こちらでは「セルフメディケーション税制とはなにか」から「医療費控除との比較」、「確定申告に関する注意点」、「節税効果のある方は」などいろいろな疑問点を解決できるようにまとめてみました。

薬剤師2人

まず、セルフメディケーション税制とは

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)は、健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人が、平成29年1月1日以降に、スイッチOTG医薬品(要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品)を購入した際に、その購入費用について所得控除を受けることができるものです。(厚生労働省

2017年から新制度として始まりましたが、2019年の現時点では新しい適用条件と手続き方法ができています。

10万円を超えなくても医療費控除で還付が受けれる場合などもあります。

2017年からの新制度「セルフメディケーション税制」 注意点は?

セルフメディケーション税制を簡単に教えて。

平成29年1月~「セルフメディケーション税制」導入 「医療費控除」は無理でもこれなら対象になるかも。

10万円超えなくても医療費控除で還付が受けれる 平成29年から新しく施行されるセルフメディケーション税制の適用条件と手続き

ドラッグストアや薬局で買った医薬品で税金が安くなる「セルフメディケーション税制」 適用要件や医療費控除との併用は?

薬局で購入できる医薬品も対象になる「スイッチOTC薬控除」をご存知ですか?

医療費控除とセルフメディケーション税制

どちらがお得か、どちらを選べばいいのかもよくわからない場合があります。

知っておくべきポイントや自分はどちらの方がお得なのか知りたい方はこちらを参照ください。

セルフメディケーション税制 vs 医療費控除 どちらがお得かシミュレーションしてみた

【セルフメディケーション税制】医療費控除の特例を使った賢い市販薬の買い方と注意点

「医療費控除(病院) vs セルフメディケーション税制(OTC医薬品)」どっちがお得? どっちを選べばいいの?

「YES」「NO」でわかる。セルフメディケーション税制が利用できる? 医療費控除とどちらがお得?

やらなきゃ損! 申請しないと貰えない「医療費控除」の知っておくべきポイントを解説

医療費10万円以上でなくても医療費控除を適用できる可能性があります

医療費控除の「新」明細様式 どのように記載するのか? 実際の新しい明細書で解説します

医療費控除の誤解ベスト7 全て勘違いしてませんか?

確定申告とセルフメディケーション

確定申告と セルフメディケーション

確定申告が自分には関係ないと思っていた方も必見です。

少し面倒な部分もありますが、金額の計算や申告に関する注意点がわかる記事をピックアップしました。

平成29年分確定申告の主な変更点6つ。セルフメディケーション税制はおススメです。

PCによるセルフメディケーション税制の確定申告に関する注意点

【確定申告】「医療費控除」と「セルフメディケーション税制」で節税効果を最大にする ポイントを4通りの申告で解説

【確定申告】会社員でも「還付金」がある可能性も! 「6つの項目」を再確認してみましょう。

【続・年金受給者の確定申告】65歳未満・以上の方の申告注意点、還付申告した方が得するケース

確定申告でよくあるご質問~医療費控除「内容・金額の計算」編

【年金受給者の確定申告】申告義務のある人、義務はないけど申告した方が得な人、注意点もあわせてご紹介

確定申告、自分には関係ない? 住民税の節減になる場合もある「所得税」を減らす3つの方法

税金の還付手続き…面倒で溜まってませんか? 手続きをすることで時給1万になるとしたら、どうですか? お盆の税務署は空いてます!

医療費・医療費控除

医療費控除の対象となる医療費の具体例や損をしない薬局の選び方、市販薬と病院どちらがお得かなど医療費の控除に関わる記事をまとめました。

【お薬手帳の活用法】副作用の予防、節約になり、災害時にも役立つ。損をしない薬局の選び方も解説します。

医療費を上手に節約する6つの方法 紹介状や時間外受診、はしご受診や各種制度など

「子育て終了のシングルマザー」は税金控除がなくなり、所得が減る可能性も! 筆者おすすめの節税対策はコレ

【花粉症】市販薬と病院にいくのとではどちらがお財布に優しい?

え? あの「医療費」も認められるの? 税務署に医療費控除が認められる意外なケース6つ

医療費控除の対象となる医療費の具体例

「所得税を節税すれば保育料は安くなる」とは限らない 注意すべき2つのこととは

自宅にいながら健康診断が出来る「スマホdeドック」 無料の自治体もあるので要チェック!

自分で自分自身の健康を管理する時代になってきています

医師に頼らず、すべて個人で管理できるものではないですが、ご自身の健康と向き合って自身の体調を「知っていく」ことが重要です。

風邪にかからないように生活習慣を見直したり、食生活を改善したり、範囲を広げて考えていきましょう。