先日、金融庁は「老後に2000万円必要」との試算を示しました。

【老後資金の記事まとめ】老後「2000万円」必要問題 年金のみでは足りない将来について考えます

自らの老後生活を豊かにするための準備をはじめていかなければなりません。

老後に備える自助努力の1つとして「つみたてNISA」や「iDeCo(イデコ)」などの運用が挙げられます。

今回は、そのうちの「iDeCo(イデコ)」についての記事をピックアップしてお届けいたします。

ideco イデコを学ぶ

1. iDeCo(イデコ)ってなに?

iDeCo(イデコ)= 個人型確定拠出年金」とは、確定拠出年金法に基づいて実施されている私的年金の制度です。

まずは、このiDeCo(イデコ)について、基本を学びましょう。

次の記事が参考になるかと思います。

【老後資金の積立】iDeCo(イデコ)の基本を知って「豊かな老後生活」の第1歩を踏み出す

iDeCo(イデコ)って何?…という人に、最低限知っておいて欲しいこと

老後資金を貯めるなら「iDeCo」が圧倒的におすすめ でも銀行は全然儲からないのでお勧めしません

個人型確定拠出年金(iDeCo)入門 「投資なんてわからないから無理だわ」と思ったら、まずはこの3ステップを試してください。

老後資金準備の為に「iDeCo」を活用しよう 始める意義の大切さをジョギングに例えてお話します

2. iDeCo(イデコ)のメリット・優遇措置

iDeCo(イデコ)のメリット・優遇措置

iDeCo(イデコ)には、「積立てる」「運用する」「受取る」の3つのステップで、税制上の優遇措置があります。

メリットをしっかり知っておきましょう。

<50歳代からの「iDeCo (個人型確定拠出年金)」 3つあるメリットの恩恵をしっかり受けるために考えること

老後資金を貯めるなら「iDeCo」が圧倒的におすすめ でも銀行は全然儲からないのでお勧めしません

「iDeCo」を活用すると、節税しながら老後資産が形成できる 3つのメリットと注意点

iDeCoは病気やケガ(保険)、相続、自己破産などの備えとして使える。優れた点を最大限に引き出す4つの活用術。

所得税・住民税などが節税できる「iDeCo」の仕組み 加入するメリット・デメリットを一から解説

老後のために今からできること「iDeCo」の特徴とメリットとは?

確定拠出年金(iDeCo)の全体像 調べてもわかりにくかった「メリット・デメリット」を解説

「iDeCo」加入のメリットが最も大きいのは「公務員」 専業主婦と自営業者は要注意

子育て世帯が「iDeCo」に加入することで所得控除できるメリット(児童手当の場合)

3. iDeCo(イデコ)のデメリット・問題点

iDeCo(イデコ)のデメリット・問題点

お得しかないようなiDeCo(イデコ)にも、デメリットや問題点があります。

加入を検討する前に、しっかり理解しておきましょう。

【iDeCo】4つのデメリットから考える、入らない方がいいのはこんな人。

【iDeCo(個人型確定拠出年金)】受取額や課税上の注意点は? 50代からの対策を解説します。

iDeCoや企業年金の一時金受け取りは「退職所得」扱いで税制優遇 税制改正で注意する点

iDeCoの積立投資が強制的に中断させられる3つのケース

【iDeCo】節税効果が高い制度で「そんなはずじゃなかった!」とならないための注意点3つ

「iDeCo」の加入対象になる人、ならない人 会社に「企業型確定拠出年金制度」がある場合は、注意が必要です

iDeCo最大の弱点である管理費用、税優遇効果との損益分岐点は?

4. iDeCo(イデコ)の選び方

最後に、iDeCo(イデコ)を始めるにはどうしたらよいのか。

おすすめ商品や金融機関の選び方など、参考にしてください。

【筆者の持論】イデコ(iDeCo)で選択すべきは「ハイリスク・ハイリターン」金融商品である理由

iDeCo(イデコ)でバランス型投資信託を選ぶときは「カレーの何辛」か想像する

iDeCo(イデコ)のおすすめ商品はどれ? もう迷わない「投資信託選び」たった2つのルール

【iDeCo】商品選びで迷ったら「あえて何も選ばない」いう方法がオススメ

iDeCoを始めるなら、楽天銀行と楽天証券をつなげる「マネーブリッジ」に登録 コレで普通貯金の金利も0.1%になりお得。

【確定拠出年金】自分で商品を選ぶのは難しい… iDeCoで失敗しない選び方4ステップ。

iDeCoをやるならマネックス証券 筆者の考えるポートフォリオもご紹介

iDeCoの運営管理機関を「管理手数料」だけで決めないで! 確認すべき4つのポイント

老後に備えて、資産形成の準備を始めるタイミングは今かもしれません。

iDeCo(イデコ)が気になったら、まずは資料請求してみるのもいいかと思います。