※本サイトは一部アフィリエイトプログラムを利用しています

注目記事

寡婦年金

自営業の方が亡くなった場合に、配偶者の方が遺族基礎年金を受給できる条件 画像
税金

自営業の方が亡くなった場合に、配偶者の方が遺族基礎年金を受給できる条件

日本の公的年金には、国民年金と厚生年金保険があります。 国民年金は、日本国内に住んでいる20歳以上60歳未満のすべての方が加入しなければいけない年金制度です。 一方、厚生年金保険は、厚生年金の適用事業所に勤務する会社員や

+10
【わかりやすく解説】遺族年金の仕組みを知って不安解消 種類・金額・支給条件・注意点 画像
税金

【わかりやすく解説】遺族年金の仕組みを知って不安解消 種類・金額・支給条件・注意点

配偶者や家族が亡くなった場合、今後の生活が不安になります。 遺族年金は、残された方の生活保障の目的で支給されるものです。 遺族年金について、心づもりがあると安心できるのではないでしょうか? そこで、遺族年金についてわかり

+14
【年金】繰下げ受給、繰上げ受給によるそれぞれのメリットデメリットを解説 画像
税金

【年金】繰下げ受給、繰上げ受給によるそれぞれのメリットデメリットを解説

老齢基礎年金や老齢厚生年金は、原則65歳から受給できる老齢のための公的年金です。 しかし、65歳になる前から老齢年金を受給したい方のために、年金額は65歳から受給するよりも減額にはなりますが、60歳から65歳までの間に老

+18
年金を受給する前に亡くなってしまった場合、遺族が受給できる年金について 画像
税金

年金を受給する前に亡くなってしまった場合、遺族が受給できる年金について

日本に居住している20歳以上60歳未満のすべての方は、国民年金に加入しなければなりません。 国民年金の被保険者の中で、自営業者、学生、無職の方などの「第1号被保険者」 は、自分で国民年金保険料を納付する必要があります。

+32
老齢年金を繰上げ受給する場合のメリット2つ、デメリット4つ 減額率の計算式も紹介 画像
税金

老齢年金を繰上げ受給する場合のメリット2つ、デメリット4つ 減額率の計算式も紹介

老齢基礎年金や老齢厚生年金は、基本的に65歳から受給できる老齢年金です。 しかし、65歳になる前に老齢年金を受給したい人のために、60歳から65歳になるまでの間に老齢基礎年金や老齢厚生年金を繰上げ受給することもできます。

+11
夫が亡くなった妻が受給できるかもしれない「寡婦年金、死亡一時金」について 画像
税金

夫が亡くなった妻が受給できるかもしれない「寡婦年金、死亡一時金」について

自営業などの国民年金の第1号被保険者の夫が亡くなってしまった場合、「遺族厚生年金」や「中高齢寡婦加算」などの遺族に対する厚生年金の給付を受給できない妻がほとんどです。 また、国民年金の給付には、「遺族基礎年金」があります

+20
年金の繰り上げ受給をした方がいい人、しない方がいい人 画像
税金

年金の繰り上げ受給をした方がいい人、しない方がいい人

国民年金の老齢給付である老齢基礎年金は、原則65歳から受給できますが、請求により60歳から65歳までの間に繰り上げて受給できます。 厚生年金の老齢給付である老齢厚生年金も、請求により60歳から65歳までの間に繰り上げて受

+120
【遺族年金】子供がいない夫婦が受給できないケース 条件と「他の給付」を解説 画像
税金

【遺族年金】子供がいない夫婦が受給できないケース 条件と「他の給付」を解説

家庭の大黒柱が亡くなってしまった場合、悲しみはもちろんですが、経済的にも大変になることもあるでしょう。 そのような時のための公的年金に、遺族基礎年金や遺族厚生年金があります。 しかし、遺族基礎年金や遺族厚生年金には、状況

+0
【相続対策】「iDeCo」と「国民年金」の死亡一時金 共通点、相違点、活用法 画像
税金

【相続対策】「iDeCo」と「国民年金」の死亡一時金 共通点、相違点、活用法

多くの税制優遇を受けながら、公的年金の上乗せを準備できる制度のひとつとして、iDeCo(個人型の確定拠出年金)があります。 iDeCoの年金資産(拠出した掛金とその運用益)は、60歳以降になると「老齢給付金」として受給で

+0
【年金法改正】すべての加入期間が短縮されたわけではない 10年加入で受給「できる年金」「できない年金」 画像
税金

【年金法改正】すべての加入期間が短縮されたわけではない 10年加入で受給「できる年金」「できない年金」

老後の重要な収入源である年金は25年以上保険料を納めていることが要件「でした」。 平成29年8月1日以降には、25年の部分が10年に短縮されています。 そこで今回は、10年で受給できる年金と25年納付するメリットにフォー

+0
年金の疑問をインターネットで解決すると、間違う場合がある3つの理由 画像
税金

年金の疑問をインターネットで解決すると、間違う場合がある3つの理由

年金に関する用語や手続きなどで疑問が生じた際は、まずは日本年金機構のウェブサイトを見た方が良いのです。 また国民年金に関する疑問については、住所地の市区町村のウェブサイトでも良いと思います。 これらの上乗せを支給するため

+0
年金受給者が亡くなった場合に「遺族が受け取れる年金」と請求手続き 画像
税金

年金受給者が亡くなった場合に「遺族が受け取れる年金」と請求手続き

公的年金を受給中の方が亡くなった場合には、年金を受給する権利は当然ですがなくなってしまいます。 しかし、まだ受け取っていない分の年金などは遺族の方が受けとることはできるのか、該当の遺族の方はどのような年金を受給することが

+1
遺された妻が受給できる「寡婦年金」 他の年金との併給・受給額・留意点を解説 画像
税金

遺された妻が受給できる「寡婦年金」 他の年金との併給・受給額・留意点を解説

あまり聞きなれませんが、国民年金から支給される年金に「寡婦年金」という年金があります。 年金制度の中で唯一「婚姻期間」が支給要件に含まれている珍しい年金です。 また、遺された妻が60歳から65歳に達するまでの間の「期間限

+0
遺族基礎年金を受け取れない方も受け取れる「寡婦年金」と「死亡一時金」の解説 画像
ライフ

遺族基礎年金を受け取れない方も受け取れる「寡婦年金」と「死亡一時金」の解説

一家の大黒柱が亡くなった場合、公的年金である遺族年金という制度があります。 遺族年金は、国民年金または厚生年金保険の被保険者または被保険者であった方が、亡くなったときに、その方によって生計を維持されていた遺族が受け取れる

+0
大黒柱が他界した際に受け取れる「遺族基礎年金」を「死亡一時金」と併せて解説 画像
税金

大黒柱が他界した際に受け取れる「遺族基礎年金」を「死亡一時金」と併せて解説

一家の大黒柱が亡くなった場合に、残された遺族は悲しみとともに生活困難になり得ます。 わが国には、そのような時に役立つ公的年金「遺族年金」があります。 遺族年金は、国民年金または厚生年金保険の被保険者または被保険者であった

+0
夫が他界した場合に、妻が受けられる「社会保障制度」を紹介 併給可否と、知らずに損した事例 画像
ライフ

夫が他界した場合に、妻が受けられる「社会保障制度」を紹介 併給可否と、知らずに損した事例

人生100年時代とは言うものの病や不慮の事故で夫が他界してしまった場合、精神的な面だけでなく、経済的な不安も避けて通れません。 また、このようなことは実際に起こってから考えたいという感覚にもなるでしょう。 しかし、実際に

+1
【老齢基礎年金】コロナ禍で「繰り上げ受給」する前に知る「減る金額」と「3つのリスク」 画像
税金

【老齢基礎年金】コロナ禍で「繰り上げ受給」する前に知る「減る金額」と「3つのリスク」

先日、知合いの社会保険労務士の方と話す機会がありました。 新型コロナウイルスについての話題に終始しましたが、彼曰く「収入が減ったシニア世代のかたが、年金の繰り上げの相談に来るのが目立ってきた」とのことでした。 背景にコロ

+0
「遺族年金」の要件・対象者・支給額 40代後半~64歳は「公的遺族保障の空白世代」 画像
税金

「遺族年金」の要件・対象者・支給額 40代後半~64歳は「公的遺族保障の空白世代」

「遺族年金」とは、日本年金機構が扱う公的年金で、 ・ 国民年金から支給される「遺族基礎年金」 ・ 厚生年金から支給される「遺族厚生年金」 の2種類があります。 どちらも「加入さえしておけば、万一の時に遺族に支給されるもの

+1
国民年金の被保険者の種別によって、受給できる遺族年金に違いがある 画像
税金

国民年金の被保険者の種別によって、受給できる遺族年金に違いがある

受給できる遺族年金 ねんきん定期便などに記載されているため、原則65歳になると ・ 国民年金から「老齢基礎年金」 ・ 厚生年金保険から「老齢厚生年金」 が支給されるのは、よく知られていると思います。 ただ公的年金から支給

+0
【年金繰り上げ、繰り下げ】損得分岐年齢を具体例で試算 「得」になる計算方法を教えます。 画像
その他

【年金繰り上げ、繰り下げ】損得分岐年齢を具体例で試算 「得」になる計算方法を教えます。

老後資金2,000万円問題、年金だけで暮らせるのか 「老後資金2,000万円必要」と金融庁が出した報告書を、麻生大臣が受け取らず、物議を醸した老後資金です。 年金だけで暮らせるか、やはり働くか個人差があるところです。 【

+2
【年金前倒しのメリット&デメリット】60歳から受給するために繰り上げたら、総受給額や他の年金にどのような影響があるのか? 画像
その他

【年金前倒しのメリット&デメリット】60歳から受給するために繰り上げたら、総受給額や他の年金にどのような影響があるのか?

還暦からの人生に不安 雑誌などで特集される「年金」。 「公的年金だけでは足りない。」 と老後に不安を感じる方も多いそうです。しかも毎年年金額は見直しされ、ますます減ってるように感じることでしょう。 年金が65歳支給(一定

+1
【徹底解説】遺族年金がいくら受け取れるか複雑でわからないあなたへ…立場別で条件など詳しく解説します。 画像
税金

【徹底解説】遺族年金がいくら受け取れるか複雑でわからないあなたへ…立場別で条件など詳しく解説します。

遺族年金について 厚生労働省や日本年金機構が公式ホームページで説明していますが、支給条件など複雑で理解しにくい部分があると思います。 夫に(自分に)もしもの事があった場合、どの程度の遺族年金が受け取れるのか知っておくとラ

+0
遺族年金の種類と支給時のポイント 画像
税金

遺族年金の種類と支給時のポイント

「遺族年金」はいろいろな種類のものがあり、いったい自分がどのもの該当しているのか判別しにくいかもしれません。 そして、「遺族年金」は、原則として亡くなった方の亡くなった時に掛けていた年金により変わりますので注意が必要です

+0
60歳から65歳になるまで「妻」に支給される「遺族年金」があります 画像
税金

60歳から65歳になるまで「妻」に支給される「遺族年金」があります

「寡婦年金」は、「遺族年金」の一種です。 「遺族基礎年金(※1)」は、「子」のいない「妻」は、「夫」が亡くなった場合は支給されません。 しかし、「夫」が国民年金の第1号被保険者(自営業をしている方など)だった場合、「寡婦

+0
年金を早く受給できる「繰上げ支給」のメリットとデメリット 画像
税金

年金を早く受給できる「繰上げ支給」のメリットとデメリット

国民年金の老齢基礎年金には、65歳前からの受給できる「繰上げ支給」の制度と、65歳より後ろ倒しして受給できる「繰下げ支給」の制度があります。それぞれのメリット、デメリットを理解しておかないと損をしてしまうことになります。

+0
ご家族が亡くなった時、すぐにとるべき社会保険の手続き 画像
税金

ご家族が亡くなった時、すぐにとるべき社会保険の手続き

例えば一家の大黒柱が亡くなった時、深い悲しみに襲われると同時に、生計を支えていた収入が無くなるのですから「さあ、これからどうやって生活をしていこう。」と頭を抱えてしまうこともあるかもしれません。 収入の多少は生活の安定に

+0
「年金繰り上げ」でどのくらい年金額が減るの? 注意点は何? 画像
コラム

「年金繰り上げ」でどのくらい年金額が減るの? 注意点は何?

年々、減っていっている年金額、「どうにかしてよ」と思っている人も少なくないでしょう。ただ、現在年金を受給している人は、まだ恵まれています。 現在は、年金65歳支給移行期間  年金が65歳支給になったことは、ずいぶん前から

+0
    Page 1 of 1