【葬儀まとめ】墓じまい、納骨堂の選び方や費用について

この記事の最終更新日時:2019年7月3日

少子高齢化が進み「お墓」も引き継ぎにくい時代になりました。

お墓を守る人がいなくなったり、遠方にあって定期的に手入れができなくなったり、墓参りが途絶えてしまうことがでてきてしまいます。

墓じまいとは現在あるお墓を撤去して新しい場所に遺骨を移して改葬することをいいます。

遺骨は遺体の一部と考えられているため、簡単に個人が無届けで撤去ができません

しかるべき手続きをふんで改葬しなければならず、相応の費用がかかります。

こちらではあまり知られていなかった「墓じまい」や新しいお墓の形、それに伴う費用などを取り上げます

葬儀まとめ墓じまい・納骨堂

「合葬墓」は安価で人気 後悔のない供養のために注意点をしっかり確認。

「葬儀費用のセットプラン」だけでは葬儀はできない オプションだけど絶対に必要な費用

葬儀の場所に「公営斎場」がおすすめの理由5つとデメリット3つ

「実家の墓じまい 」手続きの手順は? 気になる費用も確認

墓じまいにかかる費用や内訳は? 【墓じまい体験談】

「お墓の値段」はこうして決まる 内訳と墓地・墓石選びのポイントを解説

【ゼロ葬】という衝撃 「葬儀」、「遺骨引き取り」、「お墓」…一切なしという選択

「墓じまい」するために必要なこと4つと「かかる費用」

少子高齢化や核家族化によって増える「墓じまい」 作法や費用について葬儀業界12年の私が答えます

「墓じまい」には、かなりのお金と労力が必要 「維持費がかさむから」で後悔も

新しいお墓の形も出てきています

少し前に話題になった樹木葬や散骨、宇宙葬、納骨堂にも新しい形が登場しています

各費用や利便性についても考えます。

お墓どうしますか? 様変わりする弔いの形 

多様化する新しいお墓 「樹木葬」や「納骨堂」の詳細や費用について解説します。

葬儀費用が予算オーバーになることも多い世の中 予算内訳もシンプルで戒名代もいらない「樹木葬」について

新しいお墓の形の「納骨堂」を紹介 仏壇型・ロッカー型・自動搬送型の費用と利便性について

お墓はいまや全館コンピューター制御の「マンション型」へ 最先端の納骨堂の仕組みと費用について

【宇宙葬】お墓より安い費用で「宇宙散骨」のプラン 日本人の死生観になじむかは課題

お墓をどうするか決めるときにも注意点があります

奥さまの意見も聞いて下さい

お墓をいざ買おうとなったら出てくる問題点もあります。

主人の方のお墓に一緒に入りたくない奥さまも増えてきているようです。

ネット時代の「お墓作り」 家づくりによく似ているその方法と、オンラインお墓参りについて。

3人に1人は「夫と一緒のお墓に入りたくない」事実 ではどのような方法がある?

相続・節税対策は親が元気なうちに話し合っておきたい

これが一番大切なことではないでしょうか。

自分たちが「こうすればいいかな」思っていることをご両親も同じように考えていることは決してないと思った方がいいでしょう。

そのためにも意思疎通をきちんととるべきです。

話し合って決めてから亡くなるまでに何年もあるとまた希望も変わってきていることもあるようです

節税対策をするなら「お墓」や「仏壇」は生前に買っておいたほうがいい理由

「お墓」は買ってからもお金がかかる 予算別「お墓購入方法」と買う前に知っておくべきこと

節約・貯金の基本「大きなものから」は相続や葬儀に関しても言える 節約の努力を水の泡にしないために

親が元気なうちに話し合っておきたい「介護」「相続」「葬儀」に関するお金の話

この記事を書いた人

編集部 編集部(へんしゅうぶ)»筆者の記事一覧 (410) http://manetatsu.com/contact/

読者の皆さまのマネースキルアップにつながる情報をお送りしていきます。「こんな内容の記事が読みたい」というリクエストがありましたら、上記URL(お問い合わせフォーム)からお送りください。

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう