※本サイトは一部アフィリエイトプログラムを利用しています

注目記事

iDeCo(9ページ中4ページ目)

「社会保険に加入する義務が発生したら」取り組んだ方が良い3つのこと 画像
ライフ

「社会保険に加入する義務が発生したら」取り組んだ方が良い3つのこと

社会保険の適用範囲が拡大 社会保険(健康保険、厚生年金保険)の適用範囲が、2016年10月から拡大されました。 そのため次のような5つの要件をすべて満たすと、パートやアルバイトなどの短時間労働者であっても、社会保険に加入

+0
【資産運用入門】今がベストタイミング 簡単で効果の高い「長期運用」10年超の積立投資は「勝率9割」 画像
投資

【資産運用入門】今がベストタイミング 簡単で効果の高い「長期運用」10年超の積立投資は「勝率9割」

そろそろ夏のボーナスが出る頃です。 新社会人の方は初めてのボーナス、おめでとうございます。 今年はボーナス以外にも、定額給付金の入金があります。 筆者も振り込まれる日をワクワクして待っています。 一方で、コロナの影響によ

+0
20代で1000万円貯めた筆者おすすめ「ほったらかしでお金が貯まる」4つのマイルール 画像
ライフ

20代で1000万円貯めた筆者おすすめ「ほったらかしでお金が貯まる」4つのマイルール

貯金にはきちんとした管理が必要ですが、つらい思いをしながらだとどうしても長続きしません。 やりくりをいろいろと考えながら生活しているとそのうち面倒になってきてしまいます。 こまめに計算するよりも自動的に貯まっていく仕組み

+0
「住宅ローン控除」と「iDeCo」併用の節税効果を具体例で検証 最大限にするポイントも解説 画像
ローン

「住宅ローン控除」と「iDeCo」併用の節税効果を具体例で検証 最大限にするポイントも解説

住宅ローン控除は節税効果が大きいため、iDeCoを併用しても意味がないと思われている人もいます。 実際にどちらも節税効果が大きいがゆえに、場合によっては損をしてしまうこともあります。 しかし、これらの制度を併用しても節税

+3
フリーランスの老後資金 「退職金」「年金」を自分で準備する方法2選 画像
税金

フリーランスの老後資金 「退職金」「年金」を自分で準備する方法2選

働き方改革の広がりやクラウドソーシング利用者の増加もあって、フリーランスという働き方の認知度も高まってきました。 新型コロナウイルスの影響で解雇された人も大勢いると思いますが、これを機にフリーランスとして働くことを選ぶ人

+1
非課税制度(確定拠出年金、つみたてNISA)を利用した資産運用の出口戦略を考える 画像
投資

非課税制度(確定拠出年金、つみたてNISA)を利用した資産運用の出口戦略を考える

前回は資産運用の出口戦略について記載いたしました。 この点、特に今は確定拠出年金やつみたてNISAにて資産運用を行っている方も多いと思います。 そこで今回は、特にこれら非課税制度を利用した資産運用をしている場合に絞って、

+0
【読者の質問に回答】老後資金2000万円をNISAやiDeCoで増やせるのか、不安があります。 画像
投資

【読者の質問に回答】老後資金2000万円をNISAやiDeCoで増やせるのか、不安があります。

2019年、金融庁が公表した報告書に端を発する「老後資金2,000万円」は、後に報告書そのものが撤回されました。 しかし、老齢年金だけではリタイア後の生活が維持できないかもしれないという問題を認識させました。 老齢年金の

+0
【教育資金】加入しても増えない「学資保険」に代わる貯蓄法 画像
ライフ

【教育資金】加入しても増えない「学資保険」に代わる貯蓄法

「子供が生まれたから学資保険」 この風潮は、今でも根強く残っています。 でもちょっと待ってください。 今の時代の学資保険は、本当にお金が増えません。 最近は学資保険ではなく、別の商品で貯めていくのがトレンドです。 では、

+1
【初心者必見】「投資信託」のはじめ方、選び方「3つのステップ」と「3つのルール」 画像
投資

【初心者必見】「投資信託」のはじめ方、選び方「3つのステップ」と「3つのルール」

近年は、「NISA」制度や「iDeCo」の普及やコロナショックによる株価の下落を受けて、投資に興味を持つ人が急増しています。 家計簿アプリ「マネーフォワード」の調査では、国民1人あたり10万円が支給された「特別定額給付金

+0
個人事業主の公的年金の上乗せ制度「国民年金基金」 デメリットから活用法を考える 画像
税金

個人事業主の公的年金の上乗せ制度「国民年金基金」 デメリットから活用法を考える

「国民年金基金」という言葉から、セカンドライフに向けた制度であることはイメージできますが、具体的にはどのような制度か知らないことが多いです。 「個人事業主はこの国民年金基金に加入すべき?」という部分も含めて、どのような制

+0
コロナショックで年金が減る3つの「理由」と「対策」 積立金の運用損は影響しないけど… 画像
税金

コロナショックで年金が減る3つの「理由」と「対策」 積立金の運用損は影響しないけど…

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて2020年2月下旬頃から、主要国の株価指数が、急激に下落しました。 日本では「日経平均株価」や「TOPIX」などです。 こういった新型コロナウイルスによって生じた株価の急激な下落、失業

+0
60歳以降は「任意加入の壁」によって、iDeCoに加入できない場合がある 画像
税金

60歳以降は「任意加入の壁」によって、iDeCoに加入できない場合がある

iDeCo(個人型の確定拠出年金)の加入資格が、2017年1月から大幅に拡大されました。 これにより20歳以上60歳未満の、公的年金(国民年金、厚生年金保険)の加入者であれば、国民年金の保険料の納付を免除されている方など

+0
【初心者必見】投資に回せる金額別「おすすめ投資対象と制度」 毎月1000円・5000円・1万円 画像
投資

【初心者必見】投資に回せる金額別「おすすめ投資対象と制度」 毎月1000円・5000円・1万円

「投資は手元に大きな金額がないとできない」 そう思い込んでいる方は少なくないようです。 しかし、現在はさまざまな商品やサービス、節税になる制度などがあり、100円からでも投資を始められるのです。 そこで今回は、投資に回せ

+0
【投資初心者向け】「ETF」とは何か 「投資信託」との違い、メリット・デメリットを解説 画像
投資

【投資初心者向け】「ETF」とは何か 「投資信託」との違い、メリット・デメリットを解説

初めての資産運用は、比較的少額でできる「投資信託」から始めるという方が多いようです。 投資信託の中から商品を選ぶときに「ETF」という単語を見かけた方もいらっしゃるのではないでしょうか。 今回は、「ETF」と「投資信託」

+0
【長期投資】売却時に損をしないカギは事前の「運用資産の目的・金額の明確化」と「売り判断の基準設定」 画像
投資

【長期投資】売却時に損をしないカギは事前の「運用資産の目的・金額の明確化」と「売り判断の基準設定」

「つみたてNISA」や「iDeCo」などの制度の誕生をきっかけに、資産運用が多くの世代に広まってきています。 定年までに時間のある場合には「長期・積立・分散」が重要であるといわれますが、売り方についてはまだあまり話題にな

+0
【すまい給付金】「iDeCo」と「ふるさと納税」の活用で給付額アップ 仕組みを解説します 画像
ローン

【すまい給付金】「iDeCo」と「ふるさと納税」の活用で給付額アップ 仕組みを解説します

住宅取得者の負担を軽減することを目的に、平成26年に創設されたのが「すまい給付金」です。 無事に建物の引き渡しを受け、所定の手続きをすればもらえます。 新しい家に移り住むと、家具や家電の購入など、何かと出費がかさみます。

+0
国民年金の「免除」を選択する時の注意点と、免除を受けない方が良いケース 画像
税金

国民年金の「免除」を選択する時の注意点と、免除を受けない方が良いケース

厚生年金保険に加入する、20歳以上60歳未満の会社員の方が退職して、すぐに再就職しなかった場合、国民年金に加入する必要があります。 こういったケースでは原則的には、自分で保険料を納付する「第1号被保険者」になりますが、配

+2
コロナ禍で「国民年金保険料」納付免除の「対象者・期間・申請方法」と加入中の「iDeCo」の扱いを解説 画像
税金

コロナ禍で「国民年金保険料」納付免除の「対象者・期間・申請方法」と加入中の「iDeCo」の扱いを解説

国民年金の保険料を納めるのが難しい場合には免除を申請できますが、実際に申請を出す際にはいつの所得で判断されるのでしょうか。 今年は、新型コロナウイルスの影響を受けた方も特例申請できます。 免除申請の承認基準となる所得金額

+0
老後資金の不安解消に「定額年金(個人年金)」 公的年金プラスの定期収入は安心の素 画像
税金

老後資金の不安解消に「定額年金(個人年金)」 公的年金プラスの定期収入は安心の素

この時期に30万円ももらえるなんて本当に助かる 国からの1人10万円の特別定額給付金の話しではありません。 16年前に加入した「個人年金」が満期となり第1回目の年金が振り込まれました。 「16年なんてあっという間。まさか

+0
コロナショックの今こそ「確定拠出年金口座」の通帳を確認 ここをチェックせよ 画像
その他

コロナショックの今こそ「確定拠出年金口座」の通帳を確認 ここをチェックせよ

周知のとおり、新型コロナウィルス(COVID-19)感染拡大を受けて、世界的に株価が暴落しました。 アベノミクス以降、ある程度の乱高下はあったものの、比較的相場が順調に推移してきたこともあり、2019年末頃までは確定拠出

+0
「iDeCo」で元本保証の定期預金を選ぶのは、損か得か? 画像
税金

「iDeCo」で元本保証の定期預金を選ぶのは、損か得か?

現在、新型コロナウイルス感染症が世界中にまん延しており、金融相場は大暴落し現在も乱高下が世界的に続いている状況です。 今も感染の終息も見通せず、感染規模の拡大によってはさらなる下落も予想され、経済状況の回復時期については

+0
【初心者の投資信託】つみたてNISAの「対象商品リスト」とネット証券の「預かり残高上位20銘柄」から絞り込む 画像
投資

【初心者の投資信託】つみたてNISAの「対象商品リスト」とネット証券の「預かり残高上位20銘柄」から絞り込む

投資初心者の方の中には 「どんな金融商品で資産運用をしたらいいのか分からない」 とお考えの方も少なくないと思います。 著者自身は、投資初心者の方が資産づくりをする場合には投資信託で行うとよいと考えており、過去にも投資信託

+0
【老後資産】年収300万円、60代以上でも海外投資を始められる「つみたてNISA」 4つのおすすめ理由 画像
投資

【老後資産】年収300万円、60代以上でも海外投資を始められる「つみたてNISA」 4つのおすすめ理由

海外投資と聞くと富裕層や大金持ちを想像する人がいるかもしれません。 しかし、海外投資は一部の富裕層だけのものではなくなりました。 証券会社の企業努力によって低コストになり、今や海外投資は珍しいものではありません。 一方で

+0
【iDeCoの制度改正】選べる支払回数で最大1,155円/年の手数料節約も! メリット・デメリットを考慮した「お得な運用方法」 画像
投資

【iDeCoの制度改正】選べる支払回数で最大1,155円/年の手数料節約も! メリット・デメリットを考慮した「お得な運用方法」

2018年の制度改正により、iDeCoの支払いが柔軟になりました。 これまでは、毎月同じ金額の支払いしかできませんでしたが、新制度では毎月好きな金額を振り込めるようになりました。 支払いの自由度が上がったことはよいことだ

+0
個人年金保険は必要? 入る前に確認しておきたいメリット・デメリット 画像
保険

個人年金保険は必要? 入る前に確認しておきたいメリット・デメリット

「年金って入ってる?」 このように友人から聞かれたことはありませんか。 ここでいう年金とは、国の年金である厚生年金や国民年金ではなく、民間の保険会社などで販売している個人年金保険のことです。 個人年金保険とは 個人年金保

+0
「iDeCo、一般NISA、つみたてNISA」3つそれぞれ経験した筆者の感想とアドバイス それぞれの良い点、悪い点 画像
投資

「iDeCo、一般NISA、つみたてNISA」3つそれぞれ経験した筆者の感想とアドバイス それぞれの良い点、悪い点

経済発展や年金制度への不安が高まり、将来資金の準備として預金よりも運用へと関心が移ってきています。 iDeCoやNISAといった個人投資家のための税制優遇制度も広く知られるようになり、両制度の利用者数は年々増加傾向にあり

+0
老後資金の心配を減らす「NISA」と「iDeCo」 私の運用成績も公開 画像
投資

老後資金の心配を減らす「NISA」と「iDeCo」 私の運用成績も公開

CMや雑誌などで目にする機会も多いNISAやiDeCoという言葉ですが、ご存じですか。 「投資の話でしょ、余裕のない私には関係ないわ」 と思われている方が多いのではないでしょうか。 実際に私も当初そのように思っていました

+0
【老後資金】貯蓄を考える前に「年金受給額を増やす」基本の3つの方法 画像
税金

【老後資金】貯蓄を考える前に「年金受給額を増やす」基本の3つの方法

少子高齢化社会となった現代の日本では、多くの人が老後の暮らしに不安を感じています。 いざその時になってお金が足りなくなっても、雇用が不足していたり健康に問題があったりと、新たに収入を増やすことは難しくなってしまいます。

+0
「年利0.01%の預金」で今ある資産を倍にするは7200年 「年利3%投資信託」なら24年 「72の法則」で最適な金利・時間で増やす 画像
ライフ

「年利0.01%の預金」で今ある資産を倍にするは7200年 「年利3%投資信託」なら24年 「72の法則」で最適な金利・時間で増やす

低金利政策になって銀行の預金に付く利息が少なくなり、預けているだけではお金が増えない時代になっています。 このまま預金を続けた方がよいのか、何かしらの金融商品で運用をした方がよいのか迷っている人も多いかもしれません。 今

+0
【iDeCo掛け金】12月年払を選択した給与所得者が初めての「確定申告」 以降の「年末調整」の具体的な手順を画像つきで解説 画像
税金

【iDeCo掛け金】12月年払を選択した給与所得者が初めての「確定申告」 以降の「年末調整」の具体的な手順を画像つきで解説

iDeCoの掛金拠出は毎月払いに限らず、年1回や2回なども選べます。支払う回数を減らすと手数料を減らすことも可能です。 ただ年払いをしたために、加入時期によっては初年度に所得から差し引かれる額がわかりにくくなったり、書類

+3
【FP実録】iDeCo、積立NISAで私が商品を選んだポイントや損益経過、手数料の記録公開 画像
投資

【FP実録】iDeCo、積立NISAで私が商品を選んだポイントや損益経過、手数料の記録公開

老後資金増やしてみようかな 筆者はFPで、老後資金をiDeCo(個人型確定拠出年金)と積立NISAで作っています。 老後に2,000万円必要かどうかは、家計によって異なることですが、老後を安心して過ごすために筆者は投資を

+1
「今年こそは投資をスタートしたい」という方へ リスクを抑えた「長期分散投資」で1歩を踏み出そう 画像
投資

「今年こそは投資をスタートしたい」という方へ リスクを抑えた「長期分散投資」で1歩を踏み出そう

昨年の「老後資金2,000万円問題」で、老後のこと、資産形成のことを考えた人も多かったと思います。 投資を始めたいけれど、まだ一歩を踏み出せないという方にご参考になればと思い、 「運用は、長期で続けることが大切」 という

+0
【4月~「同一労働同一賃金」施行】「新規払いのボーナス」と「第2の退職金」で、老後資金を準備する方法 画像
シニア

【4月~「同一労働同一賃金」施行】「新規払いのボーナス」と「第2の退職金」で、老後資金を準備する方法

同一の仕事をしている方には、その雇用形態にかかわらず、同一水準の賃金を支払う「同一労働同一賃金」が、大企業では2020年4月から、中小企業では2021年4月から開始されます。 これにより契約社員、派遣社員、パートやアルバ

+0
「お金の不安の正体」を知って、不安をなくしていく「3つのステップ」 便利ツールも紹介します。 画像
ライフ

「お金の不安の正体」を知って、不安をなくしていく「3つのステップ」 便利ツールも紹介します。

年金、老後資金、教育資金、結婚資金…お金についての不安は尽きることがありません。 今すぐ全ての不安を解消するのは難しいとしても、少しでも不安を減らして晴れやかな気持ちで日々を送りたいです。 今回の記事では、お金の不安の正

+0
【2019年株式相場からの教訓】「総悲観」で幕開けするもリターン20%「バイ&ホールド」に徹した投資家が資産増 画像
投資

【2019年株式相場からの教訓】「総悲観」で幕開けするもリターン20%「バイ&ホールド」に徹した投資家が資産増

2019年も終わりに近づいてきました。 人の数だけストーリーがありますが、投資に関しては素晴らしい1年だったのではないでしょうか。 また未来は誰も分からないと実感した1年でもありました。 そういった意味では今後も続く長期

+0
【2024年開始「NISA」新制度】「つみたてNISA」期間延長、「現行NISA」2028年終了 2階建「新NISA」の選び方のポイント 画像
投資

【2024年開始「NISA」新制度】「つみたてNISA」期間延長、「現行NISA」2028年終了 2階建「新NISA」の選び方のポイント

個人の資産運用や社会保障、イノベーションへの投資等に関する諸制度の見直し・新設を盛り込んだ令和2(2020)年度税制改正大綱が決定しました。 中でも、特に個人の資産形成に関わる少額投資非課税制度「NISA」の制度改正が話

+1
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
Page 4 of 9