度です。 国民年金の被保険者の中でも自営業や無職などの第1号被保険者は、20歳から60歳までの40年間、自分で国民年金保険料を

+20
国民年金の保険料は2023年度に減額でも、2024年度は過去最高額になる 対策を紹介 画像
税金

国民年金の保険料は2023年度に減額でも、2024年度は過去最高額になる 対策を紹介

公的年金(国民年金、厚生年金保険)は原則として、これらの加入者が納付した保険料を、その時点の高齢者などに年金として支給する、賦課方式で運営されています。 つまり納付した保険料をどこかに積立し、それを将来に自分が受給する積

+102
【2023年法改正】年金の特例的な「繰下げみなし増額制度」とは 画像
税金

【2023年法改正】年金の特例的な「繰下げみなし増額制度」とは

75歳まで可能となった年金の繰り下げ請求について、2023年4月にある法改正を控えています。 繰り下げすることで1か月あたり0.7%の増額があり、銀行の利息と比較するとそのメリットの大きさは明らかです。 今回は2023年

+19
2023年度から「年金受給の繰下げ」を途中で止めても不利になりにくい 「特例的な繰下げみなし増額制度」について解説 画像
税金

2023年度から「年金受給の繰下げ」を途中で止めても不利になりにくい 「特例的な繰下げみなし増額制度」について解説

週刊誌などの報道によると、昨年の参議院選挙で初当選した芸能人の方が、約313万円もの国民年金の保険料を未納にしていたそうです。 国民年金に加入して保険料を納付するのは原則として、20歳から60歳までの40年間になります。

+58
国民年金の納付期間の5年延長による約100万円の負担増を回避する方法 画像
税金

国民年金の納付期間の5年延長による約100万円の負担増を回避する方法

日本国内に住む20歳以上60歳未満の方は、厚生年金保険の加入者などを除き、最大で40年(480月)に渡って国民年金に加入し、定額(2022年度額は月1万6,590円)の保険料を納付しなければなりません。 この40年の間に

+181
国民年金(老齢基礎年金)は〇年で元が取れる 手厚い保障内容も解説 画像
税金

国民年金(老齢基礎年金)は〇年で元が取れる 手厚い保障内容も解説

なにかと話題になる年金制度ですが、意外と内容が充実しています。 国民年金は約10年で元が取れることに加え、受け取る年齢を遅らせれば割り増しもあります。 普通の国民年金に200円追加して収める付加年金は、受取時に2年で元が

+10
国民年金がQRコード決済可能 au PAYは3月末まで最大1.5%還元 au PAY・PayPay・d払いの支払い方を画像付きで解説 画像
節約・ポイ活

国民年金がQRコード決済可能 au PAYは3月末まで最大1.5%還元 au PAY・PayPay・d払いの支払い方を画像付きで解説

2月20日より国民年金がPayPay・au PAY・d払い・PayBの4つのキャッシュレス決済に対応しました。 これにより、国民年金の納付書のバーコードを読み取るだけで、簡単に納付可能となります。 わざわざコンビニなどに

+24
年金手帳の廃止から1年、ねんきん定期便の開始から14年で見えた課題 画像
税金

年金手帳の廃止から1年、ねんきん定期便の開始から14年で見えた課題

政府は紙やプラスチックなどの健康保険証を、2024年秋頃を目途にして原則廃止し、マイナ保険証(健康保険証としての登録を済ませたマイナンバーカード)に一本化する方針です。 また一本化後にマイナ保険証を保有していない方には、

+19
産前産後の年金保険料免除について 画像
税金

産前産後の年金保険料免除について

産前産後の期間は、会社員の方であれば産前6週間(双子以上の場合は14週間)、産後8週間の産前産後休暇を取得できます。 自営業の方は、会社員と異なり産前産後休暇はありませんが、健康のことを考えれば産前産後の期間は休んだり、

+0
20歳前の国民年金未加入でも、障害基礎年金が受給できることがある 画像
税金

20歳前の国民年金未加入でも、障害基礎年金が受給できることがある

日本の公的年金のひとつとして、国民年金があります。 国民年金は、日本に居住している20歳以上60歳未満のすべての人が加入する必要がある年金制度です。 その国民年金には、障害状態になった方に対する給付として障害基礎年金があ

+0
国民年金前納でポイントざくざく「エポスゴールドカード」 ポイント3倍の攻略法と、年会費5000円を無駄にしない方法 画像
税金

国民年金前納でポイントざくざく「エポスゴールドカード」 ポイント3倍の攻略法と、年会費5000円を無駄にしない方法

自営業者等が支払う国民年金は、前納によって安くなります。 1年または2年の前納が申し込める期間は毎年「2月末」までです。この機会を逃さず、前納でお得を得ましょう。 さらに効果は割引だけではありません。最強の支払方法があり

+30
令和5年度の国民年金はクレカ前納 最大1万4830円+ポイント分がお得に!納付でポイントがつくクレカ3種も紹介 画像
節約・ポイ活

令和5年度の国民年金はクレカ前納 最大1万4830円+ポイント分がお得に!納付でポイントがつくクレカ3種も紹介

【この記事の最新更新日時 2023年2月9日】 国民年金は、最大2年まで前払いできることをご存じでしょうか。 前納すれば年金国民年金保険料が最大で約1か月分もお得になり、さらにクレカ払いにすればポイント還元も受けられます

+8
国民年金だけの加入の場合、年金はいくら受給できるか 画像
税金

国民年金だけの加入の場合、年金はいくら受給できるか

日本の公的年金制度には、国民年金と厚生年金保険の2種類があります。 その中で、国民年金は、日本に居住している20歳から60歳未満のすべての方が加入しなければならない年金制度です。 一方、厚生年金保険とは、一定の会社員や公

+20
65歳を過ぎてから、障害年金は受け取ることができるのか? 画像
税金

65歳を過ぎてから、障害年金は受け取ることができるのか?

心身に障害を背負った際に、年金制度では「障害年金」という形で年金を受け取れます。 ただし、80歳や90歳でも対象になってしまうとなれば、多くの方が該当する可能性があるため、65歳を起点に一定の制約が入ります。 そこで今回

+14
失業保険受給中に扶養に入れるのか? 要件、何が「収入」に含まれるのか、注意点を解説 画像
ライフ

失業保険受給中に扶養に入れるのか? 要件、何が「収入」に含まれるのか、注意点を解説

多くの場合、在職中よりも退職後に活用することとなる雇用保険制度ですが、その中でも退職後に失業保険(正しくは基本手当、以下、失業保険)をもらいながら扶養に入れるかという問題があります。 今回は失業保険受給と扶養の関係につい

+9
【国民年金保険料の納付】会社の退職日とすぐに再就職するかしないかによって変わります 画像
税金

【国民年金保険料の納付】会社の退職日とすぐに再就職するかしないかによって変わります

国民年金は、日本に居住している20歳以上60歳未満のすべての人が加入しなければなりません。 国民年金の被保険者は、以下3種類に分類されます。 ・ 自営業者、学生、無職などの「第1号被保険者」 ・ 会社員、公務員などの厚生

+10
老齢基礎年金の受給資格を満たせていない方や、満額受給できない方のための「国民年金の任意加入制度」について 画像
税金

老齢基礎年金の受給資格を満たせていない方や、満額受給できない方のための「国民年金の任意加入制度」について

日本の公的年金制度のひとつである国民年金は、日本に住んでいる20歳から60歳未満のすべての方が加入する必要があります。 また、20歳から60歳までの国民年金に加入している40年間は、国民年金保険料を支払わなければなりませ

+1
【年金】繰上げ受給・繰下げ受給の新制度は、2025年度から評価が高まる 画像
税金

【年金】繰上げ受給・繰下げ受給の新制度は、2025年度から評価が高まる

日本国内に住む20歳以上60歳未満の方は、職種を問わず加入する国民年金から、老齢基礎年金を受給するためには、次のような期間を合計したものが原則として10年以上必要になります。 国民年金の保険料を納付した期間 国民年金の保

+36
年金を受給している人、繰り下げ受給をしてまだ年金を受給していない方が亡くなってしまった場合、未支給の年金はどうなるか? 画像
税金

年金を受給している人、繰り下げ受給をしてまだ年金を受給していない方が亡くなってしまった場合、未支給の年金はどうなるか?

公的年金は、2月、4月、6月、8月、10月、12月の偶数月に年6回受給できます。 例えば、2月に振り込まれる年金は、12月と1月の分のその前月までの2か月分の年金を受給する形です。 今回は、年金を受給中の方が亡くなってし

+4
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
Page 1 of 4